メインメニューを開く

ライプツィヒ・ハレ空港(ドイツ語:Flughafen Leipzig/Halle、英語:Leipzig/Halle Airport)は、ドイツザクセン州の国際空港である。ライプツィヒザクセン=アンハルト州に属するハレとの間に位置する。1927年開港。特に貨物空輸の分野において、国際的に重要な位置を占めている。2008年より国際競争力向上のマーケティングの一環として、英名の「Leipzig/Halle Airport」を空港の正式名称として使用している。

ライプツィヒ・ハレ空港
Flughafen Leipzig/Halle
Leipzig/Halle Airport
Leipzig-Halle Airport Check-in.jpg
IATA: LEJ - ICAO: EDDP
概要
国・地域 ドイツの旗 ドイツ
所在地 ザクセン州
母都市 ライプツィヒハレ
種類 公共用
運営者 Flughafen Leipzig/Halle GmbH
標高 4 m
座標 北緯51度25分26秒 東経12度14分11秒 / 北緯51.42389度 東経12.23639度 / 51.42389; 12.23639座標: 北緯51度25分26秒 東経12度14分11秒 / 北緯51.42389度 東経12.23639度 / 51.42389; 12.23639
公式サイト Leipzig/Halle Airport
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
08L/26R 3,600×45 コンクリート
08R/26L 3,600×60 コンクリート
出典:World Aero Data[1]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

目次

概要編集

ライプツィヒからは北西へ16km、ハレからは南東22kmのところに位置している。旅客数に限ればドイツ国内で12番目に大きな空港であるが、貨物空輸の分野では2008年以降ドイツ第3位の規模を誇る。

 
ライプツィヒ・ハレ空港見取り図

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ EDDPの空港情報 - World Aero Data (2006年10月時点のデータ)

外部リンク編集