ラクレット

ラクレット(フランス語:raclette)は

  1. スイスおよびフランスサヴォア地方の料理の名。
  2. 1.に用いられる牛の乳を用いたチーズの一種。

目次

料理編集

ラクレットとはフランス語で「削るもの」「引っかくもの」を意味する。チーズの断面を直火で温め、溶けたところをナイフなどで削いでジャガイモなどに絡めて食べることから、この名が付いた。ヴァレー州を中心としたスイス全土、スイス国境に近いフランスサヴォア地方などの伝統料理の1つである。テレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」で暖炉にかざしてチーズを溶かして食べる食事場面のメニューとして登場している[1][2]

チーズにはラクレットチーズ(後述)やグリュイエールチーズなどが使われ、ピクルスなどを付け合わせにする。家庭でラクレットを食べる場合は、ラクレットグリルを用いることも出来る。

チーズ編集

ラクレットは、牛乳から作られるハードチーズの一種である。

脚注編集

  1. ^ ラクレット”. チーズクラブ. 雪印メグミルク. 2015年12月17日閲覧。
  2. ^ 【料理と酒】ハイジでお馴染み グリル野菜とラクレットチーズ”. 産経ニュース (2015年9月30日). 2015年12月17日閲覧。

外部リンク編集

ギャラリー編集