メインメニューを開く

ライオン サウンドNo.17・Let it C-C-B( - ナンバーじゅうなな・レット・イット・シーシービー)は、1988年10月16日から1989年10月8日まで文化放送系列全国ネットにて放送されていた、ライオン一社提供のラジオ番組。放送時間は文化放送が1時間(日曜日11時から12時まで)で、それ以外は30分だった。

パーソナリティはC-C-B、アシスタントは竹内靖夫アナウンサー。C-C-Bの解散に伴い終了した。

主なコーナー編集

オンコラコーナー
  • コラージュ」の略。「欽ドン!」の“レコード大作戦”、及び「コサキン無理矢理100%」の人気コーナー“意味ねぇCD大作戦”のオマージュと評された。
  • メンバーが内容の面白さを5段階で評価、1評価=2000円の賞金が振る舞われた。
ゲストコーナー
  • 主に音楽関係者・役者をゲストに招き、近況や仕事についてフリートークで語るコーナー。

エピソード編集

  • 番組タイトルの「No.17」は、番組スポンサーのライオンの英語表記「LION」を上下逆さにすると「NO17」に見えることから付けられたタイトルである。そのため「17番目」という意味ではなく、次番組の『聖飢魔IIの電波帝国』が「No.18」と付けられることは無かった(なお、「NO17」はライオンの登録商標である)。
  • 常連リスナーに病気療養中の男性がいたが、番組終了とC-C-Bの解散を知った時はすごく寂しいというメッセージが看護婦を通じて送られた。

テーマ曲編集

スタッフ編集

  • ディレクター:長谷川実
  • 構成:重城貴之
文化放送 ライオン一社提供枠
前番組 番組名 次番組
ライオン リクエスト30・シブがき隊の俺たちマジだぜ
ライオン サウンドNo.17・Let it C-C-B
ライオン サウンドNo.17・聖飢魔IIの電波帝国