ラカポシ山(ラカポシさん、ウルドゥー語: راکا پوشئ‎)は、パキスタン北部、カラコルム山脈西部にあるラカポシ山脈の主峰である。標高は7,788メートルであり、西北西から東南東に走るカラコルム山脈の西端に近く、ギルギット川支流のフンザ川東岸に位置している。

ラカポシ山
ラカポシ山
標高 7,788 m
所在地  パキスタン
ギルギット・バルティスタン州
位置 北緯36度08分33秒
東経74度29分21秒
座標: 北緯36度08分33秒 東経74度29分21秒
山系 カラコルム山脈
初登頂 1958年
ラカポシ山の位置(パキスタン内)
ラカポシ山
ラカポシ山
ラカポシ山の位置(アジア内)
ラカポシ山
ラカポシ山
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ラカポシ山は、古くから1892年コンウェーをはじめとするカラコルムの先駆的探検家たちに注目されていた。本格的な登山は、1938年に北西稜を登路として行われたが、約6000メートルに達したに過ぎなかった。1947年1954年1956年に南西側の登攀から試みられ、1958年6月イギリスパキスタンの合同登山隊が初登頂に成功した。

山名はこの地方の伝説上の人物にちなみ「ラカの物見台」を意味するといわれ、また「雲の首飾」の意のドゥマニ (Dumani) の名で呼ばれることもある。