メインメニューを開く

ラグビーワールドカップ2015日本対南アフリカ

ラグビーワールドカップ2015日本対南アフリカ2015年9月19日イングランドブライトンで行われたラグビーワールドカップ2015においてこれまでW杯通算1勝、2引き分けを挟んでW杯16連敗中だったワールドラグビーランキング13位の日本代表が、過去2回のW杯優勝経験を持つランキング3位の南アフリカ代表を34-32で破った試合である、世界中に「ブライトンの奇跡」と報じられている[1]

日本対南アフリカ
大会名 ラグビーワールドカップ2015
開催日 2015年9月19日
会場 (イングランドブライトン)

試合結果編集

2015年9月18日
16:45
南アフリカ共和国   32–34 日本   ブライトン・コミュニティ・スタジアム, ブライトン
観客動員数: 29,290人
審判:   en:Jérôme Garcès
トライ: Louw 18' c
B. Du Plessis 33' m
De Jager 44' c
Strauss 62' c
コンバート: ランビー (2/3) 19', 45'
ポラード (1/1) 63'
PK: ランビー (1/1) 57'
ポラード (1/1) 73'
Report トライ: リーチ 30' c
五郎丸歩 69' c
ヘスケス 80' m
コンバート: 五郎丸歩 (2/3) 31', 70'
PK: 五郎丸歩 (5/6) 8', 43', 49', 53', 60'
 
 
 
 
 
 
 
 
南アフリカ
 
 
 
 
 
 
 
 
日本
FB 15 en:Zane Kirchner
RW 14 ブライアン・ハバナ
OC 13 en:Jesse Kriel
IC 12 ジャン・デヴィリアス (c)
LW 11 en:Lwazi Mvovo   70分
FH 10 パトリック・ランビー   58分
SH 9 en:Ruan Pienaar   58分
N8 8 スカルク・バーガー
BF 7 en:Pieter-Steph du Toit   57分
OF 6 en:Francois Louw
RL 5 en:Victor Matfield
LL 4 en:Lood de Jager   69分
TP 3 en:Jannie du Plessis   54分   79分
HK 2 en:Bismarck du Plessis   54分
LP 1 en:Tendai Mtawarira   54分   79分
交替選手:
HK 16 en:Adriaan Strauss   54分
PR 17 en:Trevor Nyakane   54分   79分
PR 18 en:Coenie Oosthuizen   78分から80分   54分
LK 19 en:Eben Etzebeth   69分
FL 20 シヤ・コリシ   57分   79分
SH 21 フーリー・デュプレア   58分
FH 22 ハンドレ・ポラード   58分
WG 23 JP・ピーターセン   70分
監督:
  en:Heyneke Meyer
 
FB 15 五郎丸歩
RW 14 山田章仁   79分
OC 13 マレ・サウ
IC 12 立川理道
LW 11 松島幸太朗
FH 10 小野晃征   73分
SH 9 田中史朗   67分
N8 8 ツイヘンドリック   46分
OF 7 マイケル・ブロードハースト
BF 6 リーチ・マイケル (c)
RL 5 大野均   54分
LL 4 トンプソンルーク
TP 3 畠山健介   10分   19分   54分
HK 2 堀江翔太   70分
LP 1 三上正貴   58分
交替選手:
HK 16 木津武士   70分
PR 17 稲垣啓太   58分
PR 18 山下裕史   10分   19分   54分
LK 19 真壁伸弥   54分
N8 20 アマナキ・レレィ・マフィ   46分
SH 21 日和佐篤   67分
CE 22 田村優   73分
WG 23 カーン・ヘスケス   79分
監督:
  エディー・ジョーンズ

マン・オブ・ザ・マッチ:
  田中史朗

Touch judges:
  en:JP Doyle
  en:Federico Anselmi
テレビジョン・マッチ・オフィシャル:
  Graham Hughes

Notes:

  • 田中史朗の通算50試合目[2]
  • 両国の初対戦。
  • 南アフリカ代表の初のティア2の国への敗戦[3]
  • 日本代表の初の南半球3強(南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリアの3国)からの勝利[4]

試合後の反応編集

イギリスの地元紙であるガーディアンは、「W杯史上、比類のない試合。世界に波紋を広げた」と報道[5]。同じくデイリー・テレグラフは電子版のトップで、「史上最大の番狂わせ」と伝えた[6][7]。事前のブックメーカーのオッズは南アフリカ勝利1倍、日本勝利34倍であった[8]

ラグビーワールドカップでの番狂わせとして、BBCは以下の6つを挙げている[9]。また、ワールドラグビーの公式YouTubeチャンネルでも、「Top 5 Rugby World Cup Shocks」のタイトルで、紹介されている[10]
  1. (WR 1位)2015年大会  南アフリカ共和国 32-34   日本
  2. (WR 3位)2011年大会  フランス 14-19   トンガ
  3. (WR 5位)1991年大会  西サモア 16-13   ウェールズ
  4. (WR 2位)1999年大会  ニュージーランド 31-43   フランス
  5. (WR 4位)2007年大会  フィジー 38-34   ウェールズ
  6. 1999年大会  サモア 38-31   ウェールズ

関連項目編集

脚注編集