メインメニューを開く

本項目ではラオスイスラム教について記述する。

概要編集

内陸国であり、仏教徒が大部分を占める[1]ラオスでは、ムスリムの数が非常に少なく、総人口の0.01%に過ぎない[2]。ムスリムのほとんどは貿易に従事したり、肉屋を経営。

首都ビエンチャンには、2000人程度のムスリムが小規模の共同体を形成[1]。その多くは雲南省出身のムスリムとされるが、タイベトナムとの交易に関わった商人の末裔もいるという[1]クメール・ルージュから逃れた、カンボジア出身のチャム族集落も見られる[3]。ムスリムは主に都市部に住む[4]

関連項目編集

脚注編集