ラグビージョージア代表

ラグビーユニオン競技のジョージア代表チーム

ラグビージョージア代表 (グルジア語: საქართველოს მორაგბეთა ეროვნული ნაკრები) は、ジョージアラグビー協会によるラグビーユニオンのナショナルチーム。愛称は「レロス」である。

ラグビージョージア代表
ユニオン ジョージアラグビー協会
愛称 レロス
ბორჯღალოსნები (Borjgalosnebi)
エンブレム ボージガーレイ
コーチ ニュージーランドの旗 ミルトン・ヘイグ
主将 マムカ・ゴルゴゼ
最多キャップ メラブ・クビリカシビリ (86)
最多得点選手 メラブ・クビリカシビリ (478)
ファーストカラー
セカンドカラー
初国際試合
 ジンバブエ 3 - 16 グルジア・ソビエト社会主義共和国 グルジア
(12 September 1989)
最大差勝利試合
 ジョージア 98 - 3 チェコ 
(8 April 2007)
最大差敗戦試合
 イングランド 84 - 6 グルジアの旗 グルジア
(12 October 2003)
ラグビーワールドカップ
出場回数 5 (2003年初出場)
最高成績 1次リーグ3位(2勝2敗) 2015
テンプレートを表示

概要編集

ソビエト連邦下時代の1964年にグルジア協会として発足されたが、当時はまだソ連代表として戦っており、グルジアからソ連代表に選手を送り込むのみであった。

1989年、ヨーロッパラグビー協会(現在のラグビーヨーロッパ)に加盟し、同年9月12日にはジンバブエと初めてテストマッチを戦ったが、ソ連崩壊後も独立国家共同体チームとして戦い、1992年に国際ラグビー評議会(現在のワールドラグビー)に加盟。本格的な活動を開始。ラグビーユニオンを国民的スポーツとして定着させた。

W杯1999年大会予選でプレーオフに進んだが、トンガに敗退。2003年大会で初出場を果たす。しかしプール戦全敗に終わる。2大会連続出場となった2007年大会ではナミビアを相手にワールドカップ初勝利をあげたが、残り3試合で敗れ、プール戦敗退。だが、アイルランド相手に善戦した(10-14)。2011年大会のプール戦でも1勝3敗に終わった。2015年大会もプール戦で敗退したが、初めて2勝をあげ、グループ3位という成績を残した。これにより、2019年大会の出場権を獲得した。

2020年オータム・ネーションズカップに参加した[1]

2022年2月からウクライナに対するロシアの軍事侵攻が始まった。これに伴って、ワールドカップ2023出場権2枠を争い2021年と2022年の2シーズンにわたり開催中だったヨーロッパ選手権において、ロシアの資格停止が2022年3月10日に決定した。これにより、ジョージアは総合順位で2位以上となることが確定し、ワールドカップ2023に6大会連続6回目の出場権を得た[2][3]。同3月12日にルーマニア代表を破り、8勝1分(総勝点39)でヨーロッパ地区1位になり、ワールドカップ2023はプールCでの出場が決まった[4]

ワールドカップの成績編集

選手編集

現在の代表編集

[5] ジョージア代表スコッド

※所属、 キャップ数(Cap)は2021年6月29日現在

ワールドラグビー男子ランキング編集

ワールドラグビーが発表するデータにもとづく。

上位30チーム(2022年6月27日時点)[6]
順位 変動* チーム ポイント
1     南アフリカ共和国 090.61
2     フランス 088.88
3     ニュージーランド 088.75
4     アイルランド 088.22
5     イングランド 084.50
6     オーストラリア 083.92
7     スコットランド 081.80
8     アルゼンチン 080.58
9     ウェールズ 079.28
10     日本 078.26
11     フィジー 076.62
12     ジョージア 073.78
13     サモア 073.59
14     イタリア 072.97
15     スペイン 068.26
16     トンガ 067.72
17     ルーマニア 066.95
18     アメリカ合衆国 066.54
19     ウルグアイ 066.40
20     ポルトガル 065.72
21     カナダ 061.80
22     香港 061.23
23     チリ 059.88
24     ナミビア 059.72
25     ロシア 058.06
26  1   ベルギー 056.18
27  7   ジンバブエ 054.44
28  2   オランダ 053.69
29  1   ブラジル 053.31
30  1   韓国 053.11
*前週からの変動
ジョージアのランキングの推移

生のグラフデータを参照/編集してください.

出典: ワールドラグビー[6] - 推移グラフの最終更新: 2022年6月27日


出典編集

関連項目編集

外部リンク編集