メインメニューを開く
理想化されたメッシュネットワークのペイメントチャネルでルート構築を行う。

ライトニングネットワークとは、ブロックチェーン(ほとんどの場合ビットコイン)上で動作する「セカンドレイヤー」ペイメントプロトコルである。ライトニングネットワークは理論的には参加ノードの間での高速なトランザクション処理を可能にし、またビットコインのスケーラビリティ問題の解決策と謳われている。ライトニングネットワークは資金の管理券を委譲することのない双方向ペイメントチャネルを通して暗号通貨マイクロペイメントを行うピア・ツー・ピアのシステムを特徴としている。ライトニングネットワークの実装はアトミックスワップを簡素化する。

ライトニングネットワークは通常、関連したブロックチェーン上で開かれたペイメントチャネルにファンディング(入金)トランザクションを加えることから始まる。その後、チャネルにファンディングした額の暫定配分額を更新するライトニングトランザクションをブロックチェーンに送信することなく任意の回数行う。チャネルを閉じる際に、その時点の配分額を最終版として実際の配分を行うトランザクションをブロックチェーンに送信する。

ライトニングネットワークを想定通りに動作させるためには、ビットコインのSegregated Witness(SegWit)のようなトランザクション展性の修正が必要となる。

目次

歴史編集

Joseph Poon と Thaddeus Dryja はライトニングネットワークのホワイトペーパーを2015年に発表した。より詳細な仕様が複数の団体によって開発された。非営利なものとしては、MIT Digital Currency Initiativeによる実装、Blockstream の Bitcoin Core/bitcoind による実装、Lightning Labs による実装、ACINQによる実装がある。

2017年11月に、互換性のある一連の試験用トランザクションがBitcoin Core 上で作成された。

2018年1月に、Blockstream はウェブの小売業者を対象とした決済処理システムを公開した。Blockstream はこの際、ライトニングネットワークのノードは2018年1月18日現在mainnet で60あり、「試験運用中」であることを考慮すべきと付した。 

2018年5月15日、Lightning Labs の CEO Elizabeth Stark は、lnd(ライトニングネットワークの実装の一つ) の初版であるバージョン 0.4-beta(開発者向け) をリリースした。これはビットコインとライトコインのmainnet において試験する目的のためのものであった。

2018年3月、モバイル決済の起業家であるJack Dorsey がライトニングネットワークの構想を支持した。

2018年4月から2018年8月まで、ビットコインのライトニングネットワークは月に約15%の成長を遂げた。 ノード数は1,500から3,000に増加し、チャネル数は4,000から11,000に増加した。

2018年4月、eclair wallet はGoogle Play から公開後数日で削除された。アプリの開発者が署名用の秘密鍵を紛失し、致命的なバグを更新できなくなったからである。

2018年5月、世界初のビットコイン/金の交換所であるVaultoro.com はmainnet でのライトニングネットワークでの入金を承認した。

2018年7月1日、決済処理会社 CoinGate はライトニングネットワーク支払いを承認するためのサービスをマーチャント向けにリリースした。

2018年のDDoS 攻撃編集

2018年3月20日、ライトニングネットワークノードはDDoS 攻撃に晒された。攻撃はおよそ200のオフラインのノードに対して送られ、これによりノード数がおよそ1,050から870まで減少した。できるだけ多くのノードに対して新たな接続を妨害するためにエクスプロイトが用いられた。1ヶ月前の2月、Bitcoin Core の開発者である Peter Todd はライトニングのプロトコルは「現在の実装では、DoS攻撃に対して脆弱性があることの証明」をしたと述べていた。これはブロックチェーンはもちろん、P2Pプロジェクトにも危険をもたらすとある暗号学者は述べた[1]

設計思想編集

ライトニングネットワークの概要

ペイメントチャネルは、その参加者がブロックチェーンにトランザクションを公開することなく相互に資金を送り合うことを可能にする。これは協調性に欠ける参加者を罰することにより実現される。チャネルを開いたとき、参加者はファンディング(入金)をしなくてはならない(ブロックチェーン上のファンディングトランザクション)。CheckSequenceVerify や CheckLockTimeVerify などのタイムベースの拡張スクリプトがこの懲罰を可能としている。

ビットコインのブロックチェーン上にある十分大きなチャネルのネットワークがあること、およびビットコインの利用者達が少なくとも一つの開かれたチャネルを持つことによってこのグラフに参加していることを前提とすると、無限に近い額のトランザクションが内部で作成可能であろう。ビットコインのブロックチェーン上に早期に送信されたトランザクションだけが、非協力的なチャネルの相手方である。

ライトニングペーパーより[2]

BIP のCheckSequenceVerify(CSV) が、CSVとライトニングを用いたハッシュタイムロックコントラクトに詳しい。[3]

コミットメントトランザクション編集

アリスとボブがペイメントチャネルを持っているのなら、彼らの双方が「最新の」コミットメントトランザクションも持っている。コミットメントトランザクションはアリス⇔ボブ間で正しく割り当てられたファンティングトランザクションに基づいて資金を分配する。例として、例えばアリスが1.0 mBTC(0.001BTC、もしくは100000 satoshi に等しい)、ボブが1.0 mBTC をそれぞれチャネルに保有している場合、コミットメントトランザクションはチャネルの総資金(この場合 1.0 + 1.0 = 2.0 mBTC)をそのように分配する(アリスに 1.0 mBTC、ボブに 1.0 mBTC)

コミットメントトランザクションでは、単体のトランザクションに複数のユーザが参加することができる(従ってこれは単一の実態として振る舞う)。ネットワークの混雑はマイナー達によって引き起こされるため、このネットワークはマイナー達は誠実で組織的な51%攻撃を行わないという仮定に依拠している。

コミットメントトランザクションはファンティングトランザクションを消費するため、当事者双方の署名を必要とする。

実際には、コミットメントトランザクションは非対称的なトランザクションの組である。アリスのコミットメントトランザクションは2つのアウトプットを持つ。1つはボブに即座に支払われる。もう1つはタイムロックされており、これはアリスが取り消して自分に払い戻させること(以下、単に取り消しという)ができる。取り消しに必要な鍵(以下、取消鍵)をボブが知っていれば、ボブは取り消しを無効化できる。ボブのコミットメントトランザクションは上記を逆に考えるとよい。つまり、1つのアウトプットはアリスに即座に支払われ、もう1つはタイムロックされており、ボブによって取り消し可能であり、アリスが取消鍵を知っていればボブの取り戻しを無効化できる。

まず、アリスはコミットメントトランザクション、Bobはコミットメントトランザクションを持つ。  の取消鍵 は、アリスは知っているがボブは知らない。 の取消鍵 はその逆で、ボブだけが知っている。ここで、アリスがボブに 0.25 mBTC を支払うとする(支払いの直前に双方は 1 mBTC を保有していると仮定)

  1. アリスはボブに向けたトランザクション  を作成する。これは 0.75 mBTC をアリスに割り当て、 1.25 mBTC をボブに割り当てる.
  2. アリスは  をボブに送信する。
  3. ボブは  を受け取り、それを保持する。
  4. ボブはアリスに向けたトランザクション   を作成する。これは 0.75 mBTC をアリスに、1.25 mBTC をボブに割り当てる。
  5. ボブは  をアリスに送信する。
  6. アリスは  を受け取り、それを保持する。
  7. アリスは  を提供し、 を無効化する。つまり、アリスは を削除できる。
  8. ボブは   を提供し、 を無効化する。つまり、ボブは を削除できる。

制限編集

ライトニングネットワークはスマートコントラクトによって接続された2つのノード間の双方向のペイメントチャネルとして作られている。片方の当事者がチャネルを停止したら、チャネルはクローズされブロックチェーン上で精算される。

ライトニングネットワークはその性質上、すべての利用者にブロックチェーンが常に正しいか監視することを要求する。このため外部の「監視塔」のノードに信頼を委託するということが起こりうる。

ルーティング(経路構築)編集

ホワイトペーパーの原文では、ルーティングは「結局、最適化されると、コルレスバンクのネットワークか、あるいはTier-1 ISPsと酷似したものとなる」のではないかと述べている。

実装編集

商用の様々なライトニングネットワークの仕様書はGithubにあり、最大のコントリビューターはBlockstream のRusty Russell である。

「LIT」と呼ばれる非商用のライトニングネットワークの実装は MIT-DCI Github にある。MIT-DCI はこの版のライトニングネットワークの最大のコントリビューターである。 

lnd の公式のアルファリリース は2017年1月10日に作られた。[4] リリース候補(RC1)のライトニングプロトコル仕様は2017年12月6日にリリースされた。

参考文献編集

  1. ^ “Bitcoin developer warns Lightning Network is flawed and likely vulnerable to DoS attacks”. News Article (The Next Web). (2018年2月27日). https://thenextweb.com/hardfork/2018/02/27/bitcoin-lightning-network-todd-flawed/ 
  2. ^ The Bitcoin Lightning Network: Scalable Off-Chain Instant Payments (PDF)”. lightning.network (2016年1月14日). 2018年10月8日閲覧。
  3. ^ bips: Bitcoin Improvement Proposals” (2017年9月25日). 2018年10月8日閲覧。
  4. ^ Alpha Release of the Lightning Network Daemon”. Lightning Network Community Blog. Lightning Network Community Blog. Lightning Labs (2017年1月10日). 2017年9月19日閲覧。

外部リンク編集

関連項目編集