メインメニューを開く

ラストシーン (布袋寅泰の曲)

布袋寅泰の楽曲

ラストシーン」は、日本の歌手布袋寅泰の11枚目のシングルである。1996年1月24日発売。発売元は東芝EMI

ラストシーン
布袋寅泰シングル
初出アルバム『King & Queen
B面 TOGETHER
リリース
ジャンル ロック
ポップ
時間
レーベル 東芝EMI
プロデュース 布袋寅泰
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1996年度年間51位(オリコン)
  • 登場回数12回(オリコン)
  • 布袋寅泰 シングル 年表
    スリル
    (1995年)
    ラストシーン
    (1996年)
    命は燃やしつくすためのもの
    (1996年)
    ミュージックビデオ
    「ラストシーン」 - YouTube
    テンプレートを表示

    目次

    概要編集

    前作「スリル」から約3か月ぶりのリリースで、アルバム『King & Queen』の先行シングル。

    作品名が「ラスト・シーン」と表記されることもあるが、中黒を含めないのが正式なタイトルである。

    収録曲編集

    1. ラストシーン (5:29)
      (作詞・作曲・編曲:布袋寅泰)
      日本で制作を始めて、ロンドンクリス・レインボウ英語版と共に完成させた楽曲。元々はピアノを使用して制作された楽曲だった[1]コーラスには、クリスの他に、今井美樹かの香織が参加している。
      2000年に5000セット限定で発売された布袋デザインのヘッドフォン型Solid Audio Player + Smart Mediaによる"BEAUTIFUL NOISE"に『LAST SCENE featuring Chris Rainbow』としてクリス・レインボウを大きくフィーチャーしたヴァージョンが収録された[2]
      この曲のアウトロと次曲のイントロがノンストップで繋がっている。
    2. TOGETHER (4:41)
      (作詞・編曲:布袋寅泰 / 作曲:Mike Edwards・布袋寅泰)
      ジーザス・ジョーンズのマイク・エドワーズとの競作。
      ジーザズ・ジョーンズが1997年に発表したアルバム『オールレディ』の日本盤に同バンドのヴァージョンが収録されており、こちらはサウンド、歌詞ともに異なる。

    収録アルバム編集

    カバー編集

    楽曲 アーティスト 収録アルバム 脚注
    ラストシーン 大橋トリオ アルバム『ALL TIME SUPER GUEST [3]
    ベスト・アルバム『大橋トリオ』 [4]

    脚注編集

    1. ^ HOTEI 30th ANNIVERSARY PROJECT 布袋寅泰×大橋トリオ 対談”. HOTEI.COM + TOMOYASU HOTEI OFFICIAL WEBSITE. IRc2 CORPORATION. 2019年6月23日閲覧。
    2. ^ HOTEI.COM + TOMOYASU HOTEI OFFICIAL WEBSITE . 2019年6月23日閲覧
    3. ^ “布袋30周年アルバム全ゲスト判明&ライブ映像2作同時発売”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2011年7月1日). https://natalie.mu/music/news/52287 2019年6月23日閲覧。 
    4. ^ “大橋トリオ初ベスト盤、ジャケット3種はすべてモザイク”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2014年1月23日). https://natalie.mu/music/news/108380 2019年6月23日閲覧。