メインメニューを開く

ラゲルペトン科(ラゲルペトンか、Lagerpetidae[1], Lagerpetonidaeとも)は恐竜様類の基部に位置する分類群()である。この科には、アルゼンチンアメリカアリゾナ州ニューメキシコ州、そしてテキサス州三畳紀後期 の地層から見つかった爬虫類が属する[2][3]

ラゲルペトン科
生息年代: 三畳紀後期, 236–211.9 Ma
Dromomeron gregorii
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜様類 Archosauromorpha
階級なし : 鳥中足骨類 Avemetatarsalia
階級なし : 鳥頸類 Ornithodira
階級なし : 恐竜様類 Dinosauromorpha
: ラゲルぺトン科 Lagerpetidae
学名
Lagerpetidae
Arcucci1986

特徴編集

 
三畳紀後期、ブラジル南部でラゲルぺトン類が狩りをしている様子。

ラゲルペトン科は後肢の長さが25 cmとやや小さく、仙椎直前の前方に向いた脊椎、2つの脊椎からなる仙骨、閉じた寛骨臼 (acetabulum)、そして上方に向いた腸骨といった非常に顕著に特殊化した運動器をもっている[4]。また本科の動物は短く幅広い恥骨を持ち、広範囲な腹側板がある坐骨を持っている[4]ラゴスクスLagosuchusと同様に、脛骨より大腿骨の方が短い[4]

分類編集

ラゲルペトン科は恐竜と近縁で、ともに恐竜様類というクレードに位置づけられる。このクレードは2009年、S. J. Nesbittらの系統学的研究によって名付けられた[2]。ラゲルペトン科というクレードはまた、Baron, Norman & Barrett (2017)により、初期の恐竜と他の恐竜様類の大規模系統学的解析により再確立された[5]

以下の分岐図はCabreira et al., 2016 を簡略化したものである[6]

真鰐足類 Eucrocopoda

ユーパルケリア Euparkeria



ラゲルペトン科 Lagerpetidae

ラゲルペトン Lagerpeton




イクサレルペトン Ixalerpeton



ドロモメロン Dromomeron




恐竜形類 Dinosauriformes

マラスクス Marasuchus




プセウドラゴスクス Pseudolagosuchus



レウィスクス Lewisuchus



サルトプス Saltopus



恐竜Dinosauria






脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 英語: [ˈlɑːˌərpɛtɪˈd]
  2. ^ a b The Paleobiology Database: Lagerpetonidae}
  3. ^ Sterling J. Nesbitt, ed (2013). Anatomy, Phylogeny and Palaeobiology of Early Archosaurs and Their Kin. The Geological Society of London. p. 164. https://books.google.com.tr/books?id=TN_KBP3vxg4C&pg=PA164&lpg=PA164&dq=Dromomeron+Ma&source=bl&ots=MB3YjohQU4&sig=BknnjDmpZdO80ATKDFhJw2xyR2c&hl=tr&sa=X&ved=0ahUKEwjd8pqQp-bLAhXBHpoKHZ6gDWsQ6AEIKDAC#v=onepage&q=Dromomeron%20Ma&f=false 2016年3月29日閲覧。. 
  4. ^ a b c Arcucci, Andrea (1986) (PDF). New materials and reinterpretation of Lagerpeton chanarensis Romer (Thecodontia, Lagerpetonidae nov.) from the Middle Triassic of La Rioja, Argentina. p. 3. http://www.paleoglot.net/files/Arcucci_86.pdf 2010年4月28日閲覧。. 
  5. ^ Baron, M.G.; Norman, D.B.; Barrett, P.M. (2017). “A new hypothesis of dinosaur relationships and early dinosaur evolution”. Nature 543: 501–506. doi:10.1038/nature21700. 
  6. ^ Cabreira, S.F.; Kellner, A.W.A.; Dias-da-Silva, S.; da Silva, L.R.; Bronzati, M.; de Almeida Marsola, J.C.; Müller, R.T.; de Souza Bittencourt, J. et al. (2016). “A Unique Late Triassic Dinosauromorph Assemblage Reveals Dinosaur Ancestral Anatomy and Diet”. Current Biology 26: 3090–3095. doi:10.1016/j.cub.2016.09.040. PMID 27839975. http://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(16)31124-1.