ラウラウ

ラウラウ(Laulau)は、タロイモティの葉で包まれた蒸し焼き料理で、ハワイ郷土料理である。

タロイモの葉の中央に肉(豚肉鶏肉など)や魚の小片を乗せ、葉の端を葉の中に折り込んで、その上からティの葉で包む。伝統的にはさらにバナナの葉で包まれ、イムと呼ばれる地中のオーブンで、熱い石と一緒に地中に埋めて調理される。

近年では普通のオーブンで作られ、ライスやマカロニサラダとともにプレートランチとして提供されることが多い。

ポリネシアのよく似た料理として、牛肉を用いたトンガの"lapulu"や、魚、ウナギ、エビ等を用いたサモアの"palusami"、"fai'ai"等がある。

関連項目編集

参考文献編集

  • Laudan, Rachel (1996). The Food of Paradise: Exploring Hawaii's Culinary Heritage. Seattle: University of Hawaii Press. ISBN 0824817788. http://www.uhpress.hawaii.edu/cart/shopcore/?db_name=uhpress&page=shop/flypage&product_id=324&category_id=b3e6237d1b1b3b8594488ed1c40d0dfb&PHPSESSID=6b6a32abcd32b2e6be35b8dcebce1d52. 

外部リンク編集