メインメニューを開く

ライシオ(Raisio)はフィンランド南西スオミ県の自治体。トゥルク郡に属する。トゥルクの北西に隣接し、トゥルク都市圏を形成する。

ライシオ
Raision kaupunki(スオミ語)
ライシオのマーケット
ライシオのマーケット
ライシオの市章
町章
位置
ライシオの位置の位置図
ライシオの位置
座標 : 北緯60度29分 東経22度10分 / 北緯60.483度 東経22.167度 / 60.483; 22.167
歴史
開基 1292年
市制 1974年
行政
 フィンランド
 県 南西スオミ県
 郡 トゥルク郡
 町 ライシオ
首長 Ari Korhonen
地理
面積  
  町域 50.06[1] km2 (19.3 mi2)
    陸上   48.76 km2 (18.8 mi2)
    水面   1.3 km2 (0.5 mi2)
人口
人口 (2011年現在)
  町域 24,401[2]
    人口密度   500.43人/km2(1,296.1人/mi2
  備考 フィンランド第42位
その他
等時帯 EET (UTC+2)
夏時間 EEST (UTC+3)
公式ウェブサイト : www.raisio.fi

目次

概要編集

ライシオが歴史に登場してくるのは1292年である。その後長く農業地帯で、1974年にようやく市制を敷いた。世界的に有名な食品メーカーライシオグループ英語版の発展とともに町も発展した。

ライシオの名はここを流れるライシオ川に由来し、これは湿地・湿原を意味するRaisajokiが語源であり、エストニア語の泥炭地raisnikに由来する。

トゥルク都市圏で最大のミリ英語版ショッピングセンターが立地している。

ライシオ出身の人物編集

姉妹都市編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ FINLANDS AREAL KOMMUNVIS 1.1.2011
  2. ^ 統計表No.680 Archived 2012年7月9日, at WebCite