ラグビーアメリカ合衆国代表

ラグビーユニオン競技のアメリカ合衆国代表チーム

ラグビーアメリカ合衆国代表英語: United States national rugby union team)はUSAラグビー(アメリカ合衆国ラグビー協会)によるラグビーユニオンナショナルチームである。愛称はイーグルス。

ラグビーアメリカ合衆国代表
ユニオン USAラグビー
愛称 イーグルス
エンブレム ハクトウワシ
コーチ マイク・トルキン
主将 ブレイン・スカリー
最多キャップ トッド・クレバー (76)
最多得点選手 Mike Hercus (465)
最多トライ選手 Vaea Anitoni (26)
ファーストカラー
セカンドカラー
初国際試合
 アメリカ合衆国 8 – 12 オーストラリア 
(1912/11/16)
最大差勝利試合
 アメリカ合衆国 91 – 0 バルバドス 
(2006/7/1)
最大差敗戦試合
 イングランド 106 – 8 アメリカ合衆国 
(1999/8/21)
ラグビーワールドカップ
出場回数 8 (1987年初出場)
最高成績 プール戦敗退
公式サイト
www.usarugby.org
テンプレートを表示

概要編集

アメリカ合衆国ではアメリカンフットボールの人気が高く、ラグビーはマイナースポーツとして扱われている。選手の多くはアメリカンフットボール経験者で、アメフトなどのスポーツで結果を残せずにラグビーに転向した人物が少なくない。第43代アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュが学生時代に野球を挫折した後「マイナースポーツだからレギュラーを取りやすい」と言う理由でラグビーに転向した逸話がある。伝統的なライバルチームはカナダ代表である。

ラグビーワールドカップ2019年大会までの9大会中、予選敗退した1995年大会を除く8大会に出場しているが、全て予選プールで敗退している。過去に3勝しており、1987年と2003年は日本代表、2011年はロシア代表からあげた。

なお、近代オリンピックではアントワープオリンピック1920年)とパリオリンピック(1924年)の2大会連続で金メダルを獲得している。ラグビーは1924年限りでオリンピックより除外されたためオリンピックラグビー(15人制)最後の金メダリストとなっている。

ワールドカップの成績編集

  • 1987年 - プール戦敗退(1勝2敗)
  • 1991年 - プール戦敗退(3敗)
  • 1995年 - 地区予選敗退
  • 1999年 - プール戦敗退(3敗)
  • 2003年 - プール戦敗退(1勝3敗)
  • 2007年 - プール戦敗退(4敗)
  • 2011年 - プール戦敗退(1勝3敗)
  • 2015年 - プール戦敗退(4敗)
  • 2019年 - プール戦敗退(4敗)

ワールドラグビー男子ランキング編集

ワールドラグビーが発表するデータにもとづく。

上位30チーム(2022年8月8日時点)[1]
順位 変動* チーム ポイント
1     アイルランド 090.03
2     フランス 089.41
2  1   南アフリカ共和国 089.41
4  1   イングランド 086.25
5  1   ニュージーランド 086.13
6     オーストラリア 083.30
7     スコットランド 081.93
8     ウェールズ 081.28
9     アルゼンチン 079.32
10     日本 077.74
11     サモア 075.75
12     フィジー 075.08
13     ジョージア 074.51
14     イタリア 073.29
15     スペイン 069.27
16     トンガ 067.79
17     ルーマニア 066.33
18     ウルグアイ 065.97
19     アメリカ合衆国 065.17
20     ポルトガル 065.08
21     チリ 061.24
22     香港 061.03
23     カナダ 060.99
24     ナミビア 060.56
25     ロシア 058.06
26     ベルギー 055.97
27     オランダ 053.69
28     ブラジル 053.31
29     ポーランド 053.03
30     ドイツ 052.79
*前週からの変動
アメリカ合衆国のランキングの推移

生のグラフデータを参照/編集してください.

出典: ワールドラグビー[1] - 推移グラフの最終更新: 2022年8月8日


関連項目編集

外部リンク編集

  1. ^ a b Men's World Rankings”. ワールドラグビー. 2022年8月8日閲覧。