ラスロ・ジェレ (セルビア語: Ласло Ђере/Laslo Đere, ハンガリー語: Györe László, 1995年6月2日 - )は、ユーゴスラビア (現セルビアヴォイヴォディナ自治州) センタ出身の男子プロテニス選手。ATPツアーではシングルス2勝。自己最高ランキングはシングルス27位。ダブルス346位。

ラスロ・ジェレ
Laslo Djere
2021年全仏オープンでのラスロ・ジェレ
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
出身地 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビアセンタ
生年月日 (1995-06-02) 1995年6月2日(28歳)
身長 188cm
体重 82kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2013年
ツアー通算 2勝
シングルス 2勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 4,887,300 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2023)
全仏 3回戦(2019・21)
ウィンブルドン(英) 3回戦(2023)
全米 3回戦(2023)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2021)
ウィンブルドン(英) 1回戦(2019・21-23)
全米 2回戦(2023)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 ベスト4(2017・23)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 27位(2019年6月10日)
ダブルス 346位(2021年3月22日)
2024年2月11日現在

選手経歴 編集

ジュニア時代 編集

1995年6月2日にセルビアで生まれた。両親はハンガリー人であり、ふたりとものため亡くなっている。ジェレはセルビアのハンガリーコミュニティの一員であり、ハリガリー語セルビア語英語が流暢である。5歳のころに父親とテニスを始めた。ジェレはクレーでのプレーが得意であり、ノバク・ジョコビッチアンディ・ロディックレイトン・ヒューイットに憧れていた。

ジュニア時代にはシングルス5勝、準優勝10回、ダブルスでは2勝をしており、2013年5月27日にジュニア3位を記録している。ウィンブルドン選手権ジュニアの部ではベスト8進出を果たしている。

2013年 プロ転向 編集

2013年にプロ転向。シーズンをフューチャーズをメインに巡ることになり、7月のセルビアで開催されたフューチャーズで初優勝。9月にもセルビアのフューチャーズでも優勝を果たして、タイ・オープンではワイルドカードによりATPツアー本戦初出場。1回戦でフェリシアーノ・ロペスに敗れた。11月にはキプロスで準優勝2回を記録して、年間最終ランキングは495位。

2014年 フューチャーズ6勝目 編集

シーズンをフューチャーズのみでプレーしており、5月にクロアチアボスニア、9月にセルビア、12月のセネガル共和国でのフューチャーズで優勝し、今季だけでフューチャーズ4勝を挙げた。6月にハンガリーのフューチャーズで準優勝。年間最終ランキングは341位。

2015年 トップ200入り 編集

2月、エジプトでフューチャーズ7勝目を挙げた。ATPツアー・500シリーズであるドバイ・テニス選手権では予選から出場。予選2回戦でリュカ・プイユに敗れた。全仏オープンで予選からグランドスラム (テニス) に参戦することになった。予選1回戦ではニコロズ・バシラシビリに敗れた。6月のチェコでのATPチャレンジャーツアーイジー・ベセリーに4-6, 2-6のストレートで敗れ、チャレンジャー準優勝となったが、6月8日付けのランキングで182位になり、トップ200入りを果たした。全米オープンでも予選参戦。年間最終ランキングは186位。

2016年 グランドスラム初出場 編集

グランドスラムでは全仏オープンで予選を通過して本戦初出場。夏にはATPチャレンジャーツアーで準優勝2回を果たした。年間最終ランキングは185位。

2017年 トップ100入り 編集

ハサン2世グランプリでは初戦でマルティン・クリザンを破ってツアー大会初勝利[1]ハンガリー・オープンでは1回戦でダニール・メドベージェフ、2回戦でビクトル・トロイツキ、準々決勝でフェルナンド・ベルダスコを破って準決勝進出。7月に行われたペルージャ・チャレンジャー英語版で優勝。年間最終ランキングは88位。

2018年 グランドスラム初勝利 編集

 
2018年ウィンブルドン選手権でのラスロ・ジェレ

イスタンブール・オープンでは1回戦でデニス・イストミン、2回戦でアンドレアス・セッピ、準々決勝でパオロ・ロレンツィを破って準決勝進出。スイス・オープン・グシュタードでは1回戦でイストミン、2回戦でボルナ・チョリッチ、準々決勝でヴィクトル・ガロビッチ英語版を破って準決勝進出[2]全米オープンレオナルド・マイエルを1回戦で破り、グランドスラム初勝利。2回戦ではリシャール・ガスケに敗れた。年間最終ランキングは93位。

2019年 ツアー初優勝 編集

 
2019年全仏オープンでのラスロ・ジェレ

2019年リオ・オープンでは初戦で世界ランク8位のドミニク・ティームを破り、そのままツアー決勝初進出。決勝でフェリックス・オジェ=アリアシムを6–3, 7–5で破り、初優勝を果たした。全仏オープンでは3回戦に初めて進出。第7シードの錦織圭に第5セット3-0とリードするも4-6, 7-6(8), 3-6, 6-4, 6-8で敗れた[3]。年間最終ランキングは38位。

2020年 ツアー2勝目 編集

全豪オープンでは1回戦で西岡良仁に4-6, 6-3, 2-6, 6-7(1)で初戦敗退。コルドバ・オープンではベスト4入り。準決勝でディエゴ・シュワルツマンに1-6, 6-1, 2-6で敗れた。

全米オープンではクリストファー・オコネル英語版に6-4, 4-6, 6-7(2), 4-6で初戦敗退。オーストリア・オープンではベスト4入り。準決勝でヤニック・ハンフマン英語版に敗退。

全仏オープンではケビン・アンダーソンに2-6, 3-6, 4-6のストレートで初戦敗退するも、10月のフォルテ・ヴィレッジ・サルデーニャ・オープン英語版では決勝でマルコ・チェッキナートを7-6(3), 7-5のストレートで破り、ツアー2勝目を挙げた。 年間最終ランキングは57位。

2021年 ツアー3度目の決勝進出 編集

 
2021年全仏オープンでのラスロ・ジェレ

全豪オープンでは1回戦で第2シードのラファエル・ナダルに3-6, 4-6, 1-6のストレートで敗れた。3月のアルゼンチン・オープンチリ・オープンではベスト8進出。マイアミ・オープンではアレクサンダー・ブブリクに3-6, 4-6のストレートで敗れた。

フォルテ・ヴィレッジ・サルデーニャ・オープン英語版では2年連続決勝進出。決勝でロレンツォ・ソネゴに6-2, 6-7(5), 4-6で敗れ、準優勝。 全仏オープンでは自身2度目の3回戦進出。3回戦では第6シードのアレクサンダー・ズベレフに2-6, 5-7, 2-6のストレートで敗れた。

ウィンブルドン選手権では2回戦で第26シードのファビオ・フォニーニに3-6, 4-6, 6-0, 4-6で敗退した。ドイツ国際オープンスイス・オープンではベスト4入り。準決勝ではそれぞれフィリップ・クライノビッチユーゴ・ガストンに敗れた。全米オープンでは1回戦でデニス・クドラに6-4, 3-6, 5-7, 6-7(4)で初戦敗退。年間最終ランキングは52位。

2022年 ツアー4度目の決勝進出 編集

 
2022年モンテカルロ・マスターズでのラスロ・ジェレ

全豪オープンでは1回戦で第14シードのデニス・シャポバロフに6-7(3), 4-6, 6-3, 6-7(3)で初戦敗退。BNPパリバ・オープンでは2回戦でヤニック・シナーに3-6, 3-6のストレートで敗れ、マイアミ・オープンではアーサー・リンダークネッシュに初戦敗退。

モンテカルロ・マスターズでは3回戦進出。3回戦ではステファノス・チチパスに敗れた。セルビア・オープンでは同胞の第1シードのノバク・ジョコビッチに第1セットを先取する善戦をするも、2回戦敗退。ローマ・マスターズでは予選2試合と初戦を制するも、スタン・ワウリンカに2回戦敗退。全仏オープンでは2回戦で第2シードのダニール・メドベージェフに3-6, 4-6, 3-6のストレートで敗退した。ウィンブルドン選手権ではアレハンドロ・タビロ英語版に6-7(6), 2-6, 6-1, 6-4, 6-7(11)のフルセットの末に初戦敗退。

ウィンストン・セーラム・オープンでは決勝進出。決勝ではアドリアン・マナリノに6-7(1) 4-6で敗れ、準優勝。全米オープンでは第9シードのアンドレイ・ルブレフに6-7(5), 3-6, 6-3, 6-4, 4-6のフルセットの善戦の末に初戦敗退となった。年間最終ランキングは70位。

2023年 ツアー5度目の決勝進出 編集

1月、全豪オープンでは1回戦で第27シードのグリゴール・ディミトロフに3-6, 2-6, 0-6のストレートで敗れた。

2月、アルゼンチン・オープンでは2回戦でカルロス・アルカラスに2-6, 6-4, 2-6で敗れた。リオ・オープンでは同胞ドゥシャン・ラヨビッチに2-6, 4-6のストレートで2回戦敗退。

3月、チリ・オープンではベスト8入り。BNPパリバ・オープンではオスカー・オッテ英語版に3-6, 5-7のストレートで初戦敗退。マイアミ・オープンでは2回戦でヤニック・シナーに4-6, 2-6のストレートで敗れた。

4月、モンテカルロ・マスターズではホベルト・ホルカシュにマッチポイントを握るも7-6(5), 6-7(5), 6-7(5)の熱戦の末に初戦敗退。スルプスカ・オープン英語版ではベスト8入り。準々決勝でアレックス・モルチャン英語版に2-6, 6-4, 5-7で敗れた。マドリード・オープンではアスラン・カラツェフに初戦敗退。

5月、サルデーニャ・オープン英語版では準決勝でベン・シェルトンを3-6, 6-3, 6-4で下して、決勝進出。決勝でウゴ・アンベールに6-4, 5-7, 7-6で敗れ、準優勝となった。続くローマ・マスターズではマスターズ1000初の4回戦(ベスト16)進出。4回戦では第4シードのキャスパー・ルードに1-6, 3-6のストレートで敗れた。全仏オープンでは1回戦で第7シードのアンドレイ・ルブレフに1-6, 6-3, 3-6, 4-6で敗退となった。

6月、ロスマーレン・グラスコート選手権ハレ・オープンでは2回戦でそれぞれアレックス・デミノーダニール・メドベージェフに敗れた。

7月、ウィンブルドン選手権では2回戦で第32シードのベン・シェルトンを3-6, 6-3, 7-6(5), 6-3で破り、初の3回戦進出。3回戦では第5シードのステファノス・チチパスに4-6, 6-7(5), 4-6のストレートで敗れた。ドイツ国際オープンでは準決勝でジャン・ジジェン英語版を6-3, 6-2のストレートで退けて決勝進出。決勝ではアレクサンダー・ズベレフに5-7, 3-6のストレートで敗れ、準優勝を飾った。

8月、オーストリア・オープンではベスト4入り。準決勝でドミニク・ティームに7-6(3), 5-7, 6-7(8)で敗れた。ウィンストン・セーラム・オープンではベスト8入り。準々決勝ではセバスティアン・バエスに3-6, 0-6のストレートで屈した。

9月、全米オープンでは第32シードとして出場し、初の3回戦で同胞の第2シードのノバク・ジョコビッチ相手に4-6, 4-6, 6-1, 6-1, 3-6の2セットダウンから逆転を図ろうとするも、ジョコビッチに屈した。

10月、上海マスターズではリンキー・ヒジカタ英語版に6-7(4), 5-7のストレートで初戦敗退するも、ストックホルム・オープンではベスト4入りして、準決勝でガエル・モンフィスに5-7, 2-6のストレートで敗れた。

11月、パリ・マスターズでは2回戦でカレン・ハチャノフに4-6, 5-7のストレートで敗退した。年間最終ランキングは33位。

2024年 編集

1月、全豪オープンではアルチュール・カゾー英語版に1回戦で2-6, 7-6(3), 2-6, 6-3, 2-6のフルセットの末に初戦敗退となった。

ATPツアー決勝進出結果 編集

シングルス: 5回 (2勝3敗) 編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPファイナルズ (0-0)
ATPツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPツアー・500シリーズ (1-1)
ATPツアー・250シリーズ (1–2)
サーフェス別タイトル
ハード (0–3)
クレー (2-0)
芝 (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2019年2月24日   リオデジャネイロ クレー   フェリックス・オジェ=アリアシム 6–3, 7–5
優勝 2. 2020年10月18日   サルデーニャ (en クレー   マルコ・チェッキナート 7–6(7–3), 7–5
準優勝 3. 2021年4月11日   サルデーニャ (en クレー   ロレンツォ・ソネゴ 6–2, 6–7(5–7), 4–6
準優勝 4. 2022年8月28日   ウィンストン・セーラム ハード   アドリアン・マナリノ 6–7(1–7), 4–6
準優勝 5. 2023年7月30日   ハンブルク クレー   アレクサンダー・ズベレフ 5–7, 3–6

成績 編集

4大大会シングルス 編集

略語の説明
 W   F  SF QF #R RR Q# LQ  A  Z# PO  G   S   B  NMS  P  NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, Z#=デビスカップ/BJKカップ地域ゾーン, PO=デビスカップ/BJKカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, P=開催延期, NH=開催なし.

大会 2015 2016 2017 2018 2019 2020 通算成績
全豪オープン A Q1 Q2 1R 1R 1R 0–3
全仏オープン Q1 1R Q2 1R 3R 1R 2–4
ウィンブルドン A A Q1 1R 2R NH 1–2
全米オープン Q1 Q2 A 2R 1R 1R 1–3

大会最高成績 編集

大会 成績
ATPファイナルズ A 出場なし
インディアンウェルズ 3R 2019
マイアミ 2R 2021, 2023
モンテカルロ 3R 2022
マドリード 3R 2019
ローマ 4R 2023
カナダ 1R 2019
シンシナティ 1R 2019, 2021
上海 1R 2023
パリ 2R 2023
オリンピック A 出場なし
デビスカップ SF 2017, 2023
ATPカップ A 出場なし
ユナイテッド・カップ A 出場なし

脚注 編集

外部リンク 編集