ラインハルト・ハウフ

ラインハルト・ハウフ(Reinhard Hauff, 1939年5月23日 - )は、ドイツ映画監督脚本家。1986年、ドイツ赤軍を題材に用いたドラマ映画『シュタムハイム』が第36回ベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞と独立賞のFIPRESCI賞を受賞した[1][2]。また、その翌年に開催された第37回ベルリン国際映画祭では審査員を務めた[3]

ラインハルト・ハウフ
Reinhard Hauff
生年月日 (1939-05-23) 1939年5月23日(82歳)
出生地 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国ヘッセン=ダルムシュタットマールブルク
職業 映画監督脚本家
テンプレートを表示
Hauff

フィルモグラフィ編集

  • 『突然裕福になったコンバッハの貧しい人々』 - Der plötzliche Reichtum der armen Leute von Kombach (1971年、出演)
  • 『シュタムハイム』 - Stammheim (1986年、監督、金熊賞受賞)
  • 『ライン・ワン』 - Linie 1 (1988年、監督・脚本)

脚注編集

  1. ^ 1986 : Prize Winners, Internationale Filmfestspiele Berlin, オリジナルの2013年10月15日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20131015121244/http://www.berlinale.de/en/archiv/jahresarchive/1986/03_preistr_ger_1986/03_Preistraeger_1986.html 2014年7月25日閲覧。 
  2. ^ Reinhard Hauff - Awards, IMDb, オリジナルの2014年7月25日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140725191909/http://www.imdb.com/name/nm0369240/awards 2014年7月25日閲覧。 
  3. ^ 1987 : Juries, Internationale Filmfestspiele Berlin, オリジナルの2014年7月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140714170646/http://www.berlinale.de/en/archiv/jahresarchive/1987/04_jury_1987/04_Jury_1987.html 2014年7月25日閲覧。 

外部リンク編集