メインメニューを開く

ライアン・マッゴーワン

オーストラリアのサッカー選手

ライアン・ジェームズ・マッゴーワン英語: Ryan James McGowan1989年8月15日 - )[1]は、オーストラリアサッカー選手AリーグシドニーFC所属。オーストラリア代表[2]。ポジションはDF

ライアン・マッゴーワン Football pictogram.svg
Ryan McGowan.jpg
2012年、U-23代表にて
名前
本名 ライアン・ジェームズ・マッゴーワン
Ryan James McGowan
ラテン文字 Ryan McGowan
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1989-08-15) 1989年8月15日(30歳)
出身地 アデレード
身長 191cm
選手情報
在籍チーム オーストラリアの旗 シドニーFC
ポジション DF/MF
背番号 6
ユース
2001-2004 オーストラリアの旗 パラ・ヒルズ・ナイツ
2004-2006 オーストラリアの旗 FFTA
2006-2008 スコットランドの旗 ハート・オブ・ミドロシアン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006 オーストラリアの旗 パラ・ヒルズ・ナイツ 10 (1)
2008-2013 スコットランドの旗 ハート・オブ・ミドロシアン 57 (2)
2009-2010 スコットランドの旗 エア・ユナイテッド(loan) 28 (1)
2011 スコットランドの旗 パーティック・シッスル(loan) 8 (0)
2013-2014 中華人民共和国の旗 山東魯能泰山 46 (2)
2015-2016 スコットランドの旗 ダンディー・ユナイテッド 34 (1)
2016 中華人民共和国の旗 河南建業 28 (2)
2017 中華人民共和国の旗 貴州智誠 12 (0)
2017-2018 アラブ首長国連邦の旗 シャールジャ 10 (0)
2018-2019 イングランドの旗 ブラッドフォード・シティ 26 (1)
2019 スコットランドの旗 ダンディー 15 (0)
2019- オーストラリアの旗 シドニーFC 1 (1)
代表歴2
2005-2006  オーストラリア U-17 3 (0)
2007-2009  オーストラリア U-20 21 (0)
2011-2012  オーストラリア U-23 3 (0)
2012-  オーストラリア 20 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年10月11日現在。
2. 2017年11月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラブ歴編集

ハート・オブ・ミドロシアン編集

パラ・ヒルズ・ナイツSCで選手となった[3]。その後、FFTA NTCに加入し[4]ハート・オブ・ミドロシアンFCに2006年に移籍、2008年にトップチーム昇格を果たした[3]。ハーツのU-19では主将を務めていた[3]。2008年5月13日にスコティッシュ・プレミアシップグレトナFC戦で途中出場し、トップチーム初出場となった[5]。この出場の少し前に彼はクラブと5年契約を締結していた[3]

しかしながらその1試合以降の出場はなく、2009年10月にエア・ユナイテッドFCへレンタル移籍となった[6]。10月14日のダンディーFC戦で初出場、この試合で初得点も決めると、ホームで2-2の引分に試合を持ち込んだ[7]。2010年1月にシーズン末までレンタルを延長[8]。合計で30試合に出場、1得点の結果を残した[9]

新たに監督に就任したジム・ジェフリーズは彼を2010年8月21日のハミルトン・アカデミカルFC戦で途中から起用[10]、その後9月に行われたセルティックFC戦でも起用した[11]。2011年2月15日に、3ヶ月の契約でパーティック・シッスルFCにレンタル移籍[12]、同日夜の試合で同クラブ初出場となった[13]。レンタル移籍中に8試合に出場、4月にハーツに復帰した[14]。復帰後は残りのシーズンで6試合に出場し[15]、5月7日のレンジャーズFC戦ではスターティングメンバーに名を連ねた[16]

2011年7月23日のレンジャーズFC戦ではスカイ・スポーツのマン・オブ・ザ・マッチに輝いた[17]。その後トップチームでの地位を次第に確立し、UEFAヨーロッパリーグの予選ではパクシュSEと対戦した[18][19]。その後のトッテナム・ホットスパーFC戦にも出場し、0-0の引分に持ち込んだものの、2戦合計で5-0とされ敗北した[20]。翌年1月2日のハイバーニアンFCとのエディンバラ・ダービーではハーツでの初得点を記録した[21]。後にこの試合で彼はイヴァン・スプルールの胃に対して頭突きをしていた事が判明、しかしそれを見ていた審判は何の反応も示さなかったため、スコットランドサッカー協会の法令遵守責任者はこれを公開捜査にかけた[22]。そして法令遵守責任者は彼を2試合の出場停止処分にするよう要請[23]、これに対してハーツは危険行為ではないと主張したものの、この処分については受け入れた[24]。2011-12シーズンはこのような事があった他方で、彼は3得点を挙げる良いシーズンであった。そのうちの1得点はスコティッシュカップの決勝戦、ハイバーニアンFC戦での得点で、勝利に貢献した1点であった。そして彼は同クラブの最優秀若手選手賞を受賞した[25]

夏の移籍市場の最終日に及んでレンジャーズFCが彼とデイヴィッド・テンプルトンを130万ユーロという巨額での獲得を試みたものの、これは失敗した[26]。テンプルトンはレンジャーズFCに移籍したが、彼はハーツに止まったのである。この理由として彼は代表での出場機会を保ちたいと述べた[27]。2013年1月2日にハーツは40万ユーロで中国の山東魯能泰山足球倶楽部に彼を移籍させることに合意した[28]。ハーツでは合計73試合に出場した[29]

山東魯能泰山編集

2013年1月7日に中国サッカー・スーパーリーグの山東魯能泰山と2年契約を締結[30]。3月9日の大連阿爾濱戦で初出場[31]。山東魯能泰山での最後の試合となったのは、中国FAカップ2014の決勝戦第2試合の江蘇蘇寧戦で、怪我をしながらであったものの決勝点を決めた[32]。2014シーズン末で山東魯能泰山側が契約を延長せず、退団となった。

ダンディー・ユナイテッド編集

2015年1月23日、ダンディー・ユナイテッドFCと18ヶ月の契約で合意し、スコットランドに復帰した[33]。1月31日のスコティッシュ・リーグカップの準決勝、アバディーンFC戦で初出場となった[34]

河南建業編集

2016年1月21日に河南建業に移籍、中国超級に復帰した。報じられる所によると移籍金は約35万ユーロであるという[35]

貴州智誠編集

2017年貴州智誠に移籍した。

シドニーFC編集

2019年7月、シドニーFCへ移籍[36]

代表歴編集

オーストラリアU-19代表としてAFC U-19選手権2008の予選に2007年11月に出場した[37]。その後、2009 FIFA U-20ワールドカップに出場した[38]。第1試合のスターティングイレブンにもなった彼であるが、このチェコU-20代表戦でイエローカード、その後レッドカードも貰い、退場処分となった[39]

2012年8月にスコットランド代表との親善試合に臨むA代表から初招集を受けた[40]サーシャ・オグネノヴスキとの交代で代表初出場となった[41]イースター・ロードで行われた彼の代表初出場戦は、彼がハート・オブ・ミドロシアンに所属している事から、ホームであるスコットランドのサポーターからブーイングを浴びた[42][43]

その後、2014 FIFAワールドカップに出場、ティム・ケーヒルの得点をアシストしたものの、オランダ代表には一歩及ばずこの試合は3-2の敗北に終わった。

個人編集

アデレードで生まれた彼であるが、その出自はスコットランドのグラスゴーにある[44][3]。弟のディラン・マッゴーワンもサッカー選手で[45]、U世代のオーストラリア代表であった[46]

個人成績編集

2016年10月30日現在[47]
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
スコットランド リーグ戦 S・リーグ杯スコティッシュ杯 期間通算
2007-08 ハート・オブ・ミドロシアン プレミア 1 0 0 0 0 0 1 0
2008-09 0 0 0 0 0 0 0 0
2009-10 0 0 0 0 0 0 0 0
エア・ユナイテッド SFL1 28 1 0 0 2 0 30 1
2010-11 パーティック・シッスル 8 0 0 0 0 0 8 0
ハート・オブ・ミドロシアン 12 プレミア 8 0 0 0 0 0 8 0
2011-12 28 2 1 0 6 1 35 3
2012-13 4 20 0 2 0 1 0 23 0
中国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2013 山東魯能泰山 4 超級 29 1 0 0 1 0 30 1
2014 17 1 0 0 5 1 22 2
スコットランド リーグ戦 S・リーグ杯スコティッシュ杯 期間通算
2014-15 ダンディー・ユナイテッド 16 プレミア 12 1 2 0 3 0 17 1
2015-16 12 22 0 2 0 - 24 0
中国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2016 河南建業 15 超級 28 2 0 0 2 0 30 2
2017 貴州智誠 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 スコットランド プレミア 57 2 3 0 7 1 67 3
スコットランド SFL1 36 1 0 0 2 0 38 1
中国 超級 74 4 0 0 8 1 82 5
総通算 201 8

タイトル編集

クラブ編集

ハート・オブ・ミドロシアンFC
山東魯能泰山

代表編集

オーストラリア

個人編集

  • 中国FAカップMVP: 2014

参考文献編集

  1. ^ Ryan McGowan Profile”. BBC Sport. BBC. 2013年1月2日閲覧。
  2. ^ Australia – Ryan McGowan”. Soccerway. Perform Group. 2016年4月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e Hearts Profile”. Heart of Midlothian F.C.. 2011年9月3日閲覧。
  4. ^ McGowan makes debut as Hearts romp to victory”. tribalfootball.com. Tribal Football (2010年8月22日). 2012年8月20日閲覧。
  5. ^ Gretna vs Hearts”. Heart of Midlothian F.C. (2008年5月13日). 2011年9月3日閲覧。
  6. ^ Hearts youngster McGowan joins Ayr United on loan”. tribalfootball.com. 2009年11月14日閲覧。
  7. ^ Ayr recovered from two goals down to snatch a point against title favourites Dundee”. bbc.co.uk/sport. BBC Sport (2009年10月14日). 2014年2月2日閲覧。
  8. ^ Loan deals extended”. ハート・オブ・ミドロシアンFC (2011年1月1日). 2011年9月3日閲覧。
  9. ^ Ayr United Profile”. Ayr United F.C.. 2011年9月3日閲覧。
  10. ^ Hamilton 0 – 4 Hearts”. BBC Sport. BBC (2010年8月21日). 2012年1月5日閲覧。
  11. ^ Celtic 3 – 0 Hearts”. BBC Sport. BBC (2010年9月11日). 2012年1月5日閲覧。
  12. ^ Hearts youngster Ryan moves to Firhill”. Scottish television (2011年2月15日). 2011年9月3日閲覧。
  13. ^ Cowdenbeath 1–1 Partick Thistle”. BBC Sport. British Broadcasting Corporation (2011年2月15日). 2011年9月3日閲覧。
  14. ^ Ryan McGowan returns to Hearts from Partick”. Scotsman.com. Scotsman Publication (2011年4月1日). 2011年9月3日閲覧。
  15. ^ 2010–11 Stats”. Soccerbase. 2012年1月5日閲覧。
  16. ^ Rangers 4 – 0 Hearts”. BBC Sport. BBC (2011年5月7日). 2012年1月5日閲覧。
  17. ^ Rangers 1 – 1 Hearts”. BSkyB (2011年7月23日). 2011年9月3日閲覧。
  18. ^ Paksi 1–1 Hearts”. BBC Sport. British Broadcasting Corporation (2011年7月28日). 2011年9月3日閲覧。
  19. ^ Hearts 4 – 1 Paks (agg 5 – 2)”. BBC Sport. British Broadcasting Corporation (2011年8月3日). 2011年9月3日閲覧。
  20. ^ Tottenham 0 – 0 Hearts (agg 5 – 0)”. BBC Sport. British Broadcasting Corporation (2011年8月25日). 2011年9月3日閲覧。
  21. ^ Hibernian 1 – 3 Hearts”. BBC Sport. BBC (2012年1月2日). 2012年1月3日閲覧。
  22. ^ “Scottish FA to look at incident involving Ryan McGowan of Hearts”. BBC Sport (BBC). (2012年1月3日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/16402030.stm 2012年1月3日閲覧。 
  23. ^ Ryan McGowan faces two-match suspension”. BBC Sport. BBC (2012年1月5日). 2012年1月5日閲覧。
  24. ^ Ryan receives two match ban”. ハート・オブ・ミドロシアンFC (2012年1月6日). 2012年1月6日閲覧。
  25. ^ “Young Player of the Year votes are in”. Hearts FC (Hearts FC). (2012年4月7日). http://www.heartsfc.co.uk/articles/20120407/young-player-of-the-year-votes-are-in_2241384_2727151 2012年4月7日閲覧。 
  26. ^ “Rangers fail in bid for Hearts pair Ryan McGowan and David Templeton”. Sports STV. (2012年8月30日). http://sport.stv.tv/football/clubs/rangers/188003-rangers-fail-in-bid-for-hearts-pair-ryan-mcgowan-and-david-templeton/ 2012年9月11日閲覧。 
  27. ^ “Hearts star Ryan McGowan reveals why he snubbed move to Rangers”. Daily Record. http://www.dailyrecord.co.uk/sport/football/football-news/hearts-star-snubbed-rangers-1318475 2012年9月11日閲覧。 
  28. ^ Hearts' Ryan McGowan to discuss Shandong Luneng Taisha move”. BBC Sport. BBC (2013年1月2日). 2013年1月2日閲覧。
  29. ^ Soccerway Stats”. Soccerway. 2011年9月3日閲覧。
  30. ^ Two-year Chinese contract for Hearts hero Ryan McGowan”. scotsman.com. Edinburgh Evening News (2013年1月7日). 2013年1月7日閲覧。
  31. ^ Shandong Luneng Vs. Dalian Aerbin 1 – 0”. Soccerway. Perform Group. 2016年4月8日閲覧。
  32. ^ Ryan McGowan scores 95th minute goal to win the Chinese FA Cup for Shandong Luneng”. Fox Sports (2014年11月23日). 2015年1月30日閲覧。
  33. ^ AUSTRALIAN INTERNATIONALIST SIGNS ON”. http://dufc.co/. Dundee United F.C. (2015年1月23日). 2015年1月23日閲覧。
  34. ^ Wilson, Richard (2015年1月31日). “Dundee United 2-1 Aberdeen”. BBC Sport. 2015年2月1日閲覧。
  35. ^ Fowler, Craig (2016年1月21日). “Ryan McGowan leaves Dundee United for China return”. Edinburgh Evening News. http://www.edinburghnews.scotsman.com/sport/football/latest/ryan-mcgowan-leaves-dundee-united-for-china-return-1-4007366 2016年1月21日閲覧。 
  36. ^ “Ryan McGowan joins Sydney, will face brother and fellow ex-Hearts player Dylan McGowan in city derby”. Edinburgh Evening News. (2019年7月3日). https://www.edinburghnews.scotsman.com/sport/football/hearts/latest-hearts-news/ryan-mcgowan-joins-sydney-will-face-brother-and-fellow-ex-hearts-player-dylan-mcgowan-in-city-derby-1-4958352 2019年9月1日閲覧。 
  37. ^ Qantas Young Socceroos downed by Korea Republic”. Footballaustralia.com.au (2007年11月15日). 2009年11月14日閲覧。
  38. ^ Young Socceroos U20 World Cup Squad Revealed”. Au.fourfourtwo.com (2009年9月8日). 2009年11月14日閲覧。
  39. ^ CZECH REPUBLIC U20 VS. AUSTRALIA U20 2 – 1”. Soccerway (2009年9月27日). 2011年9月3日閲覧。
  40. ^ Socceroos call-up Jambos ace McGowan for Scotland clash”. dailyrecord.co.uk. Daily Record (2012年8月8日). 2012年8月20日閲覧。
  41. ^ Scotland 3–1”. BBC Sport. BBC (2012年8月15日). 2012年8月20日閲覧。
  42. ^ McGowan and Black refuse to let boo boys spoil debuts”. scotsman.com. The Scotsman (2012年8月16日). 2012年8月20日閲覧。
  43. ^ McGowan inches closer to Socceroo debut”. news.smh.com.au. The Sydney Morning Herald (2012年8月14日). 2012年8月20日閲覧。
  44. ^ OzFootball profile”. Australian Player Database. 2012年1月5日閲覧。
  45. ^ Ryan and Dylan McGowan on their heartfelt brotherly love”. scotsman.com. The Scotsman (2012年12月16日). 2013年1月7日閲覧。
  46. ^ Hearts kid Dylan McGowan makes winning East Fife debut”. Tribal Football (2011年1月21日). 2011年9月3日閲覧。
  47. ^ Ryan McGowan - Soccerbase

関連項目編集

外部リンク編集