メインメニューを開く

ラグビーワールドカップ2023

ラグビーユニオンの国際大会

ラグビーワールドカップ2023は、2023年フランスで開催予定の第10回ラグビーワールドカップ

ラグビーワールドカップ2023
概要
開催国  フランス
期間 9月8日 – 10月21日
出場国数 20ヶ国
2019
2027

目次

立候補国編集

当初ワールドラグビーは2027年大会と合わせて発表する可能性を示唆していた(2015年・2019年大会と同様)[1]。2023年はウィリアム・ウェッブ・エリスがラグビーの原点になってから200年の記念大会となる。

開催地決定スケジュールは以下の通り[2][3][4]

日程 事項
2015年5月14日 – 6月15日 意向表明手続き
2016年5月 正式立候補受付
2016年6月 立候補締め切り
2017年11月 開催国決定

2015年7月時点で以下の4協会が開催意向を表明している[5]

ラグビーワールドカップリミテッドは開催国を南アフリカに推薦した。しかしワールドラグビーの理事会では1回目の投票でアイルランドが脱落し、2回目の投票でフランスが24票の過半数を得て開催権を獲得した[7][8]

背景には2022年にダーバンで開催が予定されていたコモンウェルスゲームズの開催辞退の影響でなく、ワールドラグビーの理事が翌年のパリ五輪に影響のほか、投票前のロビー活動が敗因とされている。

会場編集

UEFA EURO 2016で使用された会場や前回フランスで開催されたラグビーワールドカップ2007の会場が多く使われる。そのうち開幕戦と決勝は2024年パリオリンピックのメイン会場スタッド・ド・フランスで開催予定。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Rugby Chief Says World Cup in U.S. Is Inevitable” (英語). ニューヨーク・タイムズ (2010年11月11日). 2014年6月30日閲覧。
  2. ^ "South Africa keen to host Rugby World Cup 2023" ESPNscrum.com, 2015年3月4日
  3. ^ “南ア、95年以来2度目の開催に関心 2023年W杯”. 産経新聞. http://www.sankei.com/sports/news/150305/spo1503050029-n1.html 
  4. ^ “ラグビー、開催地17年5月決定 23年W杯選考日程”. 徳島新聞. (2015年3月5日) 
  5. ^ “2023年ワールドカップ招致 米国は立候補せず。イタリアなど4か国の争い”. RUGBY REPUBLIC. (2015年7月3日). http://rugby-rp.com/news.asp?idx=108090&code_s=1001 2015年12月6日閲覧。 
  6. ^ ラグビー=イタリア、2023年W杯招致レースから撤退ロイター通信、2016年9月30日閲覧
  7. ^ "SA takes giant leap towards hosting 2023 RWC", News24, 31 October 2017.
  8. ^ Rugby World Cup Board recommends South Africa as RWC 2023 host”. World Rugby (2017年10月31日). 2017年11月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集