ラッセル商会(ラッセルしょうかい、Russell & Co.旗昌洋行)は、19世紀極東で著名であったアメリカ系の貿易会社である。1824年にサミュエル・ラッセルが開業してから1891年に閉店するまで中国で最大の中米貿易会社だった。主に上海に拠点を置き、横浜にも支店を置いた。主にトルコから中国への阿片の輸出と、東アジアからの生糸の輸入を中心に取引を行なっていた。

沙面島本社、1880年ごろ

来歴編集

ラッセル商会の著名人編集

  • サミュエル・ワズワース・ラッセル(Samuel Wadsworth Russell、1789年8月25日 – 1862年5月5日) - ラッセル商会設立者。
ミドルタウン (コネチカット州)で軍人の子として生まれ、早くに地元の商店で奉公したのち、21歳でニューヨークの海運商のスーパーカーゴ(船荷の所有者に雇われる監督人)として小麦のスペイン交易に携わり、23歳で独立して故郷で仲買貿易商を始める[1]。30歳の1819年に、プロビデンスの商人たち(アヘン貿易などで荒稼ぎしていた)とラッセル商会を設立し、1819年に中国に渡った[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Global Trade and Visual Arts in Federal New England, Patricia Johnston, Caroline Frank, University of New Hampshire Press, 2014/11/04, p85

関連項目編集