ライアン・ロシター

ライアン・ロシターRyan Rossiter1989年9月14日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州スタテンアイランド出身のバスケットボール選手である。Bリーグ宇都宮ブレックスに所属している。ポジションはパワーフォワード。身長206cm、体重116kg。

ライアン・ロシター
Ryan Rossiter
Ryan Rossiter.jpg
宇都宮ブレックス  No.22
ポジション PF
背番号 22
身長 206cm (6 ft 9 in)
体重 116kg (256 lb)
基本情報
本名 Ryan Rossiter
ラテン文字 Ryan Rossiter
誕生日 (1989-09-14) 1989年9月14日(30歳)
日本の旗 日本
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州スタテンアイランド
ドラフト  
選手経歴
2007-2011
2011-2012
2012-2013
2013-
シエナ大学(NCAA)
Denain ASC Voltaire(フランス)
カントン・チャージ(NBADL)
リンク栃木ブレックス

来歴編集

シエナ大学に入学。3年次に平均13.8得点、11.1リバウンドをあげて、メトロ・アトランティック・アスレチック・カンファレンスファーストチームに選ばれた。4年次には、モアヘッド州立大学ケネス・フェリードに次ぐ全米2位の平均13.2リバウンドをあげて、カンファレンスの最優秀選手に選ばれた。大学4年間で歴代1位の1151リバウンド、歴代3位の167ブロックショットをあげた。

2011年のNBAドラフトでは指名されず、フランス2部リーグのDenain ASC Voltaireでプレーした[1]。2012年、Dリーグカントン・チャージに加入した[2]

2013年8月にリンク栃木ブレックスに入団[3]、12月には平均24.1得点、13.1リバウンドをあげて月間最優秀選手に選ばれた。栃木との契約は、2014-15シーズンも延長された。2015年3月28日の和歌山トライアンズとのプレーオフでは、トリプルダブルをマークした[4]。このシーズンNBL2位の平均13.3リバウンド、同4位の平均19.9得点をあげてリーグのベスト5に選ばれた[5]

2015-16シーズンは1試合平均23.7得点(NBL3位)、12.5リバウンド(NBL2位)、1.9スティール(NBL3位)の成績でNBLレギュラーシーズンMVP、ベスト5を受賞。第91回天皇杯で準優勝してベスト5を受賞。

2018-19シーズン、背番号を32から22に変更した。2018年12月8日の琉球ゴールデンキングス戦でBリーグ史上最多となる1試合52得点を記録した(従来の記録はダバンテ・ガードナーの47得点)[6]千葉ジェッツとのプレーオフ準決勝第1戦の試合途中に負傷退場した[7]。その後右腓骨骨挫傷により第2戦を欠場、チームは連敗し準決勝で敗退した[8]

2019年12月に日本国籍を取得した[9]

個人成績編集

レギュラーシーズン編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
NBL 2013-14 栃木 54 54 32.9 .580 .306 .737 11.8 1.8 0.9 1.1 2.0 21.3
NBL 2014-15 栃木 53 52 33.5 .538 .500 .645 13.3 3.1 1.1 1.1 1.9 19.9
NBL 2015-16 栃木 47 47 35.7 .552 .231 .527 12.6 3.1 1.9 0.9 2.2 23.7
B1 2016-17 栃木 59 59 30.7 .507 .284 .445 13.3 3.2 1.5 0.8 1.9 17.3

プレーオフ編集

表彰・記録編集

プレースタイル編集

ステップワークを活かした多彩なシュートが持ち味。ポストからのフェイダウェイ、ドライブからのレイアップが得点源である。レイアップ時にはユーロステップも使用し、フローターシュートも頻度が多い。また時折みせる3ポイントシュートも高確率で決めてくる。走力もあるためファストブレイクでの得点も得意。またリバウンドにも強く、ポジションニングを身長を活かして空中戦を制す。そのため得点、リバウンドで毎試合ダブルダブルを期待できる選手である。しかしフリースローは苦手。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Siena's Rossiter signs with French pro team”. タイムズ・ユニオン (2011年8月10日). 2015年6月28日閲覧。
  2. ^ NBA D-League 2012 Opening Night Rosters”. Dリーグ (2012年11月21日). 2015年6月28日閲覧。
  3. ^ Ryan Rossiter Headed To Japan”. シエナ・セインツ (2013年8月20日). 2015年6月28日閲覧。
  4. ^ ブレックス、100点ゲームで圧勝 ライアンがトリプルダブルの活躍”. 下野新聞 (2015年3月29日). 2015年6月28日閲覧。
  5. ^ 田臥、ロシターがベスト5 NBL 複数選出ブレックスのみ” (2015年5月8日). 2015年6月28日閲覧。
  6. ^ a b Bリーグ 栃木・ロシターがB1史上最多の52得点”. スポーティングニュース (2018年12月8日). 2020年1月26日閲覧。
  7. ^ ブレックス 主力欠き後半失速 千葉に67-75 CS準決勝第1戦”. 下野新聞 (2019年5月5日). 2019年5月6日閲覧。
  8. ^ ロシター不在の穴 最後まで響く ブレックスCS準決勝第2戦、千葉に83-88”. 下野新聞 (2019年5月6日). 2019年5月6日閲覧。
  9. ^ ブレックス・ロシター選手、日本国籍取得 五輪出場に期待も”. 下野新聞SOON (2019年12月7日). 2019年12月8日閲覧。

関連項目編集