ラッキー』(原題:Lucky)は、2017年制作のアメリカ合衆国の映画

ラッキー
Lucky
監督 ジョン・キャロル・リンチ
脚本 ローガン・スパークス
ドラゴ・スモンジャ
製作 グレッグ・ギルリース
アダム・ヘンドリクス
ジョン・ラング
ダニエル・レンフルー・ベアレンズ
アイラ・スティーヴン・ベール
リチャード・カーハン
ローガン・スパークス
ドラゴ・スモンジャ
製作総指揮 ジェイソン・ディレイン
リー・ビル・ハーニッシュ
ルース・アン・ハーニッシュ
チャールズ・ダフィ
出演者 ハリー・ディーン・スタントン
デヴィッド・リンチ
ロン・リビングストン
エド・ベグリー・ジュニア
トム・スケリット
音楽 エルヴィス・キーン
撮影 ティム・サーステッド
編集 スロボダン・ガイッチ
配給 アメリカ合衆国の旗 マグノリア・ピクチャーズ
日本の旗 アップリンク
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年9月29日
日本の旗 2018年3月17日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $955,925[1]
世界の旗 $1,861,765[1]
テンプレートを表示

一匹狼の偏屈老人ラッキーが、風変わりな町の人々ととりとめのない日々を過ごしながら、静かに死と向き合っていく姿をユーモアを織り交ぜて描く。主演のハリー・ディーン・スタントンの遺作[2][3]。俳優のジョン・キャロル・リンチの初監督映画。

あらすじ編集

神など信じずに生きてきた一匹狼の偏屈老人ラッキーは今年で90歳[4]。目を覚ますとコーヒーを飲んでタバコを吸い、なじみのバーに出かけて常連客たちと無駄話をしながら酒を飲むという毎日を過ごしていた。

そんなある日、ラッキーは突然倒れたことをきっかけに、自らの人生の終わりを意識し始める。彼は自身がこれまでに体験してきたことに思いを巡らせながら、「死」を悟っていく。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集