ラウラ・エレーナ・スニガ・ウイサールLaura Elena Zúñiga Huizar1985年1月3日 ‐ )は、メキシコシナロア州クリアカン出身の女性モデル。また、幾つもの美人コンテストにおいて賞を手に入れている。

2008年に開催されたミス・ラテンアメリカで優勝、またミス・シロアナにおいてペルラ・ベルトランを破って優勝し、ヌエボ・レオン州モンテレイで開催されるミス・メキシコ2008への出場権を得る。しかしミス・メキシコではカルラ・カリジョとミス・シロアナにおいて勝利したペルラ・ベルトランに破れて3位となったが、ミス・インターナショナル2009への出場資格を手に入れた[1]

しかし2008年12月23日ハリスコ州サポパンにおいてメキシコ警察に職務質問を受けたところ、不法所持のライフルや53000ドル、多くの携帯電話などが車内から見つかったことから共にいた男性7人と共に銃器の不法所持の疑いで逮捕された。彼女はボーイフレンドであるアンヘル・オーランド・ガルシア・ウルキサ(フアレスの麻薬カルテルの首領)によって誘拐されただけだと主張し、彼女はボーイフレンドの犯罪行為を何も知らなかったと主張した[2]。ミスメキシコ事務局は彼女にかかっている疑いとの関係を完全に否定し、彼女に与えられた賞をはく奪するかどうかを検討する旨を発表した。また1991年ミス・ユニバースであり、同事務局の局長でもあるルピタ・ジョーンズはミスメキシコ事務局は真摯で公正で潔白な組織であると発言した[3]2008年12月25日ミスメキシコ事務局からの2度目の発表があり、彼女の賞をはく奪し、ミス・インターナショナル2009への出場権も白紙にすることを発表した[4]

2009年1月30日、有罪の証拠が見つからなかったため彼女は拘置所より釈放された[5]

出典編集


先代:
マシエル・タベラス
ミス・ラテンアメリカ
2008
(剥奪)
次代:
ヴィヴィアン・ノローニャ・キア
先代:
ロレンサ・ベルノト
ミス・メキシコ
2009
(剥奪)
次代:
Incumbent