ライフ・アズ・ファニータ

ライフ・アズ・ファニータ』(原題:Juanita)は2019年に配信されたアメリカ合衆国ドラマ映画である。監督はクラーク・ジョンソン、主演はアルフレ・ウッダードが務めた。本作はシェイラ・ウィリアムズ2002年に発表した小説『Dancing on the Edge of the Roof』を原作としている。

ライフ・アズ・ファニータ
Juanita
監督 クラーク・ジョンソン
脚本 ロデリック・スペンサー
原作 シェイラ・ウィリアムズDancing on the Edge of the Roof
製作 ステファニー・アレイン
ジェイソン・マイケル・バーマン
メル・ジョーンズ
製作総指揮 クラーク・ジョンソン
アルフレ・ウッダード
ロデリック・スペンサー
メル・ジョーンズ
出演者 アルフレ・ウッダード
アダム・ビーチ
ラターニャ・リチャードソン・ジャクソン
マーカス・ヘンダーソン
音楽 ケヴィン・ラックス
撮影 リュック・モンテペリエ
編集 シンディ・モロ
製作会社 ホームグローン・ピクチャーズ
マンダレイ・ピクチャーズ
配給 世界の旗Netflix
公開 世界の旗2019年3月8日
上映時間 90分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

概略編集

オハイオ州コロンバス。ファニータは無職の子供3人(成人済み)を養うべく日々懸命に働いていたが、ある日、全てが嫌になってしまった。そこで、ファニータはバスに乗って旅に出ることにし、最終的に、モンタナ州のペーパームーンという田舎町に辿り着いた。しばらくして、ファニータはレストランの店主(ジェス)と恋に落ち、「ペーパームーンに留まるべきか、それともコロンバスに戻るべきか」と悩むようになった。

キャスト編集

製作編集

2017年4月7日、アルフレ・ウッダードとブレア・アンダーウッドが本作に出演するとの報道があった[2]。12日、マーカス・ヘンダーソンの出演が決まったと報じられた[3]。同月、本作の主要撮影バージニア州で始まった[4]。12月3日、ケヴィン・ラックスが本作で使用される楽曲を手掛けることになったと報じられた[5]

公開・マーケティング編集

2017年4月25日、Netflixが本作の配信権を獲得したとの報道があった[6]。2019年2月11日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[7]

評価編集

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには15件のレビューがあり、批評家支持率は80%、平均点は10点満点で6.36点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『ライフ・アズ・ファニータ』で描かれる自己実現の旅は新鮮ではあるものの、予測可能な結末に落ち着いていると言えるかもしれない。しかし、アルフレ・ウッダードの名演のお陰で、主人公の一時滞在が計り知れないほどの輝きを放っている。」となっている[8]

出典編集

  1. ^ ライフ・アズ・ファニータ”. 映画.com. 2019年10月31日閲覧。
  2. ^ Alfre Woodard, Blair Underwood to Star in Drama ‘Juanita’”. Variety (2017年4月7日). 2019年10月31日閲覧。
  3. ^ ‘Get Out’ Actor Marcus Henderson Cast In ‘Juanita’”. Deadline.com (2017年4月12日). 2019年10月31日閲覧。
  4. ^ Movie 'Juanita' Set to Film in Central Virginia”. US News (2017年4月6日). 2019年10月31日閲覧。
  5. ^ Kevin Lax Scoring Netflix’s ‘Juanita’”. Film Music Reporter (2017年12月3日). 2019年10月31日閲覧。
  6. ^ Netflix Picks Up Alfre Woodard-Starring Drama ‘Juanita’”. Deadline.com (2017年4月25日). 2019年10月31日閲覧。
  7. ^ Juanita Official Trailer Netflix”. YouTube (2019年2月11日). 2019年10月31日閲覧。
  8. ^ Juanita”. Rotten Tomatoes. 2019年10月31日閲覧。

外部リンク編集