ライオン・エア

インドネシアの航空会社

ライオン・エア(Lion Air)は、インドネシアのジャカルタを本拠地とする格安航空会社である。同社は、近年成長が著しいインドネシアの航空市場に支えられ急成長を遂げ、国内線のシェアはトップである。

ライオン・エア
Lion Air
IATA
JT
ICAO
LNI
コールサイン
LION INTER
設立 1999年
ハブ空港 スカルノハッタ国際空港
ジュアンダ国際空港
ハサヌディン国際空港
ングラ・ライ国際空港
マイレージサービス Lion Passport
会員ラウンジ Lion King Lounge and Simba Lounge
保有機材数 78機
就航地 48都市
本拠地 インドネシア ジャカルタ
代表者 Rusdi Kirana (CEO)
外部リンク www.lionair.co.id
テンプレートを表示
ボーイング 737-900ER
エアバス A330-900

概要 編集

インドネシア国内線は約40都市に就航させている。このほか、クアラルンプールペナン、中国、サウジアラビアにも国際線を就航させている。

2003年には、島々の小規模な空港を結ぶリージョナル航空会社として、ウイングス・エア英語版を設立した。

2007年7月6日から他の全てのインドネシアの航空会社とともに「安全性に問題がある」として欧州委員会によりEU域内への乗り入れ禁止の措置が決定したが、2017年1月に解除された[1]

2013年にマレーシアに出資したマリンド・エアを設立し、同社は3月22日に就航し、ライオン・エアからボーイング737-900ERをリース導入し運航している[2]。また、同年中にインドネシアにフルサービスする子会社バティック・エアを設立、運航を開始しており、2012年に同社用にボーイング787-8型機を5機発注中で計画では10機まで運用し、同型機を使用して国際線を運航する計画であったが[3]、2014年1月になってボーイング787の発注は取消され、同機を使用した長距離国際線就航計画を見直している模様[4]

また、2013年にタイに「タイ・ライオン・エア」を設立、同年12月にバンコクドンムアン空港拠点に就航した[5]

2014年1月8日、航空会社を評価するサイト[6]において、全世界の航空会社を比較調査した結果、安全性においてメルパチ・ヌサンタラ航空と同じ2つ星の低い評価を受け、448会社中ワースト10にランキングされた[7]

運行機材 編集

ライオン・エアが運行している機材は以下の航空機で構成される:

機種 座席数 機材数 備考
ボーイング737-800 189席 21機
ボーイング737-900ER 215席 47機 ローンチ・カスタマー
ボーイング737-9 215席 2機
エアバスA330-300 440席 4機 ハッジ渡航者用
エアバスA330-900 436席 4機 ハッジ渡航者用

2023年7月現在[8][9][10]

ライオンエア・グループの機材 編集

ライオン・エアグループはボーイング737-900ER型機の製造開始初号機(PK-LFG)から200機を超える大型発注をしていて、ボーイング社における同型機の大口顧客となっている。同型機は2011年4月21日に43機目を受領した-900ER(機体番号:PK-LHQ)以降はスカイインテリアを採用。-900ER型機の初期生産されたPK-LFF、LFGの2機は胴体塗装がボーイング社がテスト飛行などで使用したボーイング社のデモンストレーション塗装のまま運用されている。

ライオン・エアグループに対するボーイング737NGシリーズの引き渡し50機目(PK-LHY)、60機目(PK-LJO)、70機目(PK-LJZ)、80機目(PK-LKP)、90機目(PK-LKV)、100機目(PK-LOF)も(80機目と90機目は-800型、以外は-900ER型)それぞれは尾翼や胴体などにボーイング社によってメモリアル塗装などを塗装された特別塗装機となっている。

また同社が発注したボーイング社製旅客機の顧客番号(カスタマーコード)はGPで、737-9GPERなどと表記される。

ライオンエア・グループ発注中の機材:

  • ボーイング737-900ER型機 178機
  • ボーイング737MAX 201機[11]
  • A320 60機
  • A320neo 109機
  • A321neo 65機[12]

就航先 編集

2020年以降、新型コロナウイルス感染症の影響により、多くの定期便が運休、減便、経路変更となっている。

地域 就航地
東南アジア インドネシア ジャカルタ/CGKアンボン島バリクパパンバンダールランプン英語版バンダ・アチェ英語版バンジャルマシンバタム島ブンクル英語版バリ島ビアク島英語版ゴロンタロ英語版ジャンビ英語版ジャヤプラカイ諸島英語版ケンダリ英語版クパン英語版コモドマカッサルロンボク島マカッサルマナドマノクワリ英語版メダンメラウケパダンパレンバンパル英語版パンカルピナン英語版プカンバルポンティアナックサマリンダ英語版ソロン英語版スラバヤスラカルタタラカン英語版タンジュンパンダン英語版テルナテ英語版ティミカ英語版ジョグジャカルタ
マレーシア クアラルンプールペナン島
東アジア 中国 杭州福州広州深圳三亜西安
中東 サウジアラビア ジッダ

2023年7月現在[13]

事故、インシデント 編集

ボーイング737-900ERやボーイング737MAXなどの最新機材を導入しているが、数多くのインシデントが発生している。

  • 2004年11月30日 - ソロで583便(MD-82)が暴風雨の中着陸に失敗してオーバーラン、乗員乗客163人中乗員1人乗客24人死亡。

関連項目 編集

 
ライオン・エアのボーイング 737とウィングス・エアのATR 72

脚注 編集

  1. ^ “EU removes ban against Batik Air, Citilink, Lion Air”. The Jakarta Post. (2016年6月17日). http://www.thejakartapost.com/news/2016/06/17/eu-removes-ban-against-batik-air-citilink-lion-air.html 
  2. ^ “マレーシアのマリンド・エアウェイズ、3月22日から運航”. FlyTeam. (2013年3月12日). http://flyteam.jp/airline/malindo-airways/news/article/20339 
  3. ^ “ライオン・エア、787を5機発注-2013年運航開始のバティク・エアへ”. FlyTeam. (2012年6月9日). http://flyteam.jp/airline/batik-air/news/article/11447 
  4. ^ “ライオン・エア、787の5機をキャンセルへ”. FlyTeam. (2014年1月28日). http://flyteam.jp/airline/lion-air/news/article/31315 
  5. ^ “ライオン・エア、タイにもLCC「タイ・ライオン」を設立へ”. FlyTeam. (2013年9月27日). http://flyteam.jp/news/article/26891 
  6. ^ AirlineRatings.com
  7. ^ “Qantas the safest airline”. AirlineRatings.com. (2014年1月8日). http://www.airlineratings.com/news/201/qantas-the-safest-airline 
  8. ^ Lion Air Fleet - AirFleets.net
  9. ^ Lion Air Fleet Details and History - PlaneSpotters.net
  10. ^ Our Fleet - LionAir
  11. ^ Boeing, Lion Air Finalize Historic Order for up to 380 737s Feb. 14, 2012
  12. ^ Lion Air orders 234 A320 Family aircraft - Airbus - 18 MARCH 2013
  13. ^ Out Network - Lion AIr
  14. ^ Accident: Lionair B738 at Denpasar on Apr 13th 2013, landed short of runway and came to stop in sea The Aviation Herald - Apr 13 2013
  15. ^ “インドネシア 旅客機が墜落か”. NHK News Web. (2018年10月29日). https://archive.is/ngTda 2018年10月29日閲覧。 
  16. ^ Lion Air plane skids off runway at Indonesian airport”. channelnewsasia.com. 2018年2月16日閲覧。

外部リンク 編集

  • Lion Air (インドネシア語)(英語)