メインメニューを開く

御復活のラウレンシオ

ラウレンシオ修士から転送)

御復活のラウレンシオLaurent de la Résurrection1614年-1691年2月12日)は、カルメル会修道士。英名はブラザー・ローレンス(Brother Lawrence)。神の臨在の中に生きた。『神の臨在の実践』『神の現存の体験』の著書で知られる。本名は、ニコラ・ヘルマン(Nicolas Herman)[1]

御復活のラウレンシオ
Brother Lawrence in the kitchen.jpg
ニコラ・ヘルマン
生誕 1614年?月?日
ロレーヌ地域圏の旗ロレーヌ公国(現フランスの旗 フランスロレーヌ州 )ヘリメニル
死没 1691年2月12日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国・パリ
職業 カルメル会修道士

来歴編集

1614年、ニコラ・ヘルマンはフランスロレーヌ州ヘリメニルフランス語版に生まれる。当時ロレーヌ州は戦時下であったためヘルマンも軍人となる。21歳の時、30年戦争でのスウェーデンとの戦いで負傷し、軍職を退く。(1635年8月10日から10月17日の間とされる。)この出来事により、ヘルマンは神に身を捧げることを考えるようになる。1640年パリにある跣足カルメル修道会に入会する。2年間の修練期を経て、1642年8月14日に修道誓願を立てる。ラウレンシオは、料理や靴製造など身分が低い仕事をしながら神の現存を体験した。1691年2月12日の午前9時、フランスのパリで死去(77歳)[2]

ラウレンシオの死去後、彼の信仰に感銘を受けたノアイユ枢機卿代理ヨセフ・ド・ボーフォールが談話と手紙を集めて『神の臨在の実践』を出版した[3]プロテスタントにも影響を与え、ジョン・ウェスレーエイデン・トウザーが紹介した。『神の現存の体験』は複数の言語で出版されている[4]

訳書編集

  • 『敬虔な生涯(ふだんの生活の中におられる神)』 栗原督枝訳、CLC出版、ISBN 9784879374011
  • ラウレンシオ修士『神の現存の体験』 東京女子跣足カルメル会訳、ドン・ボスコ社、新装版第2刷、2016年10月1日。151頁。ISBN 978-4-88626-045-1
  • ブラザー・ローレンス『神の聖前に在る修練』小原妙子訳、教養文庫
  • 『神とともなる霊的生活』

脚注編集

  1. ^ Brother Lawrence of the Resurrection (1614-1691) Boston Carmel
  2. ^ 『神の現存の体験』東京女子跣足カルメル会訳、2016年。3-10頁。
  3. ^ Frère Laurent, sa vie Le Carmel en France
  4. ^ 『神の現存の体験』東京女子跣足カルメル会訳、2016年。11頁。