ラグビーポルトガル代表

ラグビーユニオン競技のポルトガル代表チーム

ラグビーポルトガル代表ポルトガル語: Seleção Portuguesa de Rugby Union)は、ポルトガルラグビー連盟によるラグビーユニオンナショナルチームである。愛称の「オス・ロボス(Os Lobos)」はポルトガル語で、オオカミという意味。

ラグビーポルトガル代表
ユニオン ポルトガルラグビー連盟
愛称 オス・ロボス
エンブレム ポルトガルの国章
コーチ パトリス・ラジスケ
主将 トマス・アップルトン
最多キャップ ヴァスコ・ウヴァ (93)
最多得点選手 ゴンサロ・マリェイロ (279)
最多トライ選手 アントニオ・アギラール (24)
ファーストカラー
セカンドカラー
初国際試合
 ポルトガル 5–6 スペイン 
(リスボンポルトガル; 1935年4月13日)
最大差勝利試合
 ドイツ 0–69 ポルトガル 
(ホイゼンシュタムドイツ; 2010年2月27日)
最大差敗戦試合
 ニュージーランド 108–13 ポルトガル 
(リヨンフランス; 2007年9月15日)
ラグビーワールドカップ
出場回数 1 (2007年初出場)
最高成績 プール戦4位
テンプレートを表示

概要編集

最初のテストマッチは1935年4月13日スペイン戦。

ティア2[1]を中心としたヨーロッパインターナショナルチャンピオンシップ2003-2004で優勝。

ワールドカップ2007に向けた地区予選では、プレーオフに進みモロッコウルグアイを下し、初出場を果たす。本大会では、ニュージーランドに13-108、スコットランドに10-56、イタリアに5-31、ルーマニアに10-14となり、全敗でプール戦を終えた[2]

2019年6月から、元フランス代表選手のパトリス・ラジスケがヘッドコーチをつとめる。

2021年11月13日、首都リスボンの北に位置するコインブラエスタディオ・シダーデ・デ・コインブラ(コインブラ市営スタジアム))で日本代表と初対戦。25-38で破れたが、日本側が多くの反則を出し、善戦した[3]

2022年に、ワールドカップ2023のヨーロッパ出場権2枠をかけたヨーロッパチャンピオンシップに参加する。

ワールドカップの成績編集

ワールドラグビー男子ランキング編集

ワールドラグビーが発表するデータにもとづく。

上位30チーム(2022年8月8日時点)[4]
順位 変動* チーム ポイント
1     アイルランド 090.03
2     フランス 089.41
2  1   南アフリカ共和国 089.41
4  1   イングランド 086.25
5  1   ニュージーランド 086.13
6     オーストラリア 083.30
7     スコットランド 081.93
8     ウェールズ 081.28
9     アルゼンチン 079.32
10     日本 077.74
11     サモア 075.75
12     フィジー 075.08
13     ジョージア 074.51
14     イタリア 073.29
15     スペイン 069.27
16     トンガ 067.79
17     ルーマニア 066.33
18     ウルグアイ 065.97
19     アメリカ合衆国 065.17
20     ポルトガル 065.08
21     チリ 061.24
22     香港 061.03
23     カナダ 060.99
24     ナミビア 060.56
25     ロシア 058.06
26     ベルギー 055.97
27     オランダ 053.69
28     ブラジル 053.31
29     ポーランド 053.03
30     ドイツ 052.79
*前週からの変動
ポルトガルのランキングの推移

生のグラフデータを参照/編集してください.

出典: ワールドラグビー[4] - 推移グラフの最終更新: 2022年8月8日


関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ ラグビー界における「ティア1(tier)」と「ティア2」とは?” (日本語). ラグビーHack (2016年11月22日). 2021年11月13日閲覧。
  2. ^ ポルトガルのラグビーは感情であふれる ~日本代表との「片思いの大試合」を前に~” (日本語). news.jsports.co.jp. 2021年11月11日閲覧。
  3. ^ ラグビー日本代表 格下ポルトガルに大大大苦戦でヒヤヒヤ勝利(スポニチアネックス)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年11月13日閲覧。
  4. ^ a b Men's World Rankings”. ワールドラグビー. 2022年8月8日閲覧。