ラーオ語

ラオス語から転送)

ラーオ語(ラーオご、ພາສາລາວ ラオ語ラオス語とも)は、タイ・カダイ語族に属する言語ラオス公用語である。

ラーオ語
ພາສາລາວ (phaasaa laao)
話される国 ラオスの旗 ラオス
地域 東南アジア
話者数 約330万人[1]
言語系統
表記体系 ラーオ文字
公的地位
公用語 ラオスの旗 ラオス
言語コード
ISO 639-1 lo
ISO 639-2 lao
ISO 639-3 lao
テンプレートを表示

概要編集

ラーオ語は、純粋言語学的に言えばタイ語と同一言語の地域変種の関係にあるため、ラーオ語話者とタイ語話者は両言語の共通部分を使うことによってかなりの程度の意思疎通が可能である。ただし、ラオス人の多くがテレビなどのメディアを通じてタイ語を習得し、ラーオ語の中にもタイ語の要素を混ぜている実態があるにもかかわらず、多くの中部 - 南部タイ人がラーオ語を即座に理解するのは困難である。ラオスが独立国家として存在し、ラーオ変種がタイ変種とならぶ国家公用語の地位にあるため、タイ語との差異をいっそう大きくしている[3]

ラーオ語の表記には、タイ文字と起源を共有するが字形の異なるラーオ文字が用いられる。ラーオ語の表記は表音的表記法を用い、語源的表記を用いるタイ語との差異をできるだけ際立たせるようになっている。これは元来ラーオ言語変種の表記が、タイ言語変種の表記よりも表音的で、字母数が少なかったことに由来する[4]

かつてはタイ語と違い語源的表記をしていないことがサンスクリットパーリ語の語彙を保全していないとして、フランス植民地政府側の言語学者により劣等言語の証とされていたが[5]、現在の正書法の基礎を築いた言語学者のターオ・ボンは、タイ語同様語源的表記を行うため、字母の追加を行うべきとする意見を「盲目的にシャム(後のタイ王国)の正書法に事大する必要などない」「純粋に音に従った表記こそ最適」と批判し、字母数の少ない表音的表記を取っていることこそラーオ語の表記がタイ語のそれに対して優越している証と見なした[6]

タイ語とラーオ語は純粋言語学的に言えば同一言語の地域変種であるが、社会言語学的・政治的定義に従えば、両者ともに独立の正書法と、それを支える領域国家の後ろ盾を持っている別言語である。とりわけラオスではタイからの政治的・文化的影響力を遮断し、国家の自立を守るため、意図的にラーオ語のタイ語からの分離を謳うプロパガンダを作り上げてきた歴史がある[7]

「ラーオ」とはラーオ語でラーオ族という意味の単語の発音であり、国名をとってラオス語、またはラオ語のほうがよく使われている。

ラオスでは、現在20 - 30歳代の若い世代[いつ?]でも不就学のためにラオス語の読み書きができない人たちも多い。社会の急激な変化に伴い、日常生活の様々な場面でラオス語教育を必要とするようになっている[8]

方言編集

ラーオ語は、主に以下のような方言を持つ。

このうち特に西ラーオ語はタイ国内のイーサーン(東北タイ)で話されており、ラオス国内で話されるラーオ語に酷似している。ラオス国内ではヴィエンチャン方言が標準語であると見なされているが、ラオス国内の義務教育が完全に一律とは言えず、地方ではこのヴィエンチャン方言を話すことができない場合もある。

また、ラーオ語と比較的似た言語に北タイ語などがある。

ラーオ語と標準タイ語編集

先述したように、ラーオ語と標準タイ語(以下タイ語としたところは標準タイ語を指す)は類似しているが、生活に即した語彙での違いが見られる。たとえば、「田を耕す」という表現をラーオ語では「ヘット (het)(行う)・ナー(田)」と表現するのに対し、タイ語では「タム (tʰam)(作る)・ナー」と表現する。このような場合でも、ラオスでは特にヴィエンチャン付近を中心にタイ語のテレビを見ることができ、またタイでもイーサーン語による演歌、モーラムが全国各地で流れているため、このような単語の違いは実際の会話では些細な違いとして気にされずに済むことが多い。

また、ある語彙が全く別のものを指すという現象もたまに見られる。たとえば「パーアナーマイ」という言葉はそのまま訳せば「衛生布」となり、ラオスでは「トイレット・ペーパー」を意味するが、タイでは「生理用おむつ」を意味する。これは、日本語における「手紙」の言葉が中国語では「トイレット・ペーパー」を意味するのとよく似ている。ちなみにイーサーン語においては、この「パーアナーマイ」という言葉はタイ語の影響を受けて「生理用ナプキン」の意味の方が一般的である。

さらに、外来語の受容にも違いが見られる。タイでは義務教育に英語を導入していたが、ラオスがフランス領インドシナに含まれていた関係からラーオ語の外来語には、タイ語より多くのフランス語の単語が含まれる。たとえば「アイスクリーム」は、タイ語では英語の外来語を用いて「アイサクリーㇺ [ai s kriim](口語ではアイティム [ai tim])」と言われるが、ラーオ語ではフランス語の「クレーム」を借用して「カレーㇺ」という言い方がされる。

逆に、ラーオ語とタイ語のサンスクリットパーリ語からの借用語や古典的な単語は、双方似ていることが多い。

ラーオ語とタイ語の対立編集

先述したように都市部などではタイ語のテレビを見ることができるため、とりわけメコン川流域のラオス人はタイ語を理解できる場合が多い。しかしながら、ラオスでタイ語を話すことは一般的に歓迎されていない。一般家庭でも、子供がタイ語を話すと叱られることが多いという。これはラオスの歴史の中で、長い間ラオスがタイによって属国化されてきたこと、ラオスが山岳地帯であり農業生産がタイに比べて悪く、貧困を招き結果的小タイ族バンコク付近に住んだタイ・ラーオ系民族でタイ語の話者)に差別されてきたことが原因であると指摘されている。しかし、同時に元々の近似性と近年の[いつ?]経済的・政治的関係の増大もあいまって、ラーオ語(ラオス変種)の中には、タイ語(タイ変種)の影響が一層強まっており、口ではタイ語への対抗心を口にしながら、タイ語に影響された語法を用いるラオス人は少なくない[9]

逆にタイでもラーオ語は、「貧困で無教養な田舎者」と言うイメージが相当強く、これを話すとまともに対応してもらえないことも多い。ラオス国内に住むラーオ語を母語とする集団は日常的に差別される可能性は低いが、特にタイ国内に住むイーサーン人はラーオ語の方言(イーサーン語)を母語としていて、イーサーンの土地は農業生産性が低くその多くが貧困を抱えていたが、貧困を抱えるがために教育を受けられず(標準タイ語を話せない)、バンコクに出稼ぎに出てくることも多くあったが、過去にはイーサーン語を話しているだけで有形無形の差別をされるという事例もしばし見られた。これは現在ではタイ政府の義務教育の無料化実施によって改善されたが、現在でも[いつ?]この差別感情が拭い去られたとは言いがたい。

また、外国人が両方の言語を習得する際にはふたつの言語の類似性は有益であるが、次のような注意も必要である。先にタイ語を習得した外国人がラオス国内、または在外のラオス人に対してタイ語で話しかけると、ほとんどの場合はそのまま通じることが多いため、タイ語とラーオ語が酷似しているという錯覚に陥りがちである。これも当然先述のような理由(ラオス人が既習している)からであって、この場合のタイ語はラオス人にとって「方言を理解する」というよりは「理解可能な外国語」のレベルである。その証拠に、理解はできてもタイ語で返答できないというケースがしばしば発生する。ラオス人が(公式には)タイ人との関係をなるべく引き離そうとする傾向があるのに対し、タイ人はラーオ人・ラーオ語に対して密接な関係や同源を主張する(大タイ主義)ことが多いが、実際にはタイ人のラーオ語理解度は、ラーオ人のタイ語理解度よりかなり低い。

文字編集

音韻編集

子音・母音編集

声調編集

文法編集

日本におけるラーオ語研究編集

日本では、ラーオ語の研究はタイ語ほど広く行われていない。国内では、唯一東京外国語大学で専攻することができる。

脚注編集

参考文献編集

  • 矢野順子『国民語が「つくられる」とき: ラオスの言語ナショナリズムとタイ語』風響社〈ブックレット《アジアを学ぼう》11〉、2008年。ISBN 9784894897380
  • 安井清子「文字を持たない人々の口承文化とラオス語教育」『ラオスを知るための60章』(菊池陽子鈴木玲子阿部健一編著)、明石書店、2010年。ISBN 9784750333090

関連項目編集

外部リンク編集