ラインエネルギーシュタディオン

ラインエネルギーシュタディオン (RheinEnergieStadion) は、ドイツケルンにあるスタジアム。

ラインエネルギーシュタディオン
RheinEnergieStadion
RheinEnergieStadion Köln 001.jpg
施設情報
所在地 Aachener Straße 999
50933 Köln, Germany
位置 座標: 北緯50度56分0.59秒 東経6度52分29.99秒 / 北緯50.9334972度 東経6.8749972度 / 50.9334972; 6.8749972
起工 1923年
開場 1923年9月16日
修繕 1972–75, 2001–04
所有者 Kölner Sportstätten GmbH
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
建設費 47.4 million Deutsche Mark
119,5 millions €EUR (2001-04)
旧称
Müngersdorfer Stadion (1923-UNK)
使用チーム、大会
1FCケルン(1948-現在)
ケルン・センチュリオンズ(2004-2007)
UEFA欧州選手権1988
2006 FIFAワールドカップ
収容能力
50,374人 (seating and standing)
46,134人 (seating only)

概要編集

1923年に完成。地元のサッカークラブ・1FCケルンアメリカンフットボールNFLヨーロッパのケルン・センチュリオンズのホームグラウンドとしてそれぞれ使用され、サッカーの国際大会ではコンフェデ杯2005などで会場となった。収容人数は46,120人。2009年まで電力会社「ライン・エネルギー」が命名権を取得している。

2006年ドイツW杯ではスウェーデンイングランドアンゴラポルトガルチェコガーナトーゴフランスなど5試合の開催が行われた。命名権の関係で大会期間中は「FIFAワールドカップスタジアム・ケルン」の呼称が使われた。

2020年にはUEFAヨーロッパリーグ 2019-20 決勝が当地で開催予定だが[1]、規定によりミュンゲルスドルファー・シュタディオンと呼ばれる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “UEFA competitions to resume in August”. Union of European Football Associations. (2020年6月17日). https://www.uefa.com/insideuefa/news/newsid=2642232.html 2020年6月17日閲覧。 

外部リンク編集