メインメニューを開く

ラストエンペラー』(: 末代皇帝)は中華人民共和国で放送されたテレビドラマ愛新覚羅溥儀の生涯をドラマ化したものである。

ラストエンペラー
各種表記
繁体字 末代皇帝
簡体字 末代皇帝
拼音 Mòdài Huángdì
発音: モーダイホァンディ
テンプレートを表示

なお、VHSソフトの邦題は『末代皇帝 THE LAST EMPEROR』だったが、後の地上波・BS放送とDVDソフトでは邦題が『ラストエンペラー』となった。

概要編集

溥儀の自伝『我が半生』(原題:我的前半生)に基づき、溥儀の弟・溥傑の監修の下に製作されたもので、溥儀が光緒帝の死によって僅か3歳で帝位に即いてから、辛亥革命満州国建国、終戦、撫順での「改造」を経て、北京に戻り周恩来からそのことを祝福されるまでを描いている。

物語色の強い映画『ラストエンペラー』に比べ、溥儀自身の回想や親族の証言に基づいた内容となっており、一部には当時の実写フィルムが用いられるが、登場人物が一部仮名になっており、シチュエーションも一部を変えてあるなど、テレビドラマだけに脚色も見られ、全てが事実というわけではない。

タイトルの『末代皇帝』とは文字通り最後の皇帝という意味であり、溥儀の生涯を扱うドラマにとってはふさわしいタイトルである。題字は溥傑により揮毫された。なお、映画『ラストエンペラー』も中国での公開時は「末代皇帝」というタイトルであった。

キャストは日本人の登場人物も中国人俳優が演じている。日本人のセリフは日本語で作成されており、音声は日本語、字幕は中国語で当てられている。

このドラマ以降の溥儀の生涯を扱ったものとして、少々このドラマと時代が重なるが、映画『火龍』がある。

出演者編集

(実在人物のみ記載、架空や変名の登場人物は一部省略。西洋人の出演者は漢字表記のまま記載した。)

スタッフ編集

  • 監督…張建民、周環
  • 脚本…王樹元
  • 音楽…王憲
  • 撮影…王東明
  • 美術…何宝通、蔡龍西

外部リンク編集