ラグビーワールドカップ2023

ラグビーユニオンの国際大会

ラグビーワールドカップ2023: Coupe du Monde de Rugby 2023)は、2023年フランスで開催予定の第10回ラグビーワールドカップ(男子大会)。

ラグビーワールドカップ2023
概要
開催国  フランス
期間 9月8日 – 10月21日
出場国数 20ヶ国
2019
2027

立候補国編集

当初ワールドラグビーは2027年大会と合わせて発表する可能性を示唆していた(2015年・2019年大会と同様)[1]。2023年はウィリアム・ウェッブ・エリスがラグビーの原点になってから200年の記念大会となる。

開催地決定スケジュールは以下の通り[2][3][4]

日程 事項
2015年5月14日 – 6月15日 意向表明手続き
2016年5月 正式立候補受付
2016年6月 立候補締め切り
2017年11月 開催国決定

2015年7月時点で以下の4協会が開催意向を表明している[5]

ラグビーワールドカップリミテッドは開催国を南アフリカに推薦した。しかしワールドラグビーの理事会では1回目の投票でアイルランドが脱落し、2回目の投票でフランスが24票の過半数を得て開催権を獲得した[7][8]

背景には2022年にダーバンで開催が予定されていたコモンウェルスゲームズの開催辞退の影響でなく、ワールドラグビーの理事が翌年のパリ五輪に影響のほか、投票前のロビー活動が敗因とされている。

会場編集

UEFA EURO 2016で使用された会場や前回フランスで開催されたラグビーワールドカップ2007の会場が多く使われる。そのうち開幕戦と決勝は2024年パリオリンピックのメイン会場スタッド・ド・フランスで開催予定。

出場チーム編集

予選名 前回大会順位

予選順位

出場チーム 出場回数 出場決定日
開催国 ベスト8   フランス 10大会連続10回目 2017年11月15日
前回大会

プール戦3位以上

優勝   南アフリカ共和国 8大会連続8回目 2019年10月8日
準優勝   イングランド 10大会連続10回目 2019年10月5日
3位   ニュージーランド 10大会連続10回目 2019年10月6日
4位   ウェールズ 10大会連続10回目 2019年10月9日
ベスト8   オーストラリア 10大会連続10回目 2019年10月5日
ベスト8   日本 10大会連続10回目 2019年10月5日
ベスト8   アイルランド 10大会連続10回目 2019年10月5日
プールA・3位   スコットランド 10大会連続10回目 2019年10月9日
プールB・3位   イタリア 10大会連続10回目 2019年10月2日
プールC・3位   アルゼンチン 10大会連続10回目 2019年10月9日
プールD・3位   フィジー 7大会連続9回目 2019年10月13日

残りの出場枠予選地区:アメリカズ第1代表、アメリカズ第2代表、ヨーロッパ第1代表、ヨーロッパ第2代表、アフリカ代表、オセアニア代表、アジア/パシフィック代表、最終予選優勝者(敗者復活戦優勝者)となっている[9]

プール戦編集

2020年12月14日にパリでプール戦の組み合わせ抽選会が行われた。抽選はバンド順で行う。カッコ内は2020年1月1日現在の世界ランクに基づく。

Band 1 Band 2 Band 3 Band 4 Band 5
  • Oceania 1
  • Europe 1
  • Americas 1
  • Asia/Pacific 1
  • Africa 1
  • Europe 2
  • Americas 2
  • 最終予選勝者
勝点の加算法[10]
  • 勝利:4ポイント
  • 引分:2ポイント
  • 敗戦:0ポイント

以下のポイントはボーナスポイントとして加算する

  • トライ数が4以上:1ポイント (勝敗にかかわらず加算)
  • 7点差以内で敗戦:1ポイント

中止試合については大会規定により「0-0の引分」扱いとなり、両チームに勝ち点2ずつを与える。

順位決定方法

勝点が同点のチームが2つ以上ある場合は、以下の順に比較して順位を決定する[10]

  1. 直接対決の勝者
  2. 得失点差
  3. トライ差数 (トライ数-被トライ数)
  4. 得点数
  5. トライ数
  6. 抽選
順位表の項目

Pld:試合数  W:勝利数  D:引分数  L:敗戦数  TF:トライ数  TA:被トライ数
PF:得点数  PA:失点数  +/-:得失点差  BP:ボーナスポイント  Pts:勝点

凡例
決勝トーナメントに進出、2027年大会予選免除
一次リーグ敗退だが2027年大会予選免除

開催時刻はいずれも現地時間 (CEST/UTC+2)。

プールA編集

Pld W D L TF PF PA +/− BP Pts
  ニュージーランド 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  フランス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  イタリア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Americas 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Africa 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

プールB編集

Pld W D L TF PF PA +/− BP Pts
  南アフリカ共和国 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  アイルランド 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  スコットランド 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Asia/Pacific 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Europe 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

プールC編集

Pld W D L TF PF PA +/− BP Pts
  ウェールズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  オーストラリア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  フィジー 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Europe 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Final Qualifier Winner 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

プールD編集

Pld W D L TF PF PA +/− BP Pts
  イングランド 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  アルゼンチン 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Oceania 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Americas 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

大会協賛社編集

ワールドワイドパートナー編集

オフィシャルスポンサー編集

大会サプライヤー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Rugby Chief Says World Cup in U.S. Is Inevitable” (英語). ニューヨーク・タイムズ (2010年11月11日). 2014年6月30日閲覧。
  2. ^ "South Africa keen to host Rugby World Cup 2023" ESPNscrum.com, 2015年3月4日
  3. ^ “南ア、95年以来2度目の開催に関心 2023年W杯”. 産経新聞. http://www.sankei.com/sports/news/150305/spo1503050029-n1.html 
  4. ^ “ラグビー、開催地17年5月決定 23年W杯選考日程”. 徳島新聞. (2015年3月5日) 
  5. ^ “2023年ワールドカップ招致 米国は立候補せず。イタリアなど4か国の争い”. RUGBY REPUBLIC. (2015年7月3日). http://rugby-rp.com/news.asp?idx=108090&code_s=1001 2015年12月6日閲覧。 
  6. ^ ラグビー=イタリア、2023年W杯招致レースから撤退ロイター通信、2016年9月30日閲覧
  7. ^ "SA takes giant leap towards hosting 2023 RWC", News24, 31 October 2017.
  8. ^ Rugby World Cup Board recommends South Africa as RWC 2023 host”. World Rugby (2017年10月31日). 2017年11月1日閲覧。
  9. ^ ラグビーワールドカップ2023プール組分け抽選会の準備整う
  10. ^ a b TOURNAMENT RULES JAPAN 2019”. Rugby World Cup 2019. 2019年9月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集