ラウラ・ダイケマ

ラウラ・ダイケマ(Laura Dijkema、女性、1990年2月18日[1] - )は、アッセン出身のオランダバレーボール選手。ポジションはセッターオランダ女子代表

ラウラ・ダイケマ
Laura Dijkema
 No.14
Volleyball (indoor) pictogram.svg
2016 DSC Volleyball 088 Laura Dijkema.jpg
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1990-02-18) 1990年2月18日(27歳)
出身地 オランダの旗アッセン
ラテン文字 Laura Dijkema
身長 184cm
体重 71kg
選手情報
所属 イタリアの旗 AGIL Volley
ポジション S
利き手
スパイク 290cm
ブロック 276cm
 
獲得メダル
Flag of the Netherlands.svg オランダ
欧州選手権
2015 ロッテルダム
2017 バクー
ワールドグランプリ
2016 バンコク
テンプレートを表示

目次

来歴編集

2010年オランダ代表に初選出される。同年、産休に入ったキム・スタエレンスに代わりワールドグランプリ2010世界選手権では正セッターとして活躍した。

その後も代表でプレーし、2011年欧州選手権ワールドグランプリ2013などに出場した。2015年10月の開催された欧州選手権で銀メダルを獲得した。2016年7月のワールドグランプリで銅メダルを獲得した[2]。また、同年8月のリオ五輪では4位となった。

2017年欧州選手権で銀メダルを獲得し、自身もベストセッター賞を受賞した[3]

球歴編集

受賞歴編集

所属クラブ編集

  •   DOK Dwingeloo (2006-2007年)
  •   SCU Emlichheim (2007-2008年)
  •   DELA Martinus Amstelveen (2008-2009年)
  •   TVC Amstelveen (2009-2011年)
  •   VfB Suhl (2011-2012年)
  •   USC Munster (2012-2013年)
  •   Halkbank Ankara (2013-2014年)
  •   ドレスナーSC(2014-2016年)
  •   AGIL Volley(2016-)

脚注編集

外部リンク編集