ラガマフィン

ラガマフィン音楽Raggamuffin music)は、レゲエの1ジャンル、またはダンスホール・レゲエの1ジャンルである。ラガRagga)とも呼ばれる。

音楽的には電子音楽的な要素で構成されており、サンプリングの手法も頻繁に用いられる。1985年に、キング・ジャミーカシオシンセサイザーを用いて、ウェイン・スミスの「Under Me Sleng Teng」のプロデュースを行った。これがラガの歴史において、重要な契機であったと言われている。「Sleng Teng」をきっかけとして、ジャミーが大きな人気を集めることになったので、他のプロデューサーたちも様々な歌手と共にオリジナルのリディムを発表していった。ラガはダンスホール・レゲエと同じジャンルであると見なされることがあるが、しかし厳密には異なるジャンルである。ラガ音楽では、歌手がリディムにのせて歌うのではなく、DJたちがリディムにのせて語ることが多い。ラガという言葉がジャマイカで用いられることは少ない。逆に、ヨーロッパアメリカでは、ダンスホールという言葉よりも、ラガと言う言葉が一般的である。

ラガの起源編集

ジャマイカでラガが生まれたのきたのは、西洋社会全体で電子音楽の人気が高まってきたのと時を同じくする現象である。1990年代、電子音楽の人気が急激に高まり、ラガもその例外ではなかった。ラガがレゲエの世界に革命を起こしたのである。ラガが急激に普及していった背景には、伝統的な楽器を使って製作されるレゲエと比べ、製作が容易であり、制作費が安価であると言う点が挙げられる。ラガはまずジャマイカで発達し、ヨーロッパ、北アメリカアフリカ大陸へと伝播していき、そしてさらには日本インドなどの他の国々へと拡がっていった。ラガは、ラガは初期のジャングル音楽に影響を及ぼし、さらにバングラと結びつき、バングラガ・スタイルを生み出した。ジャングルは、ラガのテーマやアーティストたちから大きな影響を受けており、実際数多くのラガ歌手たちがジャングルの作品に登場した。初期のジャングル音楽は、ラガの低音部のリズムや歌い方にルーツを持っていると考えられていたのも不思議ではほど、両者の結びつきが強かったのである。1990年代には、ラガとブレイク・コアと呼ばれる2つのジャンルの音楽が、アングラシーンで出会い、ラガ・コアと呼ばれるジャンルが誕生した。ラガは大きな人気を集めながら、次々と進化を遂げ、現代レゲエ音楽の中心ジャンルとなっている。

レゲエとヒップホップ編集

1980年代終わり、ジャマイカ人大御所ラッパーのダディ・フレディは、ラガとヒップホップを融合させようと試みた結果、世界的な名声を獲得していく。その努力は、ラガを世界中に普及させていくことにもなった(1987年のダディ・フレディとアッシャーDの「ラガマフィン・ヒップホップ」は、タイトルに「ラガ」という名前が冠せられた初めての世界的なシングル曲である)。ラガが成熟していくにつれ、ダンスホールのアーティストたちの中には、ヒップホップの様式を取り入れる者たちが増えていった。その逆に、ラガ音楽もヒップホップに影響を及ぼすようになっていった。レゲエのアーティストたちの中には、ヒップホップの感性を取り入れていくことは、ダンスホール音楽が国際的な競争力を育んでいくために重要であると考えている者たちもいる。英語を話す国々のR&Bヒップホップのファンたちからの支持を集めようとしてきた努力の結果、ビーニー・マンシャギースノーヴァイブス・カーテルなど、数々のラガ音楽系アーティストたちが、世界的な成功を収めていたのは事実である。

一方、ヒップホップの側からラガマフィンを取り入れたのは、KRS・ワン(及び彼が在籍していたブギーダウン・プロダクションズ)であると彼自身が曲中で主張している。

関連項目編集