ラエル・ブレイナード

ラエル・ブレイナード(英: Lael Brainard、1962年1月1日 - )は、アメリカ合衆国連邦準備制度理事会(FRB)の理事。元国際担当財務次官カート・キャンベル国務次官補の妻としても知られ、3人の娘がいる[1]

ラエル・ブレイナード
Lael Brainard
Lael Brainard.jpg
アメリカ合衆国連邦準備制度理事会(FRB)理事
就任
2014年6月16日
個人情報
生誕 (1962-01-01) 1962年1月1日(58歳)
出身校 ウェズリアン大学
ハーバード大学

経歴編集

幼少期は外交官の娘として冷戦終結までドイツポーランドで過ごした[2]1983年ウェズリアン大学卒業。1989年ハーバード大学で経済学博士号取得。1990年から1996年までマサチューセッツ工科大学スローンマネジメントスクール准教授クリントン政権では大統領副補佐官およびG7G8の首脳個人代表を務めた。 2001年から2008年までブルッキングス研究所副所長。2010年から2013年までオバマ政権で国際担当財務次官2014年6月16日から連邦準備制度理事会(FRB)の理事を務める(任期は2026年1月31日まで)[3]

著作編集

  • "Transforming the Development Landscape"(ブルッキングス研究所出版会、2006年)ISBN 978-0815711247
  • "Security by Other Means"(ブルッキングス研究所出版会、2007年)ISBN 978-0815713616
  • "Too Poor For Peace?"(ブルッキングス研究所出版会、2007年、Derek H. Cholletとの共同編集)ISBN 978-0815713753

脚注編集

[脚注の使い方]