ラウル・アルカンタラ

ラウル・アルカンタラRaúl Alcántara, 1992年12月4日 - )は、ドミニカ共和国バラオーナ州サンタ・クルス・デ・バラオナ英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。NPB阪神タイガース所属。

ラウル・アルカンタラ
Raúl Alcántara
阪神タイガース #44
Raúl Alcántara doosan.jpg
斗山ベアーズ時代 (2020年)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 バラオーナ州
サンタ・クルス・デ・バラオナ英語版
生年月日 (1992-12-04) 1992年12月4日(29歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 アマチュアFA
初出場 MLB/ 2016年9月5日
KBO/ 2019年3月30日
NPB/ 2021年5月16日
年俸 2億1000万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとレッドソックス傘下時代編集

2009年ボストン・レッドソックスと契約し、プロ入り。

2010年に傘下のルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・レッドソックスでプロデビュー。

アスレチックス時代編集

2011年11月29日にアンドリュー・ベイリーライアン・スウィーニーとのトレードで、ジョシュ・レディックマイルズ・ヘッドと共にオークランド・アスレチックスへ移籍した[2]

2013年11月20日に40人枠に登録された[3]

2014年はAA級ミッドランド・ロックハウンズでプレーしたが、3試合に投げたところでトミー・ジョン手術を受けることになった[4]

2015年もメジャーデビューはならなかった。マイナー(A+級ストックトン・ポーツ)では15試合に先発登板して防御率3.88を記録したが、勝ち星なしに終わった。

2016年は開幕をAA級ミッドランドで迎え、7月にAAA級ナッシュビル・サウンズへ昇格。2球団合計で25試合に先発登板して9勝6敗・防御率3.58・105奪三振の成績を残した。9月5日にメジャー初昇格を果たし[5]、同日のロサンゼルス・エンゼルス戦で先発してデビューしたが、3回5失点で敗戦投手になった[6]。メジャーでは5試合に先発登板したが、22.1イニングで9本も本塁打を打たれ、1勝3敗・防御率7.25・WHIP1.57と結果を残せなかった。

2017年はメジャーの開幕ロースター入りした。ところが、3試合に登板して防御率16.71と結果を残せず、4月25日にDFAとなった[7]後、29日に40人枠を外れる形でAAA級ナッシュビル・サウンズへ配属された[8]。9月5日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[9]

2018年はAAA級ナッシュビルで登板し、メジャーリーグ昇格はなかった。

KT時代編集

2018年11月19日にKBOリーグKTウィズと契約した[10]。登録名は알칸타라(アルカンタラ)。

2019年、KTでは11勝を記録するも同年限りで退団。

斗山時代編集

2020年よりKBOリーグの斗山ベアーズと契約する[11]。同年は5月5日に開幕投手を務めた。9月1日のハンファ・イーグルス戦では先発投手として7回無失点の好投を見せた。そして中継ぎの朴治国李映河が無失点に抑えたことで韓国プロ野球における同年初の全球団勝利を達成した[12]。同年は20勝2敗、防御率2.54を記録し、最多勝投手となった[13]

阪神時代編集

2020年オフに入ると、同じくKBOリーグで活躍したメル・ロハス・ジュニアと共にNPBの阪神タイガースが獲得を目指していることが報道された[14]。12月23日に阪神球団から翌シーズンの契約に合意したことが発表された[15]。背番号は44[15]。2年契約で推定年俸2億1000万円[1]

2021年5月16日の読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)でNPB初登板初先発を果たし、6回5失点ながらも勝利投手となり、来日初勝利を挙げた[16]東京オリンピック明けの後半戦開幕後は中継ぎに配置転換され[17]、主に7回のマウンドを任せられるようになった。最終的に24試合に登板して3勝3敗6ホールド、防御率3.49を記録した。

2022年、キャンプ中の2月に左足関節を捻挫した[18]。3月31日、中継ぎとして一軍に復帰した[19]。また岩崎優の代役として[20]、6月17日の横浜DeNAベイスターズ戦(阪神甲子園球場)で来日初セーブを記録[21][22]

投球データ編集

2020年の投球データ[注 1]
球種 配分
%
平均球速
km/h
フォーシーム 51 152
スライダー 22 139
スプリット 14 137
シンカー 9 151
カーブ 2 128
チェンジアップ 1 138

最速158km/h・平均150km/h台前半の速球(主にフォーシーム)を軸に、スライダーやスプリットなどを使用する。(2020年シーズン)

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2016 OAK 5 5 0 0 0 1 3 0 0 .250 103 22.1 31 9 4 0 4 14 1 1 18 18 7.25 1.57
2017 8 4 0 0 0 1 2 0 0 .333 108 24.0 22 5 12 1 3 12 0 1 21 19 7.13 1.42
2019 KT 27 27 0 0 0 11 11 0 0 .500 724 172.2 189 15 27 0 8 100 2 0 80 77 4.01 1.25
2020 斗山 31 31 0 0 0 20 2 0 0 .909 795 198.2 174 12 30 0 9 182 3 0 58 56 2.54 1.03
2021 阪神 24 7 0 0 0 3 3 0 6 .500 243 59.1 55 6 14 1 0 48 3 0 25 23 3.49 1.16
MLB:2年 13 9 0 0 0 2 5 0 0 .286 211 46.1 53 14 16 1 7 26 1 2 39 37 7.19 1.49
KBO:2年 58 58 0 0 0 31 13 0 0 .649 1519 371.1 363 27 57 0 17 282 5 0 138 133 3.22 1.13
NPB:1年 24 7 0 0 0 3 3 0 6 .500 243 59.1 55 6 14 1 0 48 3 0 25 23 3.49 1.16
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績編集



投手(P)












2016 OAK 5 0 2 0 0 1.000
2017 8 0 1 1 0 .500
2019 KT 27 8 24 2 0 .941
2020 斗山 31 1 23 0 0 1.000
2021 阪神 24 2 10 0 1 1.000
MLB 13 0 3 1 0 .750
KBO 58 9 47 2 0 .966
NPB 24 2 10 0 1 1.000
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

NPB編集

初記録
投手記録
打撃記録

タイトル編集

KBO
  • 最多勝利:1回(2020年)
  • 最高勝率:1回(2020年)

表彰編集

KBO

背番号編集

  • 50(2016年 - 2017年)
  • 45(2019年)
  • 43(2020年)
  • 44(2021年 - )

登場曲編集

  • 「Mi Ciudad」Chucky73(2021年 - )

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 31先発・198.2回。statiz.co.krによる[23]

出典編集

  1. ^ a b 阪神 アルカンタラ獲得発表 16年ぶりVへ最強先発陣”. サンスポ.com (2020年12月23日). 2021年2月27日閲覧。
  2. ^ A's ship Andrew Bailey to Boston
  3. ^ A's add RHP Raul Alcantara to 40-man roster
  4. ^ Garcia, Jacob (2014年7月28日). “5 A's Prospects Who Billy Beane Should Not Trade”. Bleacher Report. 2016年9月13日閲覧。
  5. ^ Slusser, Susan (2016年9月4日). “A’s confirm Raul Alcantara, Jharel Cotton promotions”. San Francisco Gate. 2016年9月5日閲覧。
  6. ^ Angels hold off Oakland comeback, power past Athletics
  7. ^ Slusser, Susan (2017年4月25日). “Rajai Davis on A's DL; Raul Alcantara DFA'd”. San Francisco Gate. 2017年5月1日閲覧。
  8. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年5月1日閲覧。
  9. ^ Jane Lee (2017年9月5日). “Nunez leads next wave of Oakland's callups” (英語). MLB.com. 2017年9月7日閲覧。
  10. ^ kt wiz¸ 외국인 투수 라울 알칸타라 영입s” (朝鮮語). KT wiz (2018年11月19日). 2018年11月19日閲覧。
  11. ^ http://www.joynews24.com/view/1231044
  12. ^ https://twitter.com/doosanbears1982/status/1300774988102868992
  13. ^ 韓国プロ野球で7年ぶりに“15勝達成”の国内投手現れず…外国人投手が最多勝レースを独占”. スポーツソウル日本版 (2020年12月23日). 2021年5月16日閲覧。
  14. ^ 【阪神】韓国20勝右腕アルカンタラを調査…中日・大野雄が残留内定で先発助っ人獲りに方針転換” (日本語). スポーツ報知 (2020年11月12日). 2020年12月23日閲覧。
  15. ^ a b 外国人選手との契約合意について”. 阪神タイガース (2020年12月23日). 2020年12月23日閲覧。
  16. ^ a b 阪神アルカンタラ初登板初勝利「オハヨウゴザイマス」ファンの心もつかむ” (日本語). 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2021年5月16日). 2021年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月16日閲覧。
  17. ^ 阪神・アルカンタラが1軍合流 中継ぎ任せろ「与えられたポジションで貢献」”. デイリースポーツ (2021年8月6日). 2021年9月20日閲覧。
  18. ^ 阪神・アルカンタラは左足関節のねんざ「しっかり治すことに集中」”. デイリースポーツ online (2022年2月17日). 2022年2月17日閲覧。
  19. ^ 阪神・アルカンタラが昇格即1回0封 緊急昇格も何のその 中継ぎ陣の救世主になれるか”. デイリースポーツ online (2022年3月31日). 2022年3月31日閲覧。
  20. ^ 【阪神】代役守護神アルカンタラが“所信表明”「任されたイニングでしっかり自分の仕事」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2022年6月16日). 2022年6月20日閲覧。
  21. ^ 神7-5D(17日)阪神4連勝、青柳8勝目” (日本語). デイリースポーツ online (2022年6月17日). 2022年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月17日閲覧。
  22. ^ a b 阪神が4連勝! 大山2発&青柳ハーラー単独トップ8勝目 アルカンタラは来日初セーブ” (日本語). サンスポ. 産業経済新聞社 (2022年6月17日). 2022年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月17日閲覧。
  23. ^ 알칸타라 - STATIZ”. statiz.co.kr. 2020年11月14日閲覧。
  24. ^ 2021年5月16日 【公式戦】 試合結果 (読売vs阪神)” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2022年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月17日閲覧。
  25. ^ 阪神アルカンタラ、初連投も「問題なかった」主軸3人斬りで来日初ホールド” (日本語). 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社. 2021年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月17日閲覧。
  26. ^ 2021年8月15日【公式戦】試合結果(阪神vs広島東洋)” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2022年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月17日閲覧。
  27. ^ 衝撃の来日初安打! 阪神アルカンタラ、佐々木朗希からタイムリー” (日本語). 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2021年5月27日). 2021年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集