ラグビーイングランド代表

ラグビーユニオン競技のイングランド代表チーム

ラグビーイングランド代表(ラグビーイングランドだいひょう)は、ラグビー・フットボール・ユニオンにより組織される、イングランドラグビーユニオンナショナルチームである。エンブレムは薔薇

ラグビーイングランド代表
ユニオン ラグビー・フットボール・ユニオン
エンブレム 真紅の薔薇
グラウンド トゥイッケナム・スタジアム
コーチ オーストラリアの旗 エディー・ジョーンズ
主将 イングランドの旗 オーウェン・ファレル
最多キャップ ジェイソン・レナード (114)
最多得点選手 ジョニー・ウィルキンソン (1246)
最多トライ選手 ローリー・アンダーウッド (49)
チームカラー
チェンジカラー
初国際試合
 スコットランド 1–0 イングランド 
(1871年3月27日)
最大差勝利試合
 イングランド 134–0 ルーマニア 
(2001年11月17日)
最大差敗戦試合
 オーストラリア 76–0 イングランド 
(1998年6月6日)
ラグビーワールドカップ
出場回数 10 (1987年初出場)
最高成績 優勝 (2003)
テンプレートを表示

概要編集

1871年にスコットランドと最古のテストマッチが行われ、現在はスコットランド・ウェールズアイルランドフランスイタリアとともにシックス・ネイションズを形成。北半球における最強国の一つとなっている。フランスの華麗なパス回し(=シャンパン・ラグビー)と比較され、キックに偏りすぎとも評される堅実な試合運びが特徴である[要出典]

ホームスタジアムはロンドン郊外のトゥイッケナム、練習場はロンドン西部のペニーヒルパークホテル英語版である。

1991年ワールドカップでは、カーリング、ガスコット、アンダーウッドら多彩なバックス陣を擁しながらも、決勝まではSOアンドリューのキックによるアップアンドアンダーに徹し、内外から批判を浴びた。しかしその戦法によって勝ちあがると、トゥイッケナムで行われた決勝では突如としてバックスに回す展開ラグビーを披露したもののオーストラリアに6-12で惜敗し、地元優勝はできなかった。

ラグビーワールドカップ2003で念願の北半球で初めての優勝を果たした。決勝の相手は、12年前の決勝で敗れたそのオーストラリアであったが、延長戦でスタンドオフジョニー・ウィルキンソンドロップゴールを決め、20-17で相手の地元優勝をも阻止し、12年前の汚名をようやく返上した。

地元開催のラグビーワールドカップ2015では初戦のフィジー戦には勝利したが、ウェールズには惜敗、オーストラリアには大敗を喫するなどイングランド、さらには開催国として初のプール戦敗退という屈辱を受けることとなった。

ラグビーワールドカップ2019ではプール戦を3勝1分の1位で通過(フランス戦のみ台風19号の影響で中止)。準決勝では前回王者のニュージーランドを19-7で破り、イングランドとしては2007年から3大会・12年ぶりの決勝進出を果たした。決勝では南アフリカ共和国に12-32で敗れ準優勝に終わった。

なお、A代表は「サクソンズSaxons)」の愛称を持つ。チャーチルカップに参加している。

ワールドカップの成績編集

選手編集

現在の代表編集

[1] イングランド代表スコッド

※所属、 キャップ数(Cap)は2020年10月20日現在

歴代代表選手編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ England RugbyのTwitter 2020年10月20日 . Twitter. 2020年10月20日閲覧。
  2. ^ イングランドに罰金=「ハカ」対抗で違反行為-ラグビーW杯”. 時事通信 (2019年10月30日). 2019年10月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集