ライアン・ペリー

ライアン・キース・ペリーRyan Keith Perry, 1987年2月13日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ポモナ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は、フリーエージェント

ライアン・ペリー
Ryan Perry
Ryan Perry 2009.jpg
タイガース時代のペリー(2009年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ポモナ
生年月日 (1987-02-13) 1987年2月13日(33歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト1巡目(全体21位)でデトロイト・タイガースから指名
初出場 2009年4月8日 トロント・ブルージェイズ
年俸 $430,000(2011年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

アリゾナ大学ではクローザーを務め、後にタイガースでも同僚になるダニエル・シュレーレスとチームメイトだった。2008年MLBドラフト1巡目(全体21位)でデトロイト・タイガースから指名を受け、7月9日契約金148万ドルで入団に合意した[2]。この年はルーキー級ガルフ・コースト・タイガースで2試合、A+級レイクランド・フライングタイガースで12試合に登板した。

2009年は、それまでAA級以上での登板経験が無かったにも関わらず、開幕ロースター入りを果たした[3]4月8日トロント・ブルージェイズ戦でデビューし、1回を無失点に抑えた[4]6月21日ジェレミー・ボンダーマンDLから復帰すると、ペリーはAAA級トレド・マッドヘンズへ送られた。降格の直前は8イニングで8失点と、調子を落としていた[5]7月23日にメジャーへ復帰し、最終的に53試合に登板して防御率3.79という数字を残した。

2010年6月10日に右の上腕二頭筋を痛めてDL入りし、AAA級トレドでのリハビリを経て7月3日に復帰した[6]。この年は前年を上回る60試合に登板し、メジャー初勝利と初セーブをマークした。奪三振率は下がったが、課題だった与四球率は改善された。

2011年は3年目にして自己最悪のシーズンとなった。開幕早々に目の感染症でDL入りすると[7]、復帰後も調子が上がらず、序盤の13試合で防御率12.19と苦しみ、5月28日にオプションが行使されてAAA級トレドへ降格となった[8]。その後も制球が安定せず、メジャーとマイナーの往復を繰り返した。終わってみれば、自己最少の登板数、自己最悪の防御率となった。前年に改善された与四球率も以前の水準に戻り、奪三振率は更に低下した。シーズン終了後の12月9日コリン・バレスターとの交換でワシントン・ナショナルズに移籍した[9]

2012年は7試合の登板に留まった。

2014年7月21日にナショナルズを解雇された[10]

2015年2月27日にタイガースとマイナー契約を結ぶ。6月9日に解雇となる。

投球スタイル編集

主な球種は、平均95マイル (約152.9km/h) の速球とスライダーチェンジアップは全体の3%ほどしか投げない[11]

入団時から将来のクローザー候補として期待されてきたが、制球難が解消されず、伸び悩んでいる[12]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2009 DET 53 0 0 0 0 0 1 0 6 .000 273 61.2 56 7 38 5 1 60 6 1 30 26 3.79 1.52
2010 60 0 0 0 0 3 5 2 19 .375 261 62.2 55 6 23 1 5 45 3 0 26 25 3.59 1.25
2011 36 0 0 0 0 2 0 0 4 1.000 168 37.0 39 3 21 3 2 24 3 1 25 22 5.35 1.62
2012 WSH 7 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 35 8.0 12 2 2 0 0 3 0 0 9 9 10.13 1.75
通算:4年 156 0 0 0 0 6 6 2 29 .500 737 169.1 162 16 84 9 8 132 12 2 90 82 4.36 1.45
  • 2012年度シーズン終了時

背番号編集

  • 52 (2009年 - 2012年)

脚注編集

  1. ^ Ryan Perry Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2013年1月6日閲覧。
  2. ^ Another First Round Signing…Tigers Ink Ryan Perry. Baseball Daily Digest(英語). 2011年10月3日閲覧
  3. ^ Beck, Jason(2010-04-01). Porcello and Perry earn roster spots. tigers.com(英語). 2011年10月3日閲覧
  4. ^ Beck, Jason (2009年4月8日). “Miner, power performance net first win: Cabrera's two homers, Inge's long ball too much for Jays”. MLB.com. http://detroit.tigers.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20090408&content_id=4165556&vkey=recap&fext=.jsp&c_id=det 2009年5月29日閲覧。 
  5. ^ Iott, Chris(2009-06-21). Tigers send rookie reliever Ryan Perry to Toledo. MLive.com(英語). 2011年10月3日閲覧
  6. ^ Tigers activate setup man Perry from DL MLB.com July 3, 2010
  7. ^ Beck, Jason(2011-04-07). Eye infection forces Perry to disabled list. MLB.com(英語). 2011年10月3日閲覧
  8. ^ Parent, John (2011年5月28日). “Ryan Perry Optioned Out, Tigers Recall Andy Oliver”. Motor City Bengals. 2011年5月28日閲覧。
  9. ^ Kilgore, Adam(2011-12-09). Nationals trade Collin Balester to Tigers for Ryan Perry. The Washington Post(英語). 2012年1月21日閲覧
  10. ^ [1]. The Detroit Sports Site(英語). 2014年10月6日閲覧
  11. ^ Ryan Perry » Statistics » Pitching | FanGraphs Baseball
  12. ^ 谷口輝世子 「2011 MLB選手名鑑 デトロイト・タイガース」 『月刊スラッガー』2011年4月号、日本スポーツ企画出版社、2011年、雑誌15509-4、23頁。

外部リンク編集