メインメニューを開く

ライオンのグータッチ』は、フジテレビ系列2016年4月2日から毎週土曜日 9:55 - 10:25(JST)に放送されているドキュメントバラエティ番組である。ライオン単独スポンサー番組。通称『グータッチ』。

ライオンのグータッチ
ジャンル ドキュメントバラエティ番組
企画 長嶋大介
演出 瀧澤卓、澤田親宏
出演者 佐藤隆太
博多大吉博多華丸・大吉
西野七瀬
ほか
ナレーター 皆口裕子
エンディング 家入レオ「あおぞら」
プロデューサー 神保健一、河本誠司
望月靖子
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2016年4月2日 - 現在
放送時間 土曜日 9:55 - 10:25
放送分 30分
ライオンのグータッチ

特記事項:
ライオン単独スポンサー番組

目次

概要編集

夢を追いかける子供たちのため、スポーツ選手や著名人たちが訪れ「サポート」し、成長していく姿を見届ける「夢を追いかける全ての子供たちの成長を見守る応援ドキュメントバラエティ」である[1]

MCは、佐藤隆太博多華丸・大吉博多大吉西野七瀬(2018年12月までは乃木坂46のメンバー)の3人が務める。なお、西野は単独では自身初のバラエティ番組のMCとなる番組である[2]

1964年に『ライオン奥様劇場』から始まり、『ライオンのいただきます』→『ライオンのごきげんよう』へと51年6か月続いた、平日お昼のライオン一社提供枠が2016年春改編で廃止され、ライオン一社提供枠は当番組へ移行された[3]

番組タイトルロゴや提供クレジットには、『いただきます』『ごきげんよう』に出演していたライオンの企業マスコットキャラクター「ライオンちゃん」が用いられており、当番組にも「ライオンちゃん」が出演する[4]。なお、『ごきげんよう』の終了に伴い拡大された『バイキング』においても13時またぎのコーナーをライオン提供枠で継続しており、ここでも「ライオンちゃん」が出演している[5]

2016年9月10日放送分から解説放送を実施。

2016年8月13日・20日の特別企画『グータッチ動画大賞2016夏』が行われた。番組初のスタジオゲストとして乃木坂46の生駒里奈高山一実が出演した[6]

2016年12月31日には、9:55 - 10:55に『ライオンのグータッチ大感謝祭2016』と題して、番組初の1時間の拡大版が放送された。グータッチサポーターがスタジオに出演した[7]

2017年4月8日・15日の特別企画『グータッチ動画大賞2017春』が行われた。スタジオゲストとして乃木坂46の高山一実とカンニング竹山が出演した[8]

2017年10月7日・14日には特別企画『グータッチ動画大賞2017秋』が行われた。スタジオゲストとして乃木坂46の秋元真夏とカンニング竹山が出演。

2017年12月29日(金曜日)13:45 - 14:50に『ライオンのグータッチSP〜シンクロ姉弟涙の感動60日間!完全密着SP〜』と題して、2回目となる1時間の拡大版が放送された[9]

2018年3月3日放送分で放送100回を迎えた。

2018年4月7日・14日に特別企画『グータッチ動画大賞2018春』が行われた。スタジオゲストとして乃木坂46の秋元真夏とカンニング竹山が出演[10]

2018年10月6日・13日に特別企画『グータッチ動画大賞2018秋』が行われた。スタジオゲストとして飯豊まりえとカンニング竹山が出演。

2018年12月29日 9:55 - 10:55に『ライオンのグータッチ グータッチ動画大賞2018年末SP』と題して、3回目となる1時間の拡大版が放送された。スタジオゲストとして乃木坂46の与田祐希とカンニング竹山が出演。

2019年5月4日は9:55 - 10:10の枠に『FNN特報 新天皇陛下 初の一般参賀』を放送するため、10:10 - 10:30の短縮版を放送。

出演者編集

MC
スタジオゲスト
  • 生駒里奈(当時乃木坂46) - グータッチ動画大賞2016夏 審査員
  • 高山一実(乃木坂46) - グータッチ動画大賞2016夏・2017春 審査員
  • 秋元真夏(乃木坂46) - グータッチ動画大賞2017秋・2018春 審査員
    グータッチ動画大賞のVTR中にも乃木坂46のメンバーが出演。
  • カンニング竹山 - グータッチ動画大賞2017春・2017秋・2018春・2018年秋・2018年年末 審査員
  • 飯豊まりえ - グータッチ動画大賞2018秋 審査員
  • 与田祐希(乃木坂46) - グータッチ動画大賞2018年末 審査員
グータッチサポーター

記念回編集

記念回 放送日
2016年4月2日 第1回
2018年3月3日 第100回

コーナー・企画編集

(投稿募集!)グータッチ動画
  • 視聴者から寄せられた、「思わず“グータッチ”したくなった」動画を紹介するコーナー。採用された視聴者にはライオン製品の詰め合わせギフトと「ライオンちゃん」のぬいぐるみがプレゼントされる。
グータッチ動画大賞
  • 「グータッチ動画」に基づいた企画。2週連続で放送。ライオンの前一社提供枠の『ライオンのごきげんよう』も行っていた「ごきげんよう大賞」とほぼ同じスタイルで部門別で大賞を決定する。なお、グータッチサポーターの傑作の動画もノミネートされる。4人の審査員(佐藤隆太、西野七瀬(審査員長として仕切る))、ゲスト2人が1〜5点の計20点で採点をする。採点が合計で多かった方が大賞に選ばれる。なお、採点の合計が多いのが2つ以上あった場合は西野七瀬(審査員長)が決める。
放送日 タイトル ゲスト審査員
1 2016年8月13日 - 8月20日 グータッチ動画大賞2016夏 生駒里奈(当時乃木坂46)、高山一実(乃木坂46)
2 2017年4月8日 - 4月15日 グータッチ動画大賞2017春 高山一実(乃木坂46)、カンニング竹山
3 2017年10月7日 - 10月14日 グータッチ動画大賞2017秋 秋元真夏(乃木坂46)、カンニング竹山
4 2018年4月7日 - 4月14日 グータッチ動画大賞2018春
5 2018年10月6日 - 10月13日 グータッチ動画大賞2018秋 飯豊まりえ、カンニング竹山
6 2018年12月29日 グータッチ動画大賞2018年末[11] 与田祐希(乃木坂46)、カンニング竹山
今週のえんどトーク
  • タイトルのとおり、番組の最後にMCの佐藤隆太・博多大吉・西野七瀬の3人が毎回異なるテーマでトークをするコーナー。

放送リスト編集

番組テーマソング(エンディングのみ)編集

スタッフ編集

  • 企画:長嶋大介(フジテレビ、2018年12月 - )
  • ナレーター:皆口裕子
  • 構成:森一盛、西村隆志
  • TD:若林茂人
  • SW:浜島一雄
  • AUD:石渡啓太
  • CAM:片平哲也
  • LD:後藤雅彦
  • VE:鈴木貴裕
  • CG:奥田真也
  • TK:TBG
  • 音効:斉藤信之
  • 編集:宮田功太郎、川西彬仁、田中友裕、内田国俊
  • MA:高良弦
  • 美術プロデューサー:橋本昌和
  • 美術デザイン:斎田崇史(フジテレビ)
  • 美術進行:鈴木真吾
  • 大道具製作:内海靖之
  • 大道具操作:吉野雅則
  • アクリル装飾:松本健
  • 技術協力:fmtSWISH JAPANIMAGICA、東京フィルム・メート、東京オフラインセンター、イルージョン
  • 美術協力:フジアール
  • メイク:山田かつら
  • 広報:亀山哲生(フジテレビ)
  • リサーチ:ジャパンフッテージ
  • AD:中森達也、宮松慶旭、中野龍一郎、髙橋弘陽、尹優梨、鈴木聡、新谷怜子、戸邉綾香、菊池恵美、大下菜々美、川島桃子
  • ディレクター:藤原亮(FCC)、鴇田一樹、石丸達也、増田貴光、岡村洋平、白根伸一、田中智顕、岡部剛、岸宏美、丸山太嘉志、青木孝之、渡部洋平、田島大輔、方岡勢詞、堀田大輔、松本武、福田和也、久佐賀浩之、関屋公紀、入口拓矢、山口俊彦、安倍洋平、守山龍之介、土橋和子、番場一博、山崎大介、池端強、大塚隆史
  • 演出:瀧澤卓(FCC)、澤田親宏(澤田→2019年4月 - )
  • プロデューサー:神保健一(FCC、2018年10月 - )、河本誠司(2019年1月5日 - )、望月靖子(2017年11月25日 - )、白石一幸(2019年1月 - )、川本良樹(2019年4月 - )
  • 制作協力:FCCframe inf.(2019年1月5日 - )、キメラ(2019年1月 - )、共テレ(2019年4月 - )
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ編集

  • 企画:東園基臣(フジテレビ)
  • 構成:村上卓史鮫肌文殊、キンダイチ、渡邉勇穂、天野敏宏
  • AUD:吉永哲也
  • 音効:有木岳人(メディアハウス
  • TK:小島陽子
  • 広報:福崎康裕、太田真紀子、高木秀幸(フジテレビ)
  • デスク:渡辺恵美子
  • リサーチ:写六家、JFK
  • AP:門脇聡子(門脇→2017年4月8日 - )、市川義信
  • AD:大音師誠、軽部瞬、津田樹彦、雨宮結衣、入野真一、大場翔、手塚菜摘
  • 演出:中山建治(nosco、2017年4月8日 - )、稲垣史彦(稲垣→2017年4月22日 - )
  • 総合演出:北山友亮
  • プロデューサー:新村幸三郎(nosco、2017年4月8日 - )、鈴木こうじ(2017年1月21日 - 、一時離脱→復帰)、鈴木一休、八木信人(共にFCC、鈴木→2018年4月 - 、八木→以前はAP、一時離脱→復帰)
  • チーフプロデューサー:服部信男(FCC、以前はプロデューサー)
  • 制作協力:ノスコ・コンフィデンシャル(2017年4月8日 - )

ネット局編集

関連項目編集

  • ミライ☆モンスター - 姉妹番組。2014年4月よりフジテレビ系で放送中のスポーツドキュメンタリー番組。こちらは主に中高生以上の若者を対象に扱っている。2017年4月のリニューアルを機に扱うジャンルはスポーツに限定されなくなった。
  • ライオンミュージックサタデー - 文化放送で放送されるライオン1社提供番組で、当番組と放送時間がほぼ重複する。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2018年12月29日放送分までは乃木坂46所属。
  2. ^ 当番組MCの西野が主演する映画『あさひなぐ』に対する応援企画。
  3. ^ 自社制作生番組『ハロー大分』(9:55 - 11:00)放送のため、ネット局で唯一当日時差ネット。ただし、年末に放送される特別番組は同時ネットすることがある。
  4. ^ 唯一の時差ネット局であるテレビ大分では、通常時『ハロー大分』に差し替えている本来のネット時間帯は『FNN報道特別番組』に変更のため、時差ネット時間帯は『みんなのニュース 特報 熊本大地震』(ローカルセールス枠、テレビ大分でも同時ネット)に変更のため、同時ネット局と同様休止。

出典編集

  1. ^ 夢を追いかける全ての子供たちの成長を見守る応援ドキュメントバラエティーが始動!,とれたてフジテレビ,2016年4月7日
  2. ^ 西野七瀬初MC番組、フジテレビ系「ライオンのグータッチ」がいよいよ4月2日(土)9:55より放送開始!”. 乃木坂46 OFFICIAL WEB SITE (2016年4月1日). 2019年1月18日閲覧。
  3. ^ フジ、ごきげんよう&昼ドラに感謝 - バイキングは生激論コーナーに"手応え"”. マイナビニュース (2016年3月7日). 2019年1月18日閲覧。
  4. ^ ライオンのグータッチ”. フジテレビ. 2019年1月18日閲覧。
  5. ^ 「バイキング」 2016年6月7日(火)放送内容”. 価格.com (2016年6月7日). 2019年1月18日閲覧。
  6. ^ 乃木坂46生駒&高山が番組初ゲストに!,とれたてフジテレビ,2016年8月10日
  7. ^ 番組初1hSP!サポーターがスタジオ集結,とれたてフジテレビ,2016年12月26日
  8. ^ MC西野のスゴ技動画に高山が助っ人参加!,とれたてフジテレビ,2017年4月5日
  9. ^ 青木愛、シンクロ姉弟への熱血指導再び!,とれたてフジテレビ,2017年12月25日
  10. ^ 平野美宇、究極のコントロールショット挑戦,とれたてフジテレビ,2018年4月3日
  11. ^ 9:55 - 10:55の1時間スペシャル。
  12. ^ 3月2日・3月9日の放送分では、妹の大山未希が助っ人として加わり、2人で指導をした。
  13. ^ 4月6日の放送分では、弟の石川扶が助っ人として加わり、2人で指導をした。
  14. ^ 大原櫻子が新テーマソングでエール!,とれたてフジテレビ,2017年4月17日
  15. ^ “家入レオ、いきもの水野作曲ナンバーが「ライオンのグータッチ」新テーマに決定”. ナタリー (ナターシャ). (2018年4月14日). https://natalie.mu/music/news/278064 2018年4月15日閲覧。 

外部リンク編集

フジテレビ 土曜9:55 - 10:25枠
前番組 番組名 次番組
チャンネルΣ
2015年4月4日 - 2016年3月26日
【ここまでローカルセールス】
【45分縮小して継続】
ライオンのグータッチ
2016年4月2日 -)
【この番組からネットセールス】
-
フジテレビ系列 ライオン一社提供番組
ライオンのごきげんよう
1991年1月7日 - 2016年3月31日
【※この番組まで月 - 金曜日に週5回提供】
ライオンのグータッチ
(2016年4月2日 -)
【※この番組から週1回提供に変更】
-