ラダメル・ファルカオ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はガルシア第二姓(母方の)はサラテです。

ラダメル・ファルカオ・ガルシア・サラテRadamel Falcao García Zárate, 1986年2月10日 - )は、コロンビアサンタ・マルタ出身のサッカー選手リーグ・アンASモナコ所属。コロンビア代表。ポジションはフォワード

ラダメル・ファルカオ Football pictogram.svg
Falcao vs Arsenal.jpg
チェルシーでのファルカオ (2015年)
名前
本名 ラダメル・ファルカオ・ガルシア・サラテ
Radamel Falcao García Zárate
愛称 El Tigre (エル・ティグレ、虎)
ラテン文字 Radamel FALCAO
基本情報
国籍  コロンビア
生年月日 (1986-02-10) 1986年2月10日(31歳)
出身地 サンタ・マルタ
身長 178cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム モナコの旗 ASモナコ
ポジション FW (CF)
背番号 9
利き足 右足
ユース
1999-2001 コロンビアの旗 ランセロス・ボヤカ
2001-2005 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2001 コロンビアの旗 ランセロス・ボヤカ 8 (1)
2005-2009 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 90 (34)
2009-2011 ポルトガルの旗 ポルト 51 (41)
2011-2013 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 68 (52)
2013- モナコの旗 モナコ 49 (32)
2014-2015 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド (loan) 26 (4)
2015-2016 イングランドの旗 チェルシー (loan) 10 (1)
代表歴2
2001-2005 コロンビアの旗 コロンビア U-17 4 (1)
2005-2007 コロンビアの旗 コロンビア U-20 3 (2)
2007- コロンビアの旗 コロンビア 69 (28)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月31日現在。
2. 2017年10月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

UEFAヨーロッパリーグで2度の得点王に輝き、コロンビア代表の歴代通算最多得点記録を保持するストライカーである。

目次

クラブ経歴編集

リーベル・プレート編集

幼少期はファイル・プライというサッカーチームでプレーし、その後トゥンハにあるランセロス・ボヤカスペイン語版の下部組織に入団。U-17コロンビア代表でプレーしていた15歳の時にアルゼンチンのリーベル・プレートに引き抜かれた。プロデビュー前にブエノスアイレスにあるパレルモ大学英語版に入学し、ジャーナリズムを専攻した。

19歳だった2005年3月6日、レイナルド・メルロ監督率いるトップチームで出場機会が訪れ、インスティトゥート・デ・コルドバ戦でデビューしてその試合で2得点を決める順調なスタートを切ると、アペルトゥーラ2005シーズンは7試合で7得点を挙げて高評価を得た。2005年シーズンは11試合に出場して7得点し、そのうちの4得点はレオナルド・アストラーダに代わって途中出場してからの得点であった。しかし、サン・ロレンソとの試合中に右足靭帯を負傷し、2006年1月にもプレシーズンの練習中に同じ箇所を負傷して怪我を悪化させた。長期離脱を余儀なくされ、2006年いっぱいと2007年の前半は以前のコンディションに戻すのに苦しんだ。この時期は彼のキャリアの中で最も困難な時期であり、2006-07シーズンは25試合に出場して3得点しか挙げられなかった。2007年後半には先発メンバーに復帰し、9月27日のコパ・スダメリカーナボタフォゴ戦ではハットトリックを達成した。2人が退場処分を受けて劣勢だったが、彼の得点で息を吹き返し、準々決勝進出を決めた。同大会準々決勝・デフェンソール・スポルティング戦ではロングシュートを決め、準決勝進出を決めた。10月7日には、ボカ・ジュニアーズとのスーペルクラシコで初めての得点を決めた。この年の特筆すべきパフォーマンスから、エル・パイス紙による南米年間ベストイレブンに選ばれ[1]南米年間最優秀選手投票でも5位に入った。

2008年1月にはスペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャが800万ユーロ(1250万ドル)と報道されている移籍金で獲得を試みたが、クラブがこのオファーを拒否した[2]。ファルカオはディエゴ・シメオネ監督の下でプレーを続け、クラウスーラ2008では初めてのリーグ優勝を果たした。本来のポジションはセンターフォワードであるが、シメオネ監督が採用した4-2-3-1フォーメーションでは攻撃的ミッドフィールダー3人の中央にも適合した。このポジションでは得点機会が減少したが、チームの中心としてボールに絡む回数が多くなった。それでもアペルトゥーラ2008期間中にはリーグ戦で6得点・コパ・リベルタドーレスで4得点の計10得点を挙げてチーム内得点王となった。2007-08シーズンの通算では全公式戦を通じて35試合に出場して19得点し、やはりチーム内得点王となった。シメオネ監督の2シーズン目はクラブ史上初めて最下位に終わり、長い歴史の中でも最悪のシーズンとなった。できの悪いチームの中では最も堅実な選手のひとりであったが、わずか6得点しか挙げることができなかった。シメオネ監督が退いてネストル・ゴロシート監督が就任すると、ファルカオは調子を取り戻し、公式戦21試合で10得点を挙げた。2008-09シーズンを通じて38試合に出場して16得点を挙げ、再びチーム内得点王となった。

ポルト編集

2009-10シーズン編集

2009年7月15日、リサンドロ・ロペスリヨンに放出したことで前線が手薄になっていた[3] スーペル・リーガFCポルトに移籍した[4]。ポルトのライバルのベンフィカも彼の獲得を狙っており、契約間近でライバルチームにファルカオをさらわれたため、ベンフィカの衝撃は大きかった[5][6]。8月16日、シーズン開幕戦のパソス・デ・フェレイラ戦でデビューし、その試合で初得点も決めて1-1の引き分けに持ち込んだ[7]。2節のナシオナル戦、3節のナヴァル戦、4節のレイションイス戦と開幕から4戦連続得点した。9月15日、UEFAチャンピオンズリーグチェルシー戦(アウェー、0-1)で同大会初出場を果たした[8]。6節のベンフィカとの重要な一戦(ホーム)ではヘディングで決勝点を決め、1-0での勝利に貢献した[9]。ベンフィカ戦の4日後の9月30日には、UEFAチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリード戦(ホーム)で同大会初得点を決め[10]、アウェーでのAPOEL[11]やアウェーでのアトレティコ・マドリード戦[12]と合わせてグループリーグで計3得点している。

2010年2月2日、タッサ・デ・ポルトガル準々決勝のベンフィカ戦では2得点を挙げた[13]。同月に行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦アーセナル戦1stレグではGKウカシュ・ファビアンスキのミスからフリーキックを得て、早いリスタートから決勝点を決めたが[14][15]、これは彼の大会通算4点目だった。4月3日、マリティモ戦では2得点し、20得点で得点ランキングの首位に立った[16]。その後の試合で5点を加え、25得点でシーズンを終えたが、ベンフィカのオスカル・カルドソに1得点差で得点王を逃した。シーズン最終戦となったタッサ・デ・ポルトガル決勝のGDチャベスポルトガル語版戦でも得点し、2-1の勝利で優勝を飾った[17]。公式戦を通じてシーズン34得点を決め、シーズン終了後にはリヴァプールバレンシアミラントッテナムなどのクラブから興味を持たれた[18][19]

 
ポルトでプレーするファルカオ (2011年)

2010-11シーズン編集

2010年8月8日のスーペルタッサ・カンディド・デ・オリベイラベンフィカ戦 (2-0) で1得点を挙げてタイトルを獲得した[20]。8月22日のベイラ・マル戦ではリーグ戦シーズン初得点を含む2得点を挙げ[21]、11月7日のベンフィカ戦 (5-0) でも2点を奪った[22]。12月2日のUEFAヨーロッパリーグラピード・ウィーン戦ではポルト移籍後初のハットトリックを達成し、得点ランキング首位に浮上した。2011年4月7日、同大会準々決勝のスパルタク・モスクワ戦 (5-1) でもハットトリックを達成し、二桁得点に乗せて得点ランキング首位を堅持した。リーグ戦では25節のベンフィカ戦 (1-1) で早々とリーグ優勝を決め、ファルカオはその試合でペナルティキックを獲得した。その後ヨーロッパリーグでは準決勝1stレグのビジャレアル戦で自身初の4得点を挙げ、大会通算15得点とし、UEFAカップ時代の1995-96シーズンユルゲン・クリンスマンが記録した大会記録に並んだ[23]。続く2ndレグでも1得点を挙げ、大会記録を更新した[24]。決勝のブラガ戦でも得点し[25]、最終的に17得点という記録を樹立した[26]

アトレティコ・マドリード編集

 
UEFAヨーロッパリーグ 2011-12での優勝を祝うファルカオ

2011-12シーズン編集

2011年8月にセルヒオ・アグエロの後釜を探すアトレティコ・マドリードにクラブ史上最高額となる移籍金4000万ユーロ、5年契約で移籍[27]。9月10日、バレンシア戦 (0-1) でデビューを果たし、2012年1月21日、レアル・ソシエダ戦 (4-0) でハットトリックを記録した。

2月16日、UEFAヨーロッパリーグラツィオ戦 (3-1) では2得点を記録しチームのラウンド16進出に貢献した。ラウンド16、ベシクタシュ戦 (3-0) のセカンドレグでは1ゴールを記録し、トータルスコア (6-1) で勝利した。 3月21日、アスレティック・ビルバオ戦 (2-1) で2ゴールを記録した。ヨーロッパリーグ準々決勝のハノーファー96戦ではファースト、セカンドレグ共に得点しチームの準決勝進出に貢献した。

4月11日、レアル・マドリードとのマドリードダービーに初出場し、チーム唯一の得点を記録したが (1-4) で敗戦した。ヨーロッパリーグ準決勝のバレンシア戦 (4-2) で2得点を記録し、決勝進出に貢献。2012年5月9日、決勝戦のアスレティック・ビルバオ戦 (3-0) で先制の2ゴールを記録し、ポルト時代に続いての2季連続のヨーロッパリーグ制覇を成し遂げ、また自身も2季連続得点王に輝いた[28]。リーグ戦ではリオネル・メッシクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ得点ランキング3位となる24得点を記録した。

2012-13シーズン編集

2012-13シーズンのリーグ戦第2節、ヨーロッパリーグ決勝の相手となったアスレティック・ビルバオ戦 (4-0) でハットトリックを記録[29]。8月31日、UEFAスーパーカップチェルシー戦 (4-1) でもハットトリックを記録しチームのタイトル獲得に大きく貢献した[30]。12月9日、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦 (6-0) では1試合5得点を記録した。UEFAヨーロッパリーグはラウンド32まで進出したが、ルビン・カザンにトータルスコア (1-2) で敗れ大会を去ることとなった。コパ・デル・レイでは決勝まで進出し、決勝戦のレアル・マドリードとのマドリードダービーではジエゴ・コスタのゴールをアシストし、延長戦の末14年ぶりとなるダービー勝利 (2-1) を果たし優勝した[31][32][33][34]

モナコ編集

レアル・マドリードチェルシーマンチェスター・シティマンチェスター・ユナイテッドといったスペイン国内外の強豪が獲得に動いたが、2013年5月31日にモナコに5年契約で移籍決定。移籍金は6000万ユーロともいわれる[35]

2014年1月22日、対モンドール・アゼルグ・フット戦(○3-0、フランス杯)でラフプレーを受けて左膝前十字靭帯を損傷する重症を負った[36]。その試合から三日後の25日に行なわれた手術が成功したものの、全治6ヶ月から7ヶ月の重傷であったため、2014年ブラジルワールドカップまでの復帰に間に合わず、最終登録期限において選出外となった[37]

マンチェスター・ユナイテッド編集

2014年9月2日、2014-2015シーズンのモナコからの期限付き移籍マンチェスター・ユナイテッドへの加入が決まった。シーズン終了後の完全移籍への移行が可能なオプションが付与されている。 背番号は9番である。 しかし、マンチェスター・ユナイテッドでは負傷の影響もありまったくと言っていいほど活躍できず、2014-15シーズン終了後の完全移籍のオプションを行使しないことをマンチェスター・ユナイテッドは発表した[38]

チェルシー編集

2015年7月3日、ASモナコからの期限付き移籍チェルシーへの加入が決まった[39][40]。背番号は9番。シーズン序盤は交代出場で出場機会を得ていたが、2015年10月末のリヴァプール戦を最後に負傷離脱を強いられた。2016年4月9日のスウォンジー・シティ戦では約5カ月ぶりの復帰を果たしたものの、それがチェルシーでの最後の出場となった。合計ではリーグ戦10試合に出場して1ゴールを記録。まったくと言っていいほど活躍できず、2016年7月1日に契約満了に伴い退団したことをクラブ公式サイトで発表した。

モナコ復帰編集

2016-17シーズンはモナコへ復帰した[41]。2016年12月のボルドー戦でハットトリックを達成した[42]。2017年2月21日のチャンピオンズリーグラウンド8マンチェスター・シティ戦ではPkを失敗したが、2得点を決めた[43][44]。2017年4月19日のチャンピオンズリーグ準々決勝のボルシア・ドルトムント戦では、チームを2004年以来の準決勝に導くゴールを決めた.[45]。2016-17シーズンはリーグ戦29試合21得点とモナコのリーグ・アン優勝に貢献、チャンピオンズリーグでは10試合7得点、トータルでは43試合30得点を挙げた。

代表経歴編集

 
コロンビア代表でプレーするファルカオ

2005年にコロンビア代表デビューした。2007年のキリンカップで来日し、日本戦に途中出場した[46]モンテネグロ戦 (1-0) ではこの大会チーム唯一の得点となる代表初得点を決めた。CAリーベル・プレートでの好調からコロンビア代表でも一定の地位を確保し、2010 FIFAワールドカップ・南米予選全試合に招集された。2009年6月10日、2010 FIFAワールドカップ・南米予選ペルー戦 (1-0) で決勝点を挙げた。

2013年10月11日の2014 FIFAワールドカップ・南米予選チリ戦では、後半30分1-3のビハインドから2得点を挙げて引き分けとし、コロンビアの4大会ぶりのワールドカップ出場決定に大きく貢献した。しかし、2014年、負傷の完治が最終登録期限に間に合わずワールドカップ本戦には選出外となった。キャプテンを務めることもある。

2017年6月7日のスペインとの親善試合で代表通算26得点目を挙げ、コロンビア代表の最多得点記録を更新した[47]

プレースタイル編集

左右両足から非常に高い精度のシュートを放つことができる[48]。ファルカオ本人は自らの長所をポジショニングと瞬発力であると考えており、またヘディングに関しては「大の得意」と自信を持っている[49]

イバン・サモラーノは、リオネル・メッシクリスティアーノ・ロナウドウェイン・ルーニーらを「新時代のストライカー」と表現したのに対し、ファルカオを「世界で最後の偉大な典型的センターフォワード」と評した[50]パウロ・フットレもまた、メッシやロナウドとは違う、よりクラシックなストライカーであると語っている[51]

人物編集

ミドルネームのファルカオと呼ばれることを好む。この名前は1980年代に活躍したブラジル代表MFファルカンからとって名づけられた。El Tigre(エル・ティグレ、虎)というニックネームで呼ばれることもある[27]

キリスト教徒であり[52]、暇な時間には聖書を読むことを欠かさない[49]

サッカーへの真摯な姿勢とプロ精神を学んだとして、リーベル・プレート時代とアトレティコ時代に指導を受けたディエゴ・シメオネを自身の人生に大きな影響を与えた人物に挙げている[53]

父親のラダメル・ガルシアもサッカー選手であり、コロンビアでディフェンダーとしてプレーした。

2014年6月、アメリカの経済誌フォーブス世界のアスリートの年収を公表した。ファルカオの年収は3540万ドル(約36億円)であり、世界のアスリートの中で15位。サッカー選手の中ではロナウドメッシイブラヒモビッチベイルに次ぐ5位[54]

幼少期はベネズエラに住んでいたこともあり、野球もプレーしていた。

2017年5月、ESPN世界で最も有名なアスリート100人を発表し、46位に選出された。サッカー選手としては17位[55]

個人成績編集

2015-16シーズン終了時点
クラブ リーグ シーズン 国内リーグ 国内カップ 国内リーグカップ 国外カップ 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ランセロス・ボヤカ カテゴリア・プリメーラB 1999 1 0 1 0
2000 7 1 7 1
通算 8 1 8 1
リーベル・プレート プリメーラ・ディビシオン 2004-05 4 0 4 0
2005-06 7 7 7 7
2006-07 20 3 3 0 23 3
2007-08 27 11 12 8 39 19
2008-09 32 13 6 3 38 16
通算 90 34 21 11 111 45
ポルト スーペル・リーガ 2009-10 28 25 5 5 2 0 8 4 43 34
2010-11 22 16 3 3 1 1 16 18 42 38
2011-12 1 0 0 0 1 0 2 0
通算 51 41 8 8 4 1 24 22 87 72
アトレティコ・マドリード リーガ・エスパニョーラ 2011-12 34 24 1 0 15 12 50 36
2012-13 34 28 4 2 3 4 41 34
通算 68 52 5 2 18 16 91 70
モナコ リーグ・アン 2013-14 17 9 2 2 0 0 19 11
2014-15 3 2 0 0 0 0 3 2
通算 20 11 2 2 0 0 22 13
マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ 2014-15 26 4 3 0 0 0 29 4
通算 26 4 3 0 0 0 29 4
チェルシー プレミアリーグ 2015-16 10 1 0 0 2 0 12 1
通算 10 1 0 0 2 0 12 1
ASモナコ リーグ・アン 2016-17 29 21 2 1 2 1 10 7 43 30
総通算 273 144 18 12 6 1 63 49 360 206

代表歴編集

出場大会編集

試合数編集

国際Aマッチ 69試合 28得点 (2007年 - )


コロンビア代表 国際Aマッチ
出場 得点
2007 8 2
2008 5 1
2009 9 2
2010 4 1
2011 8 4
2012 7 5
2013 9 5
2014 3 1
2015 9 4
2016 2 0
2017 5 3
通算 69 28

ゴール編集

タイトル編集

脚注編集

  1. ^ Diario EL PAIS – Montevideo – Uruguay
  2. ^ Goles, no millones
  3. ^ Acordo com o Lyon para a transferência de Lisandro” [Agreement with Lyon for Lisandro's transfer] (Portuguese). FC Porto (2010年7月7日). 2009年7月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年12月12日閲覧。
  4. ^ COMUNICADO”. FC Porto Official Website (2009年7月15日). 2009年7月15日閲覧。
  5. ^ Águias já sabem como podem contratar Falcao” [Eagles may know how to hire Falcao] (Portuguese). Record (2008年8月13日). 2010年12月12日閲覧。
  6. ^ FC Porto announces agreement for Falcao”. FC Porto (2008年8月16日). 2010年12月12日閲覧。
  7. ^ P. Ferreira 1-1 FC Porto”. zerozerofootball.com (2008年8月16日). 2010年12月12日閲覧。
  8. ^ Match details / line-up: Chelsea FC - FC Porto (Champions League 2009/2010)”. World Football.net (2009年9月15日). 2010年12月15日閲覧。
  9. ^ FC Porto 1-0 Sporting”. zerozerofootball.com (2009年9月26日). 2010年12月12日閲覧。
  10. ^ Match details / line-up: FC Porto - Atlético Madrid (Champions League 2009/2010)”. worldfootball.net (2009年9月30日). 2010年12月15日閲覧。
  11. ^ ポルト、ファルカオの決勝点で勝ち抜けuefa.com、2009年11月3日
  12. ^ アトレティコ、大敗も3位確保uefa.com、2009年12月8日
  13. ^ FC Porto 5-2 Sporting”. zerozerofootball.com (2010年2月2日). 2010年12月12日閲覧。
  14. ^ Match details / line-up: FC Porto - Arsenal FC (Champions League 2009/2010)”. worldfootball.net (2010年2月17日). 2010年12月15日閲覧。
  15. ^ ファルカオの決勝点でポルトが先勝uefa.com、2010年2月17日
  16. ^ Doblete de Falcao García en la victoria del Porto contra Marítimo en el fútbol portugués” [Falcao Garcia double in Porto's victory against Maritimo in the Portuguese League] (Spanish). El Tiempo (2009年4月3日). 2010年12月15日閲覧。
  17. ^ Chaves 1-2 FC Porto”. Zerozerofootball.com (2010年5月16日). 2010年12月12日閲覧。
  18. ^ Recusa: Radamel Falcão sai por 20 milhões” (Portuguese). Correio da Manhã (2010年10月2日). 2010年12月12日閲覧。
  19. ^ Radamel Falcao na mira do AC Milan” (Portuguese). O Jogo (2010年11月15日). 2010年12月12日閲覧。
  20. ^ FC Porto 2-0 Benfica”. Zerozero Football.com (2010年8月8日). 2010年12月12日閲覧。
  21. ^ FC Porto 3-0 Beira-Mar”. Zerozero Football.com (2010年8月22日). 2010年12月12日閲覧。
  22. ^ FC Porto 5-0 Benfica”. Zerozero Football.com (2010年11月7日). 2010年12月12日閲覧。
  23. ^ EL大会記録を誇るファルカオGoal.com 2011年4月30日
  24. ^ ファルカオ、16得点で大会記録を更新UEFA.com 2011年5月6日
  25. ^ ポルト、ファルカオのゴールで優勝”. UEFA.com (2011年5月18日). 2011年5月23日閲覧。
  26. ^ ファルカオ、UEL最多得点記録を更新”. UEFA.com (2011年5月18日). 2011年5月23日閲覧。
  27. ^ a b ファルカオ:「4000万ユーロは大きな責任」”. Goal.com (2011年8月20日). 2011年8月22日閲覧。
  28. ^ Falcao at double as Atlético march to title”. UEFA. 2012年5月9日閲覧。
  29. ^ Falcao stars in Atletico romp”. ESPNFC. 2012年8月27日閲覧。
  30. ^ Falcao fires Atlético to Super Cup glory”. UEFA. 2012年8月31日閲覧。
  31. ^ Atleti stun Real in extra time”. FIFA.com (2013年5月17日). 2013年5月24日閲覧。
  32. ^ Copa Del Rey 2013: Top Takeaways from Atletico Madrid's Thrilling Victory”. Bleacher Report (2013年5月17日). 2013年5月24日閲覧。
  33. ^ Real Madrid vs. Atletico Madrid Copa Del Rey Final Live Score, Highlights, Recap”. Bleacher Report (2013年5月17日). 2013年5月24日閲覧。
  34. ^ Atlético deny rivals Madrid to lift Copa del Rey”. UEFA.com (2013年5月18日). 2013年5月24日閲覧。
  35. ^ モナコ、ファルカオ加入を発表”. Goal.com (2013年6月1日). 2013年6月1日閲覧。
  36. ^ モナコ、ファルカオがフランス杯で負傷交代 -AFPBB News-” (2014年1月23日). 2014年1月27日閲覧。
  37. ^ ファルカオの手術が成功 W杯出場の望みは? -Goal.com-” (2014年1月26日). 2014年1月27日閲覧。
  38. ^ ユナイテッド、ファルカオを買い取らず モナコ復帰と発表Goal.com 2015年5月25日
  39. ^ チェルシー、モナコから期限付きでファルカオ獲得を発表。14/15季はマンUでプレーfootballchannel 2015年7月3日
  40. ^ コロンビア代表FWファルカオ、プレミア王者チェルシーへレンタル移籍決定soccerking 2015年7月3日
  41. ^ “Radamel Falcao returns to Monaco after Chelsea decline purchase option” (英語). mid-day. http://www.mid-day.com/articles/radamel-falcao-returns-to-monaco-after-chelsea-decline-purchase-option/17231154 2017年5月6日閲覧。 
  42. ^ http://www.ligue1.com/ligue1/article/el-tigre-falcao-back-on-prowl-for-monaco.htm
  43. ^ Manchester City 5–3 Monaco” (2017年2月21日). 2017年2月23日閲覧。
  44. ^ Monaco go down to City in eight-goal thriller”. www.ligue1.com (2017年2月21日). 2017年5月6日閲覧。
  45. ^ “Monaco 3-1 Dortmund”. The Guardian. (2017年4月19日). https://www.theguardian.com/football/live/2017/apr/19/monaco-v-borussia-dortmund-champions-league-quarter-final-live 
  46. ^ 日本代表 対 コロンビア代表日本サッカー協会
  47. ^ “スペイン対コロンビアで偉大な記録誕生! “歴代最多記録”を更新した選手とは…”. フットボールチャンネル. (2017年6月8日). https://www.footballchannel.jp/2017/06/08/post215425/ 
  48. ^ ワールドサッカーダイジェスト、日本スポーツ企画出版社、2010年2月18日号、69頁
  49. ^ a b ヨーロッパリーグで大会得点記録を更新したポルト躍進の原動力ファルカオとは何者かワールドサッカーキング No.179 2011年6月2日号
  50. ^ サモラーノ氏:「ファルカオは最後の偉大なCF」”. Goal.com (2012年10月27日). 2012年11月19日閲覧。
  51. ^ 「ファルカオはメッシ、C・ロナウドと同等」”. Goal.com (2012年10月26日). 2012年11月19日閲覧。
  52. ^ “10 Things you need to know about Spurs target Falcao”. Mirror.co.uk. (2008年8月26日). http://www.mirror.co.uk/sport/football/2008/08/26/10-things-you-need-to-know-about-spurs-target-falcao-115875-20712467/ 2009年6月13日閲覧。 
  53. ^ ファルカオ:「僕が影響を受けた人物は...」Gocom 2011年10月11日
  54. ^ The World's Highest-Paid Athletes Forbes.com 2014年6月発表。
  55. ^ ESPN World Fame 100 ESPN.com 2017年6月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集