ラグビーウェールズ代表

ラグビーユニオン競技のウェールズ代表チーム

ラグビーウェールズ代表 (ラグビーウェールズだいひょう、ウェールズ語: Tîm rygbi'r undeb cenedlaethol Cymru, : Wales national rugby union team) は、ウェールズラグビー協会 (en:Welsh Rugby Union)が組織するラグビーユニオンナショナルチームである。愛称は「レッドドラゴンズ」(Red Dragons)。 エンブレムはスリーフェザーズ(三枚の羽根)。

ラグビーウェールズ代表
ユニオン ウェールズラグビー協会
愛称 レッドドラゴンズ
エンブレム プリンス・オブ・ウェールズの羽根
グラウンド ミレニアム・スタジアム
収容人数 74,500
コーチ ニュージーランドの旗 ウェイン・ピヴァック
主将 アラン・ウィン・ジョーンズ
最多キャップ アラン・ウィン・ジョーンズ (150)
最多得点選手 ニール・ジェンキンス (1,049)
最多トライ選手 シェーン・ウィリアムス (58)
ファーストカラー
セカンドカラー
初国際試合
 イングランド 8 – 0 ウェールズ 
(1881/2/19)
最大差勝利試合
 ウェールズ 98 – 0 日本 
(2004/11/26)
最大差敗戦試合
 南アフリカ共和国 96 – 13 ウェールズ 
(1998/6/27)
ラグビーワールドカップ
出場回数 10 (1987年初出場)
最高成績 3位, 1987
テンプレートを表示

概要編集

1881年に初のテストマッチ(対イングランド)を戦った。

シックス・ネイションズの一つであり、ホーム・ネイションズによる合同チームである「ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ」にも参加している。ホームスタジアムはミレニアム・スタジアムホームユニオンのチームの中では素早く展開するラグビーを得意としている。

W杯での成績は1987年の3位が最高。1970年代は'ゴールデンエイジ(黄金時代)'と呼ばれ 、ガレス・エドワーズ、バリー・ジョン、フィル・ベネット、J・P・R・ウィリアムズなどのスター選手を擁したが、プロ化による選手の流出がいち早く進んだ結果、W杯では低迷が続いていた。ラグビーワールドカップ1999開催を機に再び強化に乗り出し、2005年、2008年にシックス・ネイションズにおいてグランドスラムを達成した。

愛称編集

フランスではウェールズ代表は解説者によってしばしば「Diables Rouges」(赤い悪魔)と呼ばれる。その起源は不明だが、この称号は現在慣習化しており、映像メディアで広く使われている。しかし、「赤い悪魔」という愛称はいくつかのスポーツチーム(主にサッカーのマンチェスター・ユナイテッドベルギー代表)に対して使われる。この愛称はイギリスのメディアでは広く使われていないが、時に目にすることもある[1]。英語圏や日本のメディアでは「レッドドラゴンズ」(赤い竜)という語句が使われる[2]

成績編集

シックス・ネイションズ編集

   
イングランド
 
フランス
 
アイルランド
 
イタリア
 
スコットランド
 
ウェールズ
試合数 125 92 127 22 127 127
単独優勝 (同時優勝)
ホーム・ネイションズ 5 (4) N/A 4 (3) N/A 9 (2) 7 (3)
ファイブ・ネイションズ 17 (6) 12 (8) 6 (5) N/A 5 (6) 15 (8)
シックス・ネイションズ 7 6 4 0 0 6
合計 29 (10) 18 (8) 14 (8) 0 (0) 14 (8) 28 (11)
グランドスラム英語版
ホーム・ネイションズ 0 N/A 0 N/A 0 2
ファイブ・ネイションズ 11 6 1 N/A 3 6
シックス・ネイションズ 2 4 2 0 0 4
合計 13 10 3 0 3 12
トリプルクラウン英語版
ホーム・ネイションズ 5 N/A 2 N/A 7 6
ファイブ・ネイションズ 16 N/A 4 N/A 3 11
シックス・ネイションズ 5 N/A 6 N/A 0 5
合計 26 N/A 12 N/A 10 22
ウッデン・スプーン
ホーム・ネイションズ 7 N/A 10 N/A 5 2
ファイブ・ネイションズ 10 9 15 N/A 15 6
シックス・ネイションズ 0 1 0 17 4 1
合計 17 10 25 17 24 9

ラグビーワールドカップ編集

選手編集

現在の代表編集

ウェールズ代表スコッド[3]

※所属、 キャップ数(Cap)は2022年6月14日現在

ワールドラグビー男子ランキング編集

ワールドラグビーが発表するデータにもとづく。

上位30チーム(2022年8月15日時点)[4]
順位 変動* チーム ポイント
1     アイルランド 090.03
2     フランス 089.41
3     南アフリカ共和国 087.78
4  1   ニュージーランド 087.76
5  1   イングランド 086.25
6  1   スコットランド 081.93
7  1   オーストラリア 081.65
8     ウェールズ 081.28
9     アルゼンチン 080.97
10     日本 077.74
11     サモア 075.75
12     フィジー 075.08
13     ジョージア 074.51
14     イタリア 073.29
15     スペイン 069.27
16     トンガ 067.79
17     ルーマニア 066.33
18     ウルグアイ 065.97
19     アメリカ合衆国 065.17
20     ポルトガル 065.08
21     チリ 061.24
22     香港 061.03
23     カナダ 060.99
24     ナミビア 060.56
25     ロシア 058.06
26     ベルギー 055.97
27     オランダ 053.69
28     ブラジル 053.31
29     ポーランド 053.03
30     ドイツ 052.79
*前週からの変動
ウェールズのランキングの推移

生のグラフデータを参照/編集してください.

出典: ワールドラグビー[4] - 推移グラフの最終更新: 2022年8月15日


その他の記録編集

脚注編集

  1. ^ WALES TOUR of SOUTH AFRICA 1964”. 2019年11月1日閲覧。
  2. ^ Rugby World Cup limited. “クラシックマッチ:ウェールズ対南アフリカ”. 2019年11月1日閲覧。
  3. ^ Uncapped pair Tommy Reffell and James Ratti named by Wales for South Africa trip . BBC SPORTS(2022年5月18日). 2022年6月14日閲覧。
  4. ^ a b Men's World Rankings”. ワールドラグビー. 2022年8月15日閲覧。
  5. ^ ◇サントリーが偉大な歴史を作った◇  - 大野晃のラグビー通信 第20号 2001年6月4日付

関連項目編集

外部リンク編集