ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』(ラストフルメジャー しられざるえいゆうのしんじつ、The Last Full Measure)は2019年アメリカ合衆国ドラマ映画。監督はトッド・ロビンソン英語版、出演はセバスチャン・スタンクリストファー・プラマーなど。ベトナム戦争で多くの兵士の命を救った実在の米空軍兵ウィリアム・H・ピッツェンバーガー英語版の知られざる真実を描いた社会派ドラマ[1]。本作はピーター・フォンダの遺作となった[3]。また、クリストファー・プラマーの最後の実写出演作である[4]。なお、本作の原題「The Last Full Measure」はゲティスバーグ演説から取られたものである[5]

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
The Last Full Measure
監督 トッド・ロビンソン英語版
脚本 トッド・ロビンソン
製作 ジュリアン・アダムズ英語版
マイケル・ベイシック
ティモシー・スコット・ボガート
ニコラス・カフリッツ
アディ・コーエン
マーク・ダモン
ペン・デンシャム英語版
ロバート・リード・ピーターソン
ジョルディ・レディウ
ショーン・サングハーニ英語版
ローレン・セリグ英語版
シドニー・シャーマン
ジョン・ワトソン
製作総指揮 マーティン・J・バラブ
タマラ・バークモー
アンドリュー・ボズウェル
ウィルソン・ダシルヴァ
チェーザレ・ファザーリ
デヴィッド・ジェンドロン
マシュー・ヘルダーマン
アリ・ジャザイェリ
マイケル・ラウンドン
パトリック・マーキー
ジェシカ・マーティンス
ハビブ・パラカ
リサ・オシンロエ
ジェナ・サンズ=アゲーロ
ルイス・ステイン
T・J・ステイン
サニー・ヴォラ
シモーヌ・ホワイト
ピーター・ウィンサー
リサ・ウォロフスキー
出演者 セバスチャン・スタン
クリストファー・プラマー
ウィリアム・ハート
エド・ハリス
サミュエル・L・ジャクソン
音楽 フィリップ・クライン
撮影 バイロン・ワーナー
編集 クローディア・S・カステロ
テレル・ギブソン
リチャード・ノード
製作会社 BCLファイナンス・グループ
ボス・コラボレーション
フォアサイト・アンリミテッド
プロヴォケイター
ライトボックス・ピクチャーズ
SSSエンターテインメント
SCフィルムズ・タイランド
配給 アメリカ合衆国の旗 ロードサイド・アトラクションズ
日本の旗 彩プロ
公開 アメリカ合衆国の旗 2020年1月24日
日本の旗 2021年3月5日
上映時間 116分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $3,321,111[2]
テンプレートを表示

ストーリー編集

ウィリアム・H・ピッツェンバーガー英語版はアメリカ空軍のパラレスキュー部隊に所属し、ベトナムで自軍・友軍の兵士たちを次々と救助していた。1966年4月11日、ピッツェンバーガーは戦場に取り残された兵士を救い出すべく、ヘリコプターで現地へと向かった。ところが、敵軍の攻撃が予想以上に激しく、パイロットはヘリコプターを滞空させることが困難だと判断し、救助活動の途中で基地へ引き上げる決断を下した。パイロットはピッツェンバーガーを乗せようとしたが、ピッツェンバーガーは残された兵士たちを守るために敢えて留まることにした。彼の奮戦のお陰で、9人の兵士たちが生還できた。しかし、ピッツェンバーガーは敵軍の銃弾に倒れてしまった。

1998年、ピッツェンバーガーの両親と友人たちは彼に名誉勲章を授与して欲しいと国防総省に請願した。その請願を精査することになったのは、キャリア官僚のスコット・ハフマンであった。ハフマンが退役軍人たちの証言を集め始めたところ、予想もしなかった事実を知ることになった。ピッツェンバーガーに長らく名誉勲章が授与されなかったことの背後には、とある陰謀が隠されていたのである。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[6]

製作編集

1999年、トッド・ロビンソン監督は別の映画を作るためのリサーチの途中でウィリアム・H・ピッツェンバーガーの存在を初めて知った。監督は「ピッツェンバーガーに名誉勲章が授与されるまでに30年以上を要したのは何故か」という疑問を抱き、ピッツェンバーガーについて詳しく調べていった。監督は映画プロデューサーのシドニー・シャーマンと共に本作の企画を50以上の製作会社に持ち込んだが、関心を示した会社は一つもなかった。監督は取り敢えず本作の脚本を書き上げることにしたが、その時点で映画化に漕ぎつけられる目処は立っていなかった[7]

2007年ニュー・ライン・シネマが本作の映画化権を購入したが、ほどなくして同社は権利をワーナー・ブラザース映画に売却し、映画化は白紙になってしまった。ロビンソン監督とシャーマンはその後も製作資金を集めるのに奔走し、2017年、ついに映画化に着手することができた[7]

キャスティング編集

2016年5月9日、スコット・イーストウッドとエド・ハリスの起用が発表されると共に、ローレンス・フィッシュバーンモーガン・フリーマンに本作への出演オファーが出ていると報じられたが[8]、後2者の出演交渉は不首尾に終わり、イーストウッドは出演しなかった。2017年3月、サミュエル・L・ジャクソン、セバスチャン・スタン、クリストファー・プラマー、ウィリアム・ハート、ブラッドリー・ウィットフォード、マイケル・インペリオリ、ライナス・ローチ、グラント・ガスティン、リサ・ゲイ・ハミルトンらの出演が決まった(ただし、ガスティンは出演しなかった)[9][10][11]。同月下旬、本作の主要撮影ジョージア州アトランタコスタリカで始まった[12]。4月4日、エイミー・マディガンとピーター・フォンダが本作に出演するとの報道があった[13]。7月末から8月初頭にかけて、サーダリウス・ブレイン、コディ・ウォーカー、ジェレミー・アーヴァインがキャスト入りした[14][15]

音楽編集

2017年3月20日、ジェフ・ローナが本作で使用される楽曲を手掛けることになったとの報道があった[16]。10月19日、降板することになったローナの後任にフィリップ・クラインが起用されたと報じられた[17]。2020年1月24日、本作のサウンドトラックが発売された[18]

公開・マーケティング編集

2018年9月6日、ロードサイド・アトラクションズが本作の全米配給権を購入したとの報道があった[19]。2019年10月19日、退役軍人向けに本作を無料で上映する会が催され、それがプレミア上映となった[20]。11月25日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[21]

評価編集

本作に対する批評家からの評価は平凡なものに留まっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには49件のレビューがあり、批評家支持率は61%、平均点は10点満点で6.16点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』は題材となっている出来事の核心を掴もうとして苦戦している。しかし、最終的には、驚くべき実話を忠実に表現した名演技のお陰で、何とか形になった。」となっている[22]。また、Metacriticには21件のレビューがあり、加重平均値は52/100となっている[23]

出典編集

  1. ^ a b ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実”. 映画.com. 2020年12月18日閲覧。
  2. ^ The Last Full Measure (2020)” (英語). The Numbers. 2020年12月18日閲覧。
  3. ^ Welk, Brian (2020年1月22日). “Peter Fonda Got Emotional Seeing His Final Film ‘The Last Full Measure’ A Month Before He Died” (英語). The Wrap. https://www.thewrap.com/peter-fonda-got-emotional-seeing-his-final-film-the-last-full-measure-a-month-before-he-died/ 2020年1月25日閲覧。 
  4. ^ “クリストファー・プラマー最後の出演作『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』新場面写真6点が解禁!”. fan's voice. (2021年2月6日). https://fansvoice.jp/2021/02/06/lfm-stills-christopher-plummer/ 2021年11月27日閲覧。 
  5. ^ Walsh, Katie (2020年1月23日). “Review: Sebastian Stan and all-star cast elevate the heroism of ‘The Last Full Measure’” (英語). Los Angeles Times. https://www.latimes.com/entertainment-arts/movies/story/2020-01-23/last-full-measure-review-sebastian-stan-samuel-jackson 2020年1月25日閲覧。 
  6. ^ ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実 DVD”. TCエンタテインメント. 2021年9月2日閲覧。
  7. ^ a b "Pitsenbarger on the Big Screen" (PDF). Air Force Magazine (英語). Vol. 102 no. 8. pp. 61–62. 2020年1月25日閲覧
  8. ^ Jaafar, Ali (2016年5月9日). “Scott Eastwood & Ed Harris To Star In ‘The Last Full Measure’; Laurence Fishburne And Morgan Freeman In Talks – Cannes” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2016/05/scott-eastwood-ed-harris-the-last-full-measure-laurence-fishburne-morgan-freeman-foresight-cannes-1201751484/ 2020年1月25日閲覧。 
  9. ^ McNary, Dave (2017年3月8日). “Samuel L. Jackson, Sebastian Stan Join Political Drama ‘The Last Full Measure’” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/samuel-l-jackson-seabastian-stan-political-drama-last-full-measure-1202004810/ 2020年1月25日閲覧。 
  10. ^ N'Duka, Amanda (2017年3月30日). “LisaGay Hamilton Books ‘Beautiful Boy’ & ‘The Last Full Measure’; ‘Most Likely To Murder’ Adds More Suspects” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2017/03/lisagay-hamilton-beautiful-boy-the-last-full-measure-most-likely-to-murder-dan-gregor-cast-1202055320/ 2020年1月25日閲覧。 
  11. ^ Fleming, Mike Jr (2017年3月28日). “‘The Flash’s Grant Gustin Draws ‘The Last Full Measure’” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2017/03/the-flash-grant-gustin-the-last-full-measure-william-pitsenbarger-1202054385/ 2020年1月25日閲覧。 
  12. ^ Busch, Anita (2017年3月8日). “Samuel L. Jackson Joins Todd Robinson’s Political Drama ‘The Last Full Measure’” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2017/03/samuel-l-jackson-political-drama-the-last-full-measure-1202039553/ 2020年1月25日閲覧。 
  13. ^ Busch, Anita (2017年4月4日). “Amy Madigan & Peter Fonda Join Cast Of ‘The Last Full Measure’” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2017/04/amy-madigan-peter-fonda-the-last-full-measure-vietnam-1202060511/ 2020年1月25日閲覧。 
  14. ^ McNary, Dave (2017年7月26日). “Ser’Darius Blain Joins Military Drama ‘The Last Full Measure’ (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/serdarius-blain-military-drama-the-last-full-measure-1202507006/ 2020年1月25日閲覧。 
  15. ^ McNary, Dave (2017年8月1日). “Jeremy Irvine, Cody Walker Round Out Cast of Military Drama ‘Last Full Measure’” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/jeremy-irvine-cpdy-walker-military-drama-last-full-measure-1202512720/ 2020年1月25日閲覧。 
  16. ^ “Jeff Rona to Score Todd Robinson’s ‘The Last Full Measure’ & ‘Generation Iron 2’” (英語). Film Music Reporter. (2017年3月20日). https://filmmusicreporter.com/2017/03/20/jeff-rona-to-score-todd-robinsons-the-last-full-measure-generation-iron-2/ 2020年1月25日閲覧。 
  17. ^ “Philip Klein Scoring Todd Robinson’s ‘The Last Full Measure’” (英語). Film Music Reporter. (2017年10月19日). https://filmmusicreporter.com/2017/10/19/philip-klein-scoring-todd-robinsons-the-last-full-measure/ 2020年1月25日閲覧。 
  18. ^ “‘The Last Full Measure’ Soundtrack Details” (英語). Film Music Reporter. (2020年1月23日). https://filmmusicreporter.com/2020/01/23/the-last-full-measure-soundtrack-details/ 2020年1月25日閲覧。 
  19. ^ Tartaglione, Nancy (2018年9月6日). “Roadside Attractions Takes ‘The Last Full Measure’ Starring Sebastian Stan – Toronto” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2018/09/roadside-attractions-the-last-full-measure-sebastian-stan-toronto-1202458135/ 2020年1月25日閲覧。 
  20. ^ Finn, Lisa (2019年10月7日). “Free Screening Of 'Last Full Measure' For Veterans” (英語). Westhampton-Hampton Bays, NY Patch. https://patch.com/new-york/westhampton-hamptonbays/free-screening-last-full-measure-veterans 2020年1月25日閲覧。 
  21. ^ Wiseman, Andreas (2019年11月25日). “‘The Last Full Measure’: First Trailer For Vietnam War Movie With Sebastian Stan, Samuel L. Jackson, Ed Harris & Peter Fonda In One Of His Last Roles” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/video/the-last-full-measure-first-trailer-for-vietnam-war-movie-with-sebastian-stan-samuel-l-jackson-ed-harris-peter-fonda-in-last-role/ 2020年1月25日閲覧。 
  22. ^ The Last Full Measure” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年1月25日閲覧。
  23. ^ "The Last Full Measure" (英語). Metacritic. 2020年1月25日閲覧。

外部リンク編集