ライオネル・トリリング

ライオネル・トリリング(Lionel Trilling、1905年7月4日 - 1975年11月5日[1])は、アメリカ合衆国の批評家。

人物・来歴編集

ニューヨーク出身。コロンビア大学で学び、同大学で英文学を講じながら「ケニヨン・レビュー」、「パーティザン・レビュー」誌で批評活動を行う。フロイトの心理学を文学研究の基調として自我と文化環境の緊張関係を考察する。『誠実とほんもの』は、ルソーによって「仮面をつけた真実」がなくなったとする文化史批評である。ほかの著書は「マシュー・アーノルド論」(1939年)など[2]

妻のダイアナ・トリリング英語版も作家・批評家。門下にノーマン・ポドレツがいる。

著作編集

フィクション

  • The Middle of the Journey. New York: Viking Press. (1947). LCCN 47-31472 
  • Of This Time, of That Place and Other Stories. New York: Harcourt Brace Jovanovich. (1979). ISBN 015168054X. https://archive.org/details/ofthistimeofthat00tril  (Selected by Diana Trilling and published posthumously.)
  • Geraldine Murphy, ed (2008). The Journey Abandoned: The Unfinished Novel. New York: Columbia University Press. ISBN 9780231144506  (Published posthumously)

ノンフィクション・論文

序文・解説・コメンタリー

脚注編集

  1. ^ 英語版による
  2. ^ 20世紀西洋人名事典