メインメニューを開く

ラスト・ソング』(The Last Song)は、ニコラス・スパークスの小説。2009年に出版された。また、同名で映画され、2010年に公開された。

日本では2010年にアチーブメント出版から出版された(訳:雨沢泰)。

あらすじ編集

母と離婚した父と夏休みを過ごすため、海辺の街にやってきたロニー。両親の離婚に傷つき、いまだ父を許せず反抗的な態度を取っていたが、海岸で青年・ウィルと出会ったことで初めての恋を経験する。彼と過ごすうち、父に対しても素直な気持ちを表すようになるロニー。だがそんな時、父が病に倒れ、この夏が父と過ごす最後の夏になることを知る。

映画編集

ラスト・ソング
The Last Song
監督 ジュリー・アン・ロビンソン
脚本 ジェフ・バン・ウィー
原作 ニコラス・スパークス
製作 ジェニファー・ギブゴット
アダム・シャンクマン
ダーラ・ワイントローブ (共同製作)
製作総指揮 ティッシュ・サイラス
出演者 マイリー・サイラス
音楽 アーロン・ジグマン
バック・デイモン (監修)
主題歌 マイリー・サイラス
『When I Look At You』
撮影 ジョン・リンドリー
編集 ナンシー・リチャードソン
配給   タッチストーン・ピクチャーズ
  ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
公開   2010年3月31日
  2010年6月12日
上映時間 108分
製作国   アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $62,933,793  
テンプレートを表示

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

外部リンク編集