ライン同盟
神聖ローマ帝国 1806年 - 1813年 ドイツ連邦
ライン同盟の国旗 ライン同盟の国章
(国旗) (国章)
ライン同盟の位置
公用語 ドイツ語
首都 フランクフルト・アム・マイン
保護者
1806年 - 1813年 ナポレオン1世(フランス皇帝)
首座大司教侯(Fürstprimas)
1806年 - 1813年 ダールベルク(大司教)
変遷
成立 1806年
解体 1813年

ライン同盟(ラインどうめい、: Rheinbund: Confédération du Rhin: Confederation of the Rhine)は、19世紀ドイツにおいて、フランス皇帝ナポレオン1世の圧力により成立した国家連合である。1813年に起きたライプツィヒの戦いで、ナポレオンの敗退とともに解体した。ライン連邦とも訳される。

ドイツの歴史
Coat of arms featuring a large black eagle with wings spread and beak open. The eagle is black, with red talons and beak, and is over a gold background.
この記事はシリーズの一部です。
再統一後のドイツ
関連項目
オーストリアの歴史

ドイツ ポータル
· ·
1808年のライン同盟
1812年のライン同盟

目次

概要編集

1806年7月12日、フランス皇帝ナポレオン1世の圧力により、神聖ローマ帝国内の全ドイツ諸侯は名目だけ存続していた帝国を離脱してフランス帝国と同盟し、ライン同盟が成立した。同盟は、ナポレオンを盟主とし、大司教ダールベルクを総裁としたフランス主導の国家連合であった。

ライン同盟には、1808年の最大期には4つの王国(Königreich)、5つの大公国(Großherzogtum)、13の公国(Herzogtum)、17の侯国(Fürstentum)、3つの自由都市(Freie Stadt)が加盟していた。公式には同盟という対等の名称であるが、その実態はフランスの従属国というものに等しかった。国家連合内では法令は全てナポレオン法典が使用された。国家連合自体の力は脆弱で、ナポレオンに援助した総兵力はわずかに6万人ほどだったという。

ライン同盟規約の第27条は、帝国郵便を経営するトゥルン・ウント・タクシス侯家の郵便事業権を保護した。ナポレオンとは幾重にも交渉がなされていた。

1815年ウィーン会議により、ドイツにはオーストリアを盟主とするドイツ連邦が成立した。

加盟諸邦編集

以下はアルファベット順。

関連項目編集

外部リンク編集