ライー

ブラジルのサッカー選手
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はヴィエイラ第二姓(父方の)はジ・オリヴェイラです。

ライー (Raí) こと、ライー・ソウザ・ヴィエイラ・ジ・オリヴェイラ(Raí Souza Vieira de Oliveira, 1965年5月15日 - )は、ブラジルサンパウロ州リベイラン・プレト出身の元同国代表サッカー選手

ライー Football pictogram.svg
Rai em 2009 cropped.jpg
2009年のライー
名前
本名 ライー・ソウザ・ヴィエイラ・ジ・オリヴェイラ
Raí Souza Vieira de Oliveira
ラテン文字 RAÍ
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1965-05-15) 1965年5月15日(55歳)
出身地 リベイラン・プレト
身長 189cm
体重 89kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981-1986 ブラジルの旗 ボタフォゴ
1987 ブラジルの旗 ポンチ・プレッタ 10 (1)
1988-1993 ブラジルの旗 サンパウロ 110 (25)
1993-1998 フランスの旗 パリSG 145 (51)
1998-2000 ブラジルの旗 サンパウロ 19 (1)
代表歴
1987-1998 ブラジルの旗 ブラジル 51 (17)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

実兄はスペインW杯の「黄金のカルテット」の一人で「ドトール(医者)」の愛称で呼ばれたソクラテスである[1]

経歴編集

ボタフォゴFCでキャリアをスタートすると頭角を現し、1987年にブラジル代表へ選出[2]、1988年にはサンパウロに移籍するが、ソクラテス の弟であるというプレッシャーやストレスから不調になり[1]、一時は引退も考えた程で[1]、代表からも外れ、1990 FIFAワールドカップにも出場できなかった[2]

テレ・サンターナ監督就任後、中心選手として[3]復調し[1]、1991年に代表復帰、クラブと代表の両方でキャプテンを務めた[1]1992年リベルタドーレスカップトヨタカップを獲得。トヨタカップではFCバルセロナを相手に2ゴールを決めて優勝に貢献し、MVPを獲得した[4][5]

1993-94シーズン、フランスパリ・サンジェルマンFCに移籍、すぐにチームにとって2回目となるリーグ優勝に貢献[2]、また1995-96シーズンにはカップウィナーズカップ優勝に貢献[2]、その他クープ・ドゥ・フランスクープ・ドゥ・ラ・リーグを2度ずつ制した。1994-95シーズンは12ゴール、1995-96シーズンは14ゴールを記録、5シーズンでリーグ戦では51ゴールを決めるなど、成功を収めた[2]

ワールドカップアメリカ大会では5試合に出場(グループリーグの3試合ではキャプテンを務めた[6][2]。)、開幕戦となったロシア戦では先発出場し、PKで得点するが、決勝トーナメントに入ると疲れによるコンディションが悪さから[7]、レギュラーを外れ[6]、チームは優勝を果たすも、決勝のイタリア戦では出場機会を得られなかったが[6]、精神的支柱としてチームに貢献した[7]ザガロが代表監督に就任すると長らく代表から外れたが、1998年のアルゼンチンとの試合で代表復帰[8]、しかし1998年ワールドカップフランス大会には招集されなかった。

選手としての晩年をサンパウロFCで過ごし、2000年に現役を引退した。サンパウロFCでは、393試合124ゴールの成績を残した。

2018年、サンパウロのエグゼクティブディレクターに就任した[7]

脚注編集

外部リンク編集