メインメニューを開く

ラクスル株式会社英称:RAKSUL INC.)は、インターネットによる印刷・広告のシェアリングプラットフォーム「ラクスル」や物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」を運営する日本の企業。

ラクスル株式会社
RAKSUL INC.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4384
2018年5月31日上場
本社所在地 日本の旗 日本
141-0021
東京都品川区上大崎二丁目24番9号
アイケイビル1F
北緯35度40分5.6秒 東経139度44分58.5秒 / 北緯35.668222度 東経139.749583度 / 35.668222; 139.749583座標: 北緯35度40分5.6秒 東経139度44分58.5秒 / 北緯35.668222度 東経139.749583度 / 35.668222; 139.749583
設立 2009年(平成21年)9月1日
業種 情報・通信業
法人番号 9010401089631 ウィキデータを編集
事業内容 印刷事業・運送事業
代表者 松本恭攝
資本金 19億5,845万3千円
(2019年7月31日現在)
発行済株式総数 2,780万5,200株
(2019年7月31日現在)
売上高 171億69百万円(2019年7月期)[1]
営業利益 1億44百万円(2019年7月期)
経常利益 1億30百万円(2019年7月期)
純利益 70百万円(2019年7月期)
純資産 68億10百万円
(2019年7月31日現在)
総資産 92億46百万円
(2019年7月31日現在)
従業員数 262人(2019年7月31日現在)
決算期 7月31日
主要株主 松本恭攝 17.74%
(株)オプトホールディング 17.16%
外部リンク https://corp.raksul.com/
テンプレートを表示

概要編集

企業の遊休資産を利用する、いわゆるシェアリングエコノミーの手法により、「ラクスル」では印刷機の非稼動時間を、「ハコベル」では運送会社の空き時間を、それぞれ活用することで低廉な価格を実現している。とくに「ラクスル」では、印刷機の稼働率が4割程度であることに着目し、これを利用することで自社の印刷工場を持つ必要がなく、コストを削減できているとする。社長の松本恭攝ミスミの「持たざる経営」を参考にしたと語っている[2]

2015年には米Red Herring(en)誌による世界で最も革新的なテクノロジー・ベンチャー企業100社を選出するアワード[要出典]「2015 Red Herring Top Global 100」に選ばれた[3]

2018年5月31日には東京証券取引所マザーズ市場に上場した。

沿革編集

  • 2009年(平成21年)9月 - 東京都新宿区にてラクスル株式会社を設立
  • 2010年(平成22年)4月 - 印刷通販の価格比較サービスサイト「印刷比較.com」の運営を開始
  • 2010年(平成22年)9月 - 「印刷比較.com」を「ラクスル」に名前変更・サイトリニューアル
  • 2014年(平成26年)7月 - テレビCMの放送を開始
  • 2015年(平成27年)10月 - シンガポールに100%子会社であるRAKSUL INTERNATIONAL PTE. LTD.を設立
  • 2015年(平成27年)12月 - 物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」を開始
  • 2018年(平成30年)5月 - 東京証券取引所マザーズに上場
  • 2019年(令和元年)8月 - 東京証券取引所第1部に市場変更

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 第10期有価証券報告書
  2. ^ 10億円ビジネスの秘密は印刷機の「仮想化」”. アスキーPC. 2018年9月29日閲覧。
  3. ^ 2015 Top 100 Global: Winners — Red Herring”. 2018年9月29日閲覧。

外部リンク編集

  • raksul.com - 「ラクスル」のサービスサイト
  • hacobell.com - 「ハコベル」のサービスサイト