ラグビーアイルランド代表

ラグビーユニオン競技のアイルランド共和国及び北アイルランドの代表チーム

ラグビーアイルランド代表(ラグビーアイルランドだいひょう、英語: Ireland national rugby union team)は、アイルランドラグビー協会 (IRFU) によって組織されるラグビーユニオンナショナルチームである。なお、アイルランドが南北に分かれる以前からIRFUが存在していたため、アイルランド共和国および北アイルランドから選手が選出される。エンブレムはシャムロック

ラグビーアイルランド代表
ユニオン アイルランドラグビー協会
エンブレム シャムロック
ヘッドコーチ アンディ・ファレル
主将 ピーター・オマホニー
最多キャップ ブライアン・オドリスコル (133)
最多得点選手 ローナン・オガーラ (1,083)
最多トライ選手 ブライアン・オドリスコル (46)
ファースト
ジャージ
セカンド
ジャージ
初国際試合
 イングランド 7–0 アイルランド 
(1875年2月15日)
最大差勝利試合
 アメリカ合衆国 3–83 アイルランド 
(2000年6月10日)
最大差敗戦試合
 ニュージーランド 60–0 アイルランド 
(2012年6月23日)
ラグビーワールドカップ
出場回数 10 (1987年初出場)
最高成績 ベスト8
テンプレートを表示
クローク・パークで行われたアイルランド対イングランド戦(2007年2月24日)

概要 編集

 
アイルランドラグビー協会の旗。中心に白のフィールドにシャムロックのエンブレム。その周りに左上から時計回りにアルスターレンスターコノートマンスターの4地域の紋章。
 
アイルランド共和国の国旗(上)と北アイルランドを含むアルスター地方の旗(アルスター・バナー、下)。ラグビーワールドカップにおいては場内掲示や入場時などで併用される。

初のテストマッチ1875年2月15日イングランド戦。

ホームスタジアムはアビバ・スタジアム。同スタジアムが改修中の時期は、ゲーリック体育協会 (GAA) が所有するクローク・パークを一時的に使用していた。練習場はダブリン郊外のナショナルスポーツキャンパス英語版である。

W杯の最高成績はベスト8。

シックス・ネイションズを構成しており、また、南半球強豪国への遠征用の、イングランドスコットランドウェールズとの合同チーム「ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ」も結成している。

試合開始前の国歌斉唱ではアイルランド共和国の国歌「兵士の歌アイルランド語: Amhrán na bhFiann)」を使用していたが、北アイルランド問題などを背景に士気に影響するため、1995年W杯を機に、ラグビーナショナルチーム用のチーム歌「アイルランズ・コール英語: Ireland's Call)」が作られた。共和国内で開催するホームゲームでは国歌「兵士の歌」と「アイルランズ・コール」の両方を、アウェイゲームでは「アイルランズ・コール」のみを使用している。

選手層が薄いためか、展開力が弱く、上位チームとの対戦では優れたプレースキッカーによる得点で対戦相手に肉薄する。ひたむきなタックルでトライを目指す姿は「魂のラグビー」と評される。2007年のシックス・ネイションズでは優勝候補に挙げられながらも、ホームのフランス戦で終了間際にヴァンサン・クレールに逆転トライを許し、2位に甘んじた。

2007年W杯ではブライアン・オドリスコルなどの選手を中心に上位進出が期待されたが、1次リーグでフランスとアルゼンチンに敗れ、ベスト8に進出することはできなかった。

2009年のシックス・ネイションズにおいて、1985年以来24年ぶりの優勝を果たし、1948年以来61年ぶりとなるグランドスラムを飾った。

2011年W杯はオーストラリアなどを破り、プール戦全勝で準々決勝に進出したが、ウェールズに敗れた。

2015年W杯はフランスなどを破り、プール戦全勝で準々決勝に進出したが、アルゼンチンに敗れた。

2016年11月6日、アメリカ・シカゴで行われたニュージーランドとのテストマッチを40-29で勝利した。1905年の初対戦から数えて29回目して初のニュージーランド戦勝利となった[1]

2018年のシックス・ネイションズで、2009年以来の優勝とグランドスラムを達成。11月18日にダブリンでニュージーランドをノートライに抑え、16-9で勝利した[2]

2019年W杯直前の9月7日に行われたウェールズとのテストマッチに19-10で勝利。この結果、9月9日付でアイルランド代表史上初めて世界ランキング1位の座に就いた[3]。2019年W杯では2戦目でホスト国の日本に敗れたが、プール戦3勝1敗の2位で準々決勝に進出。準々決勝ではニュージーランドに14-46で敗れ、今大会でもベスト8の壁を破ることはできなかった。

2021年オータムネーションズシリーズにおいて、11月6日に 9トライを重ね60-5で日本を倒し[4]、11月13日には29-20でニュージーランドを3年ぶりに破り[5]、ホームグラウンドで連勝した。

2023年3月18日、シックス・ネーションズ2023最終戦でイングランドを29-16で下し、5年ぶり4度目の全勝優勝「グランドスラム」となった[6]

成績 編集

シックス・ネイションズ 編集

2024年3月17日現在

   
イングランド
 
フランス
 
アイルランド
 
イタリア
 
スコットランド
 
ウェールズ
試合数 130 97 132 27 132 132
単独優勝 (カッコ内は同時優勝)
ホーム・ネイションズ 5 (4) N/A 4 (4) N/A 10 (3) 7 (4)
ファイブ・ネイションズ 17 (6) 12 (8) 6 (5) N/A 5 (6) 15 (8)
シックス・ネイションズ 7 6 6 0 0 6
合計 29 (10) 18 (8) 16 (9) 0 (0) 15 (9) 28 (12)
グランドスラム(全勝優勝)
ホーム・ネイションズ 0 N/A 0 N/A 0 2
ファイブ・ネイションズ 11 6 1 N/A 3 6
シックス・ネイションズ 2 4 3 0 0 4
合計 14 10 4 0 3 12
トリプルクラウン英語版(ホーム・ネーションズ(英4か国)中での全勝)
ホーム・ネイションズ 5 N/A 2 N/A 7 6
ファイブ・ネイションズ 16 N/A 4 N/A 3 11
シックス・ネイションズ 5 N/A 7 N/A 0 5
合計 26 N/A 13 N/A 10 22
ウドゥン・スプーン(最下位チーム賞)
ホーム・ネイションズ 7 N/A 10 N/A 5 6
ファイブ・ネイションズ 10 12 15 N/A 15 10
シックス・ネイションズ 0 1 0 17 4 1
合計 17 13 25 18 24 17

ラグビーワールドカップ 編集

選手 編集

現在の代表 編集

2024年シックス・ネイションズ・チャンピオンシップ・・アイルランド代表スコッド[7]

選手 ポジション 誕生日 (年齢) キャップ チーム
ローナン・ケラハー フッカー (1998-01-24) 1998年1月24日(26歳) 26   レンスター
ダン・シーハン フッカー (1998-09-17) 1998年9月17日(25歳) 21   レンスター
トム・スチュワート英語版 フッカー (2001-01-11) 2001年1月11日(23歳) 2   アルスター
フィンレイ・ビーラム プロップ (1991-10-09) 1991年10月9日(32歳) 36   コナート
タイグ・ファーロング プロップ (1992-11-14) 1992年11月14日(31歳) 72   レンスター
キアン・ヒーリー プロップ (1987-10-07) 1987年10月7日(36歳) 125   レンスター
ジェレミー・ラフマン プロップ (1995-07-22) 1995年7月22日(28歳) 4   マンスター
トム・オトゥール プロップ (1998-09-23) 1998年9月23日(25歳) 12   アルスター
アンドリュー・ポーター プロップ (1996-01-16) 1996年1月16日(28歳) 59   レンスター
ライアン・ベアード ロック (1999-07-26) 1999年7月26日(24歳) 15   レンスター
タイグ・バーン ロック (1992-01-08) 1992年1月8日(32歳) 46   マンスター
イアン・ヘンダーソン ロック (1992-02-21) 1992年2月21日(32歳) 79   アルスター
ジョー・マッカーシー ロック (2001-03-26) 2001年3月26日(23歳) 5   レンスター
ジェームズ・ライアン ロック (1996-07-24) 1996年7月24日(27歳) 59   レンスター
ジャック・コナン バックロー (1992-07-29) 1992年7月29日(31歳) 41   レンスター
カエラン・ドリス バックロー (1998-04-02) 1998年4月2日(26歳) 36   レンスター
ピーター・オマホニー( ) バックロー (1989-09-17) 1989年9月17日(34歳) 101   マンスター
ニック・ティモニー バックロー (1995-08-01) 1995年8月1日(28歳) 3   アルスター
ジョシュ・ファンダーフリーアー バックロー (1993-04-25) 1993年4月25日(31歳) 57   レンスター
クレイグ・ケーシー スクラムハーフ (1999-04-19) 1999年4月19日(25歳) 13   マンスター
ジャミソン・ギブソン=パーク スクラムハーフ (1992-02-23) 1992年2月23日(32歳) 30   レンスター
コナー・マレー スクラムハーフ (1989-04-20) 1989年4月20日(35歳) 112   マンスター
ハリー・バーン英語版 フライハーフ (1999-04-22) 1999年4月22日(25歳) 2   レンスター
ジャック・クロウリー フライハーフ (2000-01-13) 2000年1月13日(24歳) 9   マンスター
キアラン・フローリー英語版 フライハーフ (1997-12-04) 1997年12月4日(26歳) 1   レンスター
バンディー・アキ センター (1990-04-07) 1990年4月7日(34歳) 52   コナート
ロビー・ヘンショー センター (1993-06-12) 1993年6月12日(30歳) 67   レンスター
スチュアート・マクロスキー センター (1992-08-06) 1992年8月6日(31歳) 15   アルスター
ギャリー・リングローズ センター (1995-01-26) 1995年1月26日(29歳) 57   レンスター
ジョーダン・ラーマー ウイング (1997-06-10) 1997年6月10日(26歳) 30   レンスター
ジェームズ・ロウ ウイング (1992-07-08) 1992年7月8日(31歳) 26   レンスター
カルビン・ナッシュ英語版 ウイング (1997-08-08) 1997年8月8日(26歳) 1   マンスター
ジェイコブ・ストックデイル ウイング (1996-04-03) 1996年4月3日(28歳) 37   アルスター
ヒューゴ・キーナン フルバック (1996-06-18) 1996年6月18日(27歳) 36   レンスター

※所属、 キャップ数(Cap)は2024年1月28日現在

かつての主な選手 編集

ワールドラグビー男子ランキング 編集

ワールドラグビーが発表するデータにもとづく。


ワールドラグビー男子ランキング
上位30チーム(2024年5月6日時点)[8]
順位 変動* チーム ポイント
1     南アフリカ共和国 094.54
2     アイルランド 090.69
3     ニュージーランド 089.80
4     フランス 087.92
5     イングランド 085.75
6     スコットランド 082.82
7     アルゼンチン 080.68
8     イタリア 079.41
9     オーストラリア 077.48
10     ウェールズ 077.26
11     フィジー 076.38
12     日本 074.27
13     ジョージア 074.02
14     サモア 072.23
15     トンガ 071.57
16     ポルトガル 070.28
17     ウルグアイ 067.94
18     アメリカ合衆国 067.39
19     スペイン 064.37
20     ルーマニア 061.66
21     カナダ 060.90
22     ナミビア 060.56
23     チリ 060.49
24     香港 059.80
25     ロシア 058.06
26     スイス 057.44
27     オランダ 057.29
28     ベルギー 055.89
29     ブラジル 055.37
30     韓国 053.46
*前週からの変動
アイルランドのランキングの推移

生のグラフデータを参照/編集してください.

出典: ワールドラグビー[8]
推移グラフの最終更新: 2024年5月6日


脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集