ライク・ア・プレイヤー (マドンナの曲)

マドンナの楽曲

ライク・ア・プレイヤー」 (Like a Prayer) はマドンナの楽曲で、1989年に発表された同名のアルバムライク・ア・プレイヤー』からの第1枚目のシングル

ライク・ア・プレイヤー
マドンナシングル
初出アルバム『ライク・ア・プレイヤー
B面 アクト・オブ・コントリション
リリース
ジャンル ポップス
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード(欧米)
ワーナーミュージック・ジャパン(日本)
作詞・作曲 マドンナ、パトリック・レナード
プロデュース マドンナ、パトリック・レナード
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 1位(米国ビルボードHot 100
  • 1位(英国全英シングルチャート
  • 1位(オーストラリア
  • 30位(日本オリコン
  • マドンナ シングル 年表
    スポットライト
    1988年
    ライク・ア・プレイヤー
    (1989年)
    エクスプレス・ユアセルフ
    1989年
    ミュージックビデオ
    「Like A Prayer」 - YouTube
    テンプレートを表示

    解説編集

    当時の「ローリング・ストーン」誌の中で、その重厚なゴスペル・コーラスファンキーなグルーブのあるサウンドが賞賛された[1]。また、2003年発表の『ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500』において、300位にランクインした。

    チャートでの成功も注目され、ビルボード・チャートではHot100、エア・プレイ、セールス、クラブ・プレイ、そしてマキシ・シングル・セールスで第1位を制覇した大ヒット曲となった。翌年に発表されたダンス・クラシック「ヴォーグ」などと共にマドンナのシングルとしては最も成功した曲の一つとされている。同名のアルバムの先行シングルとして1989年2月18日に発表され、Hot100では同年4月22日に第1位を獲得し、その後3週間トップの座を維持した。

    ペプシ論争編集

    この曲がシングルとして発表される以前に、マドンナは米国ペプシ社と当時としては破格の500万ドルのギャラ契約を結んだ。この契約は、マドンナが新曲と共にペプシコーラを宣伝したTVコマーシャルを撮影し、ペプシコーラのスポークスマンとしてその後合計3つのコマーシャルに出演するというものであった。またペプシはマドンナが1990年に敢行する「ブロンド・アンビション・ツアー」のスポンサーになることを約束した。「ライク・ア・プレイヤー」はアメリカでは、シングルとしてラジオで流される前にTVコマーシャルで流される、音楽史上初の楽曲となった。

    コマーシャル自体を宣伝するために別の短いコマーシャルが作られ、前もって流されるという異例のプロモーションが行われた後、ペプシのコマーシャルは当時高視聴率だったテレビ番組「ザ・コズビー・ショー」で初披露された。

    「メイク・ア・ウィッシュ」と題された2分半にもわたる長編のコマーシャルは、マイク・ピトカ監督によってアリゾナ州で撮影された。内容は、マドンナが自分が8歳の時の誕生会のビデオをペプシを飲みながら見るシーンで始まり、タイム・トリップで大人のマドンナと8歳のマドンナが入れ変わる。そして大人のマドンナが小学校で曲に合わせてダンスをし、そのまま街に繰り出して最後に教会で聖歌隊と一緒に踊る。一方8歳のマドンナはテレビでこの模様を見た後、大人のマドンナの家で自分が誕生日にもらった人形を見つけるという話で完結する。

    しかし、メアリー・ランバート監督によるシングルのプロモーション・ヴィデオが発表されると、その内容をめぐって論争が巻き起こる。ヴィデオの中で、マドンナが聖痕を帯び、焼ける十字架の前で踊ったりするシーンがカトリック教会、そしてその他の宗教団体からの厳しい批判を受けた。批判の中には、マドンナが黒いキリストと思われる人物と祭壇セックスするシーンが不敬であると言うものもあった(もっとも、宗教団体によるこのシーンの解釈は、マドンナがオーガズムを経験しているとの事であった)。やがて宗教団体は批判するだけに止まらず、ペプシ製品全てをボイコットするという不買運動を要求し、マドンナのコマーシャルは、結局一度テレビで流れた後、放送禁止になった。その後ペプシはマドンナとの契約を解除させられ、ツアーのスポンサーも降りることになった。マドンナ自身はその後日本企業のパイオニアとツアーのスポンサー契約を結び、ペプシとの契約金の500万ドルはそのまま受け取った。

    収録曲編集

    日本盤 7" レコード・シングル (07P7-611)

    1. ライク・ア・プレイヤー Like a Prayer (Album Version) - 5:39
    2. アクト・オブ・コントリション Act of Contrition (Album Version) - 2:19

    日本盤 8 cm シングル (10P3-6112)

    1. ライク・ア・プレイヤー Like a Prayer (Album Version) - 5:39
    2. アクト・オブ・コントリション Act of Contrition (Album Version) - 2:19

    リミックス・プレイヤーズ

    1. ライク・ア・プレイヤー (12"ダンス・ミックス) - 7:55
    2. ライク・ア・プレイヤー (12"エクステンデッド・リミックス) - 7:27
    3. ライク・ア・プレイヤー (チャーチャペラ) - 6:09
    4. ライク・ア・プレイヤー (12"クラブ・ヴァージョン) - 6:38
    5. ライク・ア・プレイヤー (7"リミックス/エディット) - 5:45
    6. エクスプレス・ユアセルフ (ノンストップ・エクスプレス・ミックス) - 8:02
    7. エクスプレス・ユアセルフ (ストップ&ゴー・ダブ) - 10:52
    8. エクスプレス・ユアセルフ (ローカル・ミックス) - 6:28

    デジタル配信

    1. ライク・ア・プレイヤー (12"ダンス・ミックス) - 7:50
    2. ライク・ア・プレイヤー (12"エクステンデッド・リミックス) - 7:21
    3. ライク・ア・プレイヤー (チャーチャペラ) - 6:05
    4. ライク・ア・プレイヤー (12"クラブ・ヴァージョン) - 6:35
    5. ライク・ア・プレイヤー (7"リミックス/エディット) - 5:41
    6. アクト・オブ・コントリション - 2:19
    7. ライク・ア・プレイヤー (7"ヴァージョン) - 5:19
    8. ライク・ア・プレイヤー (インストラ・ダブ) - 6:14
    9. ライク・ア・プレイヤー (ベース・ダブ) - 5:49
    10. ライク・ア・プレイヤー (ダブ・ビーツ) - 4:44

    公式リミックス/ヴァージョン編集

    • Album Version 5:40
    • Q Sound Mix/The Immaculate Collection Version 5:51
    • 12" Dance Mix 7:56
    • 12" Extended Remix 7:26
    • 12" Club Version 6:38
    • 7" Remix Edit 5:45
    • 7" Dance Edit 5:25
    • 7" Version (US 3" CD Single) 5:19
    • 7" Version With Fade 5:07
    • Album Version With Fade 5:10
    • Instra Dub 6:01
    • Bass Dub 5:31
    • Dub Beats 4:39
    • Churchapella 6:09

    出典編集

    [脚注の使い方]