ラッヘル・ライス[1](Rachel Ruysch, 1664年6月3日 - 1750年8月20日)は、花を描いた静物画を専門としたオランダ画家オランダ黄金時代に活躍した女性画家のひとりである。

ラッヘル・ライス
Rachel Ruysch
Portrait of Rachel Ruysch by Godfried Schalcken.jpg
『ラッヘル・ライスの肖像』(1706)
Godfried Schalken画
生誕 (1664-06-03) 1664年6月3日
デン・ハーグ
死没 1750年7月20日(1750-07-20)(86歳)

生涯編集

デン・ハーグに生まれるが、幼い時にアムステルダムに移る。父親のフレデリクス・ルイシは著名な解剖学者・植物学者であり、多くの珍しい品物をコレクションしていた。ラッヘルは花やレースで父の作品に装飾をする手伝いをしており、そういった経験から自然にを観察し精密に記録する術を学んだと思われる。15歳の時に花を描くことで有名なデルフトの画家ウィレム・ファン・アールストに弟子入りする。1693年、ラッヘルは肖像画家のユリアン・ポール(Juriaen Pool, 1666年 – 1745年)と結婚し、10人の子供をもうける。

1701年、ラッヘルは デン・ハーグの画家組合に加入する。数年後にはデュッセルドルフに招かれ、プファルツ選帝侯ヨハン・ヴィルヘルムの元で宮廷画家として仕える。1708年から1716年までその地で活動した。

ラッヘルは86歳まで生きたが、15歳から絵を描き始め80歳代まで活動していたことになる。ラッヘルの作品は100程が知られている。

ギャラリー編集

参照編集

  1. ^ Ruyscは日本語で「ルイシ」と表記されることもある(フレデリクス・ルイシ)が、ここでは2011年に開催された「フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展」での表記に合わせる。