ラグビーサモア代表

ラグビーユニオン競技のサモア代表チーム

ラグビーサモア代表は、サモアラグビー協会によるラグビーユニオンのナショナルチームである。愛称は「マヌ・サモア」 (Manu Samoa) である。1997年途中までは、ラグビー西サモア代表として活動していた。

ラグビーサモア代表
ユニオン サモアラグビー協会
愛称 マヌ・サモア
エンブレム 南十字星
グラウンド アピアパーク
コーチ セイララ・マプスア
主将 ジャック・タファ・ラム
最多キャップ ブライアン・リマ (67)
最多得点選手 トゥシ・ピシ (245)
最多トライ選手 ブライアン・リマ (31)
ファーストカラー
セカンドカラー
初国際試合
 西サモア 0 – 6 フィジー 
(1924年8月18日)
最大差勝利試合
 サモア 115 – 7 パプアニューギニア 
(2009年7月11日)
最大差敗戦試合
 ニュージーランド 101 – 14 サモア 
(2008年9月3日)
ラグビーワールドカップ
出場回数 8 (1991年初出場)
最高成績 ベスト8, 1991, 1995
テンプレートを表示

概要編集

フィジートンガとともにパシフィック・トライネイションズを形成していた。

ワールドカップ1991年大会以来連続で出場しており、ベスト8が最高。

パシフィック・トライネイションズ1982年の第1回と最後の大会となった2005年など9回優勝している。

2006年からパシフィック・ネーションズカップに参加している。

ウォークライはシヴァタウ

ワールドカップの成績編集

選手編集

現在の代表編集

サモア代表スコッド[1]

※所属、 キャップ数(Cap)は2022年6月12日現在

歴代の主な代表選手編集

ワールドラグビー男子ランキング編集

ワールドラグビーが発表するデータにもとづく。

上位30チーム(2022年8月8日時点)[2]
順位 変動* チーム ポイント
1     アイルランド 090.03
2     フランス 089.41
2  1   南アフリカ共和国 089.41
4  1   イングランド 086.25
5  1   ニュージーランド 086.13
6     オーストラリア 083.30
7     スコットランド 081.93
8     ウェールズ 081.28
9     アルゼンチン 079.32
10     日本 077.74
11     サモア 075.75
12     フィジー 075.08
13     ジョージア 074.51
14     イタリア 073.29
15     スペイン 069.27
16     トンガ 067.79
17     ルーマニア 066.33
18     ウルグアイ 065.97
19     アメリカ合衆国 065.17
20     ポルトガル 065.08
21     チリ 061.24
22     香港 061.03
23     カナダ 060.99
24     ナミビア 060.56
25     ロシア 058.06
26     ベルギー 055.97
27     オランダ 053.69
28     ブラジル 053.31
29     ポーランド 053.03
30     ドイツ 052.79
*前週からの変動
サモアのランキングの推移

生のグラフデータを参照/編集してください.

出典: ワールドラグビー[2] - 推移グラフの最終更新: 2022年8月8日


出典編集

  1. ^ Twelve players to debut for Manu Samoa at Pacific Nations Cup . RNZ(2022年6月5日). 2022年6月12日閲覧。
  2. ^ a b Men's World Rankings”. ワールドラグビー. 2022年8月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集