ラウル・ドーフレスヌ・ドゥ・ラ・シュヴァルリー

ラウル・ドーフレスヌ・ドゥ・ラ・シュヴァルリーRaoul Daufresne de la Chevalerie1881年3月17日 - 1967年11月25日)は、ベルギーブルッヘ出身のスポーツ選手。1903年から1907年まではベルギーのサッカークラブ、サークル・ブルッヘのサッカー選手としてプレーしており、最後の2年の間はレオン・デ・メーステルの後を継いで理事長も務めた。しかしその後はライバルチームのクラブ・ブルッヘと移籍し、そこでもクラブの取締役を務めた。

獲得メダル
ベルギーの旗 ベルギー
男子ホッケー
1920 アントワープ 団体

彼はサッカー選手としてだけでなく、馬術選手、テニス選手、フィールドホッケー選手としても活躍していた。1920年アントワープオリンピックではベルギーのサッカー代表の監督を務め金メダルを獲得した傍らに、ホッケー選手やテニス選手として競技に出場しており特にホッケーでは銅メダルを獲得している。

また、第二次世界大戦中にはイギリスにおいてベルギー陸軍指揮官中将)を務めていた。

出典編集