メインメニューを開く

ラシッド・タハ

ラシッド・タハ: Rachid Taha1958年9月18日 -2018年9月12日)はフランスの歌手。アルジェリアオランで生まれた。「ラシッド・ター」と表記される事もある。

ラシッド・タハ
Rachid Taha
Rachid Taha.jpg
2010年
基本情報
生誕 (1958-09-18) 1958年9月18日
出身地 アルジェリアの旗 アルジェリアオラン
死没 (2018-09-12) 2018年9月12日(59歳没)
ジャンル アラビアンロックライ
職業 シンガーソングライター
担当楽器 歌唱
活動期間 1983年 - 2018年
レーベル Naïve
共同作業者 カルト・ド・セジュール
スティーヴ・ヒレッジ
フェミ・クティ
公式サイト http://rachidtahaofficial.com/
著名使用楽器
ウードダラブッカ
2007年

目次

来歴編集

アルジェリア戦争まっただ中の1958年にオランで生まれ、10歳で両親とともにフランスに移住、物心ついてからはリヨン郊外暖房工場の工員や、医学事典訪問販売などをしていた。

18歳で家を出て、移民のたむろするリヨンのナイトクラブに出入りし、1982年にアラブ・ロック・バンド「カルト・ド・セジュール」の歌手としてデビューした。バンド名は「滞在許可証 (グリーンカード)」を意味し、移民の怒りなどをニュー・ウェイヴパンクレゲエファンクなどを盛り込んだロックに乗せて、アラビア語で歌っていた。グループは先鋭的な音楽性で注目を集めたが、3枚のアルバムを残し、1989年に解散した。

1990年にはソロ歌手としてアルバム「バルベス」を発表、それから1998年、パリのベルシー劇場にて1万6千人を集めた一大ライコンサート「1,2,3 Soleils」を実現させた。このライヴは「ライの帝王」ハレド、「ライの小さな王子様」フォーデルと合同で行われ、当日の模様を収めたライヴ・アルバムは60万枚以上も売れた。[1]

2018年9月12日午前、就寝中に心臓麻痺で死去。享年59歳。

ディスコグラフィー編集

カルト・ド・セジュールのアルバム編集

  • 1983: Carte de séjour
  • 1984: Rhorhomanie
  • 1986: Deux et demi

ソロ・アルバム編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ CD「ラシッド・タハ/メイド・イン・メディナ」解説