メインメニューを開く

ライアン・バベル

オランダのサッカー選手

ライアン・フーノ・バベル(Ryan Guno Babel, 1986年12月19日 - )は、オランダアムステルダム出身のサッカー選手。ポジションはフォワードミッドフィールダートルコ・スュペル・リグガラタサライ所属。

ライアン・バベル Football pictogram.svg
Ryan-babel-6.jpg
名前
本名 ライアン・フーノ・バベル
Ryan Guno Babel
ラテン文字 Ryan BABEL
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
スリナムの旗 スリナム
生年月日 (1986-12-19) 1986年12月19日(32歳)
出身地 アムステルダム
身長 185cm
体重 85kg
選手情報
在籍チーム トルコの旗 ガラタサライ
ポジション FW (CF, WG) / MF (SH)
背番号 11
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2007 オランダの旗 アヤックス 73 (14)
2007-2011 イングランドの旗 リヴァプールFC 91 (12)
2011-2012 ドイツの旗 ホッフェンハイム 46 (5)
2012-2013 オランダの旗 アヤックス 16 (4)
2013-2015 トルコの旗 カスムパシャSK 58 (14)
2015-2016 アラブ首長国連邦の旗 アル・アインFC 14 (1)
2016 スペインの旗 デポルティーボ・ラ・コルーニャ 11 (4)
2017-2019 トルコの旗 ベシクタシュJK 62 (22)
2019 イングランドの旗 フラムFC 16 (5)
2019- トルコの旗 ガラタサライ
代表歴2
2002-2003 オランダの旗 オランダ U-17 6 (3)
2003-2004 オランダの旗 オランダ U-19 6 (2)
2004-2005 オランダの旗 オランダ U-20 4 (2)
2005-2007 オランダの旗 オランダ U-21 5 (2)
2008 オランダの旗 オランダ U-23 5 (2)
2005-[1] オランダの旗 オランダ 48 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月30日現在。
2. 2018年3月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

 
アヤックス時代のバベル

1998年からアヤックスのユースチームに所属し、2004年2月1日ADOデン・ハーグ戦でトップチームデビューを果たした。2004年11月20日デ・フラーフスハップ戦でプロ初ゴールを記録した。

2007-2008シーズン夏季移籍期間に、1150万ポンド (約22億円) でリヴァプールFCへ移籍した[2]

2007-2008年シーズンには左サイドハーフとして出場機会を得ることができたが、2008-2009シーズン夏季移籍期間にRCDエスパニョールよりアルベルト・リエラが加入したことにより2008-2009シーズンは出場機会が限られた。2009-2010シーズンもリヴァプールFCでの出場機会が保障されないため、ワールドカップ出場のため冬の移籍市場での古巣アヤックスへのレンタル移籍を希望している。

2010-2011年シーズン、FAカップ3回戦・マンチェスター・ユナイテッド戦に敗北した後、主審のハワード・ウェブを指してTwitterに「彼が最高の審判の一人だって? 冗談だろう」と書き込み、ウェブにマンUのユニホームを着せたウェブの精巧な合成写真を掲載し侮辱した。この件を受けて、イングランドサッカー協会は1万ポンドの罰金処分を下した。[3]

2011年1月25日、ブンデスリーガTSG 1899ホッフェンハイムへ2年半契約で移籍した[4]。2012年8月、ホッフェンハイムとの契約を解消し、古巣のアヤックスに移籍。

2015年7月にUAEアル・アインFCに移籍したが、2016年9月に契約を解除した[5]

2016年9月14日、デポルティーボ・ラ・コルーニャに加入した[6]

2017年1月2日、ベシクタシュJKと2019年6月までの契約で加入した[7]

2019年1月15日、フラムFCに完全移籍[8]

2019年6月、わずか半年でトルコのガラタサライに復帰を果たした。[9]

代表歴編集

 
オランダ代表でのバベル

オランダ代表として2005 FIFAワールドユース選手権に出場し、4試合で2ゴールを挙げる活躍をした。チームは準々決勝で敗退した。

2005年3月26日2006年ドイツW杯欧州予選のルーマニア代表戦でデビューを果たし、代表初ゴールを記録した。このゴールはオランダ代表の最年少ゴール記録であり、従来の記録を4年更新したものであり68年ぶりに塗り替えた。

2006年にはマルコ・ファン・バステン監督から2006 FIFAワールドカップのメンバーに選出された。しかし膝を負傷していたため、アルゼンチン代表戦の出場のみにとどまった。ファン・バステンはバベルに対して、次のティエリ・アンリになれるポテンシャルがあると評価した。

2007年6月、U-21代表としてUEFA U-21欧州選手権2007に出場し、2ゴールを挙げチームの優勝に貢献した。決勝戦のセルビア代表戦ではマンオブザマッチに選ばれた。また翌年には北京オリンピックにも出場し、1ゴールを記録した。

2010年5月27日、ベルト・ファン・マルワイク監督から2010 FIFAワールドカップのメンバーに選出された。チームは決勝に進んだが、バベルに出場の機会は回ってこなかった。

2017年9月、FIFAワールドカップ予選でベラルーシ、ブルガリアと対戦するオランダ代表に6年ぶりに召集された[10]

タイトル編集

クラブ
アヤックス・アムステルダム
代表

脚注編集

出典編集

  1. ^ “Ryan Babel - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/babel-intl.html 
  2. ^ BBC Liverpool complete Babel transfer 2007年7月13日(2008年9月14日閲覧)
  3. ^ 時事通信 バベルに罰金=ツイッターで審判侮辱-イングランド・サッカー 2011年1月18日(2011年1月29日閲覧)
  4. ^ ロイター リバプールのバベル、独ホッフェンハイムへの移籍完了 2011年1月26日(2011年1月26日閲覧)
  5. ^ リバプールやアヤックスで活躍したFWバベルが元JリーガーのFWドウグラスやMFカイオが所属するアル・アインを退団”. 超ワールドサッカー (2016年9月10日). 2018年5月6日閲覧。
  6. ^ リバプールやアヤックスで活躍したFWバベルがデポルティボに加入”. 超ワールドサッカー (2016年9月15日). 2018年5月6日閲覧。
  7. ^ オランダ人FWバベルがベジクタシュと正式契約…トルコリーグ2度目の挑戦へ”. Goal.com (2017年1月3日). 2018年5月6日閲覧。
  8. ^ Babel Signs For Fulham”. www.fulhamfc.com (2019年1月15日). 2019年1月16日閲覧。
  9. ^ 復活のオランダ代表FW、ガラタサライに移籍 半年ぶりのトルコ帰還、長友と同僚にFOOTBALL ZONE(2019年6月29日)2019年10月11日閲覧。
  10. ^ “オランダ代表のユニークな取り組み…ゲームの能力値付きでメンバー発表”. サッカーキング. (2017年9月30日). https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20170930/649469.html 2018年5月6日閲覧。 

外部リンク編集